PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Inter BEE 2013の歩き方]Eコース: 音を巡る旅 -押さえておくべき音の世界-
News

[Inter BEE 2013の歩き方]Eコース: 音を巡る旅 -押さえておくべき音の世界-

#Inter BEE 2013の歩き方

2013-11-05 掲載

奥の深いオーディオの世界。手段や機材など多種多様だが、状況に応じた使い勝手の良さや信頼性など、それぞれの業務に特化した機材が必要になりプロオーディオが成立する。デジタル化が当たり前になって久しいが音の入り口であるマイクロホンと出口のスピーカーだけはデジタル化できない領域だ。定評のあるマイクロホンメーカーは何十年も同じ型番のマイクを作り続け、それがメーカーとしてのブランドと信頼を保っているといえよう。

もちろんテクノロジーの発展とともに新たな製品も投入されており、特にスピーカーはデジタル化の発展とともに新製品が投入されている。レコーダーやミキサーなどは見た目はあまり変わらなくても新製品が毎年のように出てきており、InterBEEを始めとした機材展では注目を集めている。オーディオはまるでタイムスリップしたかのようなビンテージオーディオの世界と、最新のテクノロジーが投入された製品が入り乱れており、それらをどう組み合わせて運用し音を作っていくのか、使う側のスキルが問われる部分でもあるだろう。昨年から導入されたラウドネスも放送局を始めとして導入が進み、対応機材も増えてきたが、実践配備されてから1年ほどなので、これから様々な機材が出てくるだろう。

1
フォステクス(ブース#4404)

itb2013_courseE_fostex.jpg
スピーカーのメーカーとして定評のある同社だが、ポータブルレコーダーやミキサー、オーディオインターフェイスなど、幅広く手がけている。特に最近ではスピーカーシステムGX100 LimitedやパワードニアフィールドモニタースピーカーPX-5、DAC&ヘッドホンアンプHP-A4のほか、ミキサー&ポータブルレコーダーDC-R302や、マイクプリアンプAR501といったユニークなポータブル機器の発売が多いようだ。小型ビデオカメラでの収録やDSLRなど多くなってきた昨今カメラシューマウントに装着できるAR501はありがたい。
2
ティアック(TASCAM)(ブース#4208)

itb2013_courseE_TEAC.jpg
テープベースでMAが行われていた時代から同社のレコーダーは多くの現場で使われてきたほか、民生機でもハイエンドの物から一般向けまでをカバーしており知名度も高いのでご存じの方も多いはず。ステレオマスターレコーダー/ADDAコンバーターDA-3000や、DSLR動画撮影用X-Y方式ステレオマイクTM-2X、リニアPCMレコーダー/ミキサーDR-60Dがあり、デジタル一眼ユーザーは必見といえよう。特にTM-2Xはカメラのシューに装着できるステレオマイクとして、マイク本体とシューマウント部の間にフローティング構造を採用してカメラのタッチノイズを防止したり、120dB SPLという耐音圧レベルはコンサートなど大音量での収録にも最適だ。
3
ヒビノ/ヒビノインターサウンド(ブース#4211)

itb2013_courseE_hibino.jpg
マイクロホンメーカーのAKGおよびDPAのほか、ミキシングコンソールメーカーSoundcraft、CALREC、DiGiCo、周辺機器としてLexiconやDK-Technologiesなど、SRや放送用オーディオ機器の国内代理店として様々なメーカーを扱っている。アナログ・ミキサーのように直感的に操作できるSoundcraftのSi Expressionとデジタル・ミキサーSi Performer、AKGのイヤーフックマイクロホンC111 LP、低音をあざやかに再現するマイクロホンD12 VR、ワイヤレスシステムWMS470などがある。取り扱いメーカーが多いだけに見逃せないブースの一つといえよう。ShureのDSLR向け小型ショットガン・マイクロホン”LensHopper”「VP83」「VP83F」2モデルもいよいよ国内でも扱いを始めたので手に取ってみる事が出来るだろう。
4
オタリテック(ブース#4309)

itb2013_courseE_OTARITEC.jpg
新製品としてはオタリの光パッチコードで接続する波長多重拡張ユニットCB-195や英国XTA Electronics社のマイク/ラインディストリビューションシステムDS8000Dといったシステム機器があるが、同社が扱っている輸入品ではGENELEC社のスタジオモニタースピーカーにMシリーズが新たに加わったので注目したい。Mシリーズは比較的小規模なシステムにマッチする小型のニアフィールドモニターで、M030とM040がラインナップされている。今までのGENELEC製品はアナログアンプを頑なに搭載していたが、MシリーズはクラスDのデジタルアンプとなっている。比較的手頃な価格で提供される模様なので、聴き比べてみたいところだ。すでに放送回ではラウドネス導入1年が過ぎ、落ち着いたとも言えるが、リアルタイムでラウドネス管理ができるJünger Audioラウドネスプロセッサーも必見だ。
5
ゼンハイザー(SENNHEISER)(ブース#4308)

itb2013_courseE_SENNHEISER60.jpg
MKH416を引き合いに出すまでもなく業界人で知らない人はいないだろうが、今年から独ノイマン社の代理店となったことで、国内の展示会でもNEUMANNのマイクがブースに並ぶはずだ。ゼンハイザーはワイヤレスのラインナップが揃ったせいか、最近ヘッドホンの新製品が多くなっているがNEUMANNのマイクが並ぶことで展示の幅が広がることに期待したい。出揃った感のあるワイヤレスのシステムや、MKH416やMKH816の姉妹機種MKH70との比較や、レコーディングスタジオでは定番とも言えるNEUMANNのラージダイヤフラムマイクや真空管を搭載したチューブマイクなど新旧製品のラインナップに注目したい。
6
シグマシステムエンジニアリング(ブース#4412)

itb2013_courseE_sigma.jpg
ENGで使うコンパクトミキサーのメーカーとしてよく知られている同社は、コンソール型16chアナログオーディオミキサーBSS-1604とポータブル型の8chデジタルオーディオレコーダーミキサーSS-884Rex/SS-884eRM、および専用リモートフェーダーボックスSS-4300などが出展されるだろう。3ch、4chの小型ミキサーから多チャンネル化へ向かうとともにレコーダー機能を併せ持ちフィールドでの収録に威力を発揮するだろう。
7
三研マイクロホン(ブース#4516)

itb2013_courseE_sanken.jpg
国内では珍しいマイクロホンを専門に扱うメーカーだ。その製品ラインナップは20Hz~100kHzの広帯域収音を可能にしたCO-100Kや5.0chサラウンドマイクロホンWMS-5、氷中マイク(絶版)などユニークな製品が多い。アコースティック楽器の収音に最適なCU-55や、各社のワイヤレス送信機のコネクタに適合したマイクCOS-11Dシリーズなどの展示が予想される。NHKとのコラボレーションで製品化されたものが多くあり、東京オリンピック開催が決定したことから、新たな製品も出展されるかもしれない。
8
ローランド(ブース#4616)

itb2013_courseE_Roland.jpg
同社はライブミキシングコンソールM-200iや8チャンネルレコーダーミキサーR-88のほか、ビデオ機器として小型ビデオコンバーターVCシリーズやマルチフォーマットAVミキサーVR-50HDがある。新製品としては、商業施設やイベント会場などの放送設備として使用されるオーディオレコーダーARシリーズの最上位モデル『AR-3000SD』が登場。またV-Mixer MシリーズのリモートコントロールソフトウェアのiOS7対応に注目したい。今まで文字入力やアプリからシーンストアを実行してもミキサー本体に保存されないといった問題が解決され、最新のiOSでも快適に作業できるようになった。M-480 RemoteやM-300 Remote、M-200i Remoteが対象だが、ユーザーだけでなく、導入検討者にも朗報だろう。
9
アビッドテクノロジー(ブース#4617)

itb2013_courseE_Avid.jpg
同社はNAB以降Media Composer 7やProTools 11のほか、AirSpeed 5000やISIS 5500、Avid S6、Interplay Production 3.0、Avid Motion Graphics 2.5などソフトウェアベースの製品バージョンアップや新製品を発表しており、ビデオ&オーディオの統合制作環境を提供している。オーディオ関係のトピックとしてはやはりAvid S6とProTools 11であろう。S6はサーフェスをモジュール化することで、ユーザーが自由にカスタマイズでき、導入時だけでなく、その後の拡張にも柔軟に対応できるのが大きな特徴と言えるだろう。また、Logic Pro、Nuendo、Cubaseといった他社製品にも対応しており、1つのS6で異なったオーディオワークステーションで作成された複数の音楽やプロジェクトを同時にミックスし、セッションを簡単に切り替えることが可能だ。
10
アストロデザイン(ブース#5317)

itb2013_courseE_astro.jpg
4Kや8Kのビデオ機器メーカーとして目立つ存在となっているが、オーディオ機器としてラウドネス機器のラインナップも充実している。今回新製品として高機能ラウドネスメーターAM-3807-Aが登場した。AM-3807-Aは、SDIのエンベデッドオーディオまたはAES入力のラウドネス値を計測可能で、7インチのディスプレーにはラウドネスレベル表示のほか時間経過レベルを波形で表示したり、映像のモニターも行えるようになっている。また、USBメモリーにラウドネスデーターやプリセットデータを保存することができるほか、DVI-D出力を搭載しているので、PCモニターなどにモニター表示を行うことが可能だ。
※掲載しているブース写真は過去に開催されたイベントのものです。
Dコース [Inter BEE 2013の歩き方] Fコース

[ Category : , ]
[ DATE : 2013-11-05 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Inter BEE 2013の歩き方]Fコース: 来るべきHigh Resolutionの世界-手に届く最新技術を-

江夏由洋がチョイスする High Resolutionの世界を知るコースとは? 今年の4月に米国で行われたNAB Showでも大きな注目となった「デジタルシネマ」。2013年はいよ... 続きを読む

[Inter BEE 2013の歩き方]Dコース: 映像の入り口「カメラ」を極める -カメラ最新事情-

地デジへの完全移行になったのはほんの1、2年前のことだが、既に家庭用の4Kテレビやカメラなどが発表&発売され、CESやNAB、IBCといった展示会でも話題は4K更には8Kになってし... 続きを読む

[Inter BEE 2013の歩き方]Cコース: プロスーマ・ネクストソリューション -新時代の映像制作を考える-

昨年から設けたこのCコース/プロスーマ・ネクストソリューションは、従来の映像制作専業者ではなく、主業となる本業をPRするためのメディア制作、もしくは教育ツールなどの一つとして自社内... 続きを読む

[Inter BEE 2013の歩き方]Bコース: はじめてのInter BEE -初心者向け解説-

Bコースは、映像のことに詳しくない一般の人でもInterBEEを楽しめるというコース。InterBEEは映像業界人向けの展示会だが、一般の人でも4Kや8Kといった次世代放送を観たり... 続きを読む

[Inter BEE 2013の歩き方]Aコース: シネマ&ブロードキャスト2013 -新映像時代探訪-

Aコースは、InterBEEのメインストリームとなるブロードキャスト関連製品、およびデジタルシネマ関連製品とその周辺テクノロジーを中心に巡るコース。今年は9月に2020年の東京オリ... 続きを読む

[Inter BEE 2013の歩き方]Intro:今年も始まる映像の祭典にようこそ!

季節到来! 1年はあっという間にやってくる。気づけば、映像関係者には見逃せない「Inter BEE 2013」 (#interbee) 開催の季節である。今年は11月13日より3日... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Inter BEE 2013の歩き方]Eコース: 音を巡る旅 -押さえておくべき音の世界-