PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2013]ヤマハブース:オーディオインターフェース「UR44」や、ミキシングコンソールMGPシリーズなど幅広く音響製品を展示

News

[InterBEE2013]ヤマハブース:オーディオインターフェース「UR44」や、ミキシングコンソールMGPシリーズなど幅広く音響製品を展示

2013-11-19 掲載

ヤマハはオーディオ編集ソフトやイベントや設備系の音響製品のほか、各種ミキサーなど幅広いジャンルのオーディオ製品を手がけている。今年は、オーディオインターフェースUR44やパワードスピーカーHSシリーズ3機種、ポータブルPAシステムSTAGEPAS400i/600i、ライブSR向けデジタルミキシングコンソールCLシリーズや、アナログミキサーとデジタルミキサーの利点を融合させたミキシングコンソールMGPシリーズなどのほか、設備用システムとしてマトリックスプロセッサMTXシリーズや、スピーカーVXCシリーズなどの新製品を出展しており、同社の音響製品を総合的に披露していた。

また、会場内のブースでこうした製品の展示と合わせて伝達関数とインパルス応答概論といった硬派なものから、お悩み解決や虎の巻、体験セミナーなど硬軟取り混ぜたセミナーが会期中開催された。

SR関連やレコーディング機材では定評があり、既に様々な製品を販売しているが、商業施設向けの製品も手がけており、今年は天井に埋め込むスピーカーやアンププロセッサーなど製品ラインナップの大幅な拡充が行われた。

interBEE2013_yamaha_1535.jpg iPadにも対応したスタインバーグUSBオーディオインターフェースUR44

192kHz対応6イン/4アウトの入出力を備えており、この内4つは上位モデルと同様に部品選定や回路設計から徹底的にこだわったClass-AディスクリートマイクプリアンプD-PREを搭載している。また、DSPエフェクトも上位機種で定評のあるREV-X、Sweet Spot Morphing Channel Strip、Guitar Amp Classicsが搭載されており、レコーディングやライブ、音楽制作など、様々な音楽制作シーンで活躍する。

interBEE2013_yamaha_1538.jpg マルチラックRi8-D

Danteネットワークによる柔軟かつ容易なシステム構築が可能なI/Oラックに1Uの入出力専用モデルがラインナップになった。本体上のDIPスイッチの切り替えでデイジーチェーン接続も可能で、デジタルミキシングコンソールCLシリーズとの組合せで、8台までのI/OラックのHAコントロールが可能となっている。

interBEE2013_yamaha_1536.jpg

Nuageはコントロールサーフェスの組み合わせに応じて様々な規模に対応でき、インターフェースは16chアナログ、16chデジタル、8chアナログ&8chデジタルの3モデルから選択することができるアドバンスドプロダクションシステム。直感的な操作と高精度のジョグホイールなど、Nuendoのあらゆる機能に直感的にアクセスできる高品位のコントロールサーフェスとなっている。今年はじめに発売になり、商業施設用システムとともに2013年度グッドデザイン賞を受賞したという。

interBEE2013_yamaha_1532.jpg

ポータブルPAシステムSTAGEPASに新たにSTAGEPAS 400i/600iの2機種がラインナップに加わった。400i/600iは、iPod/iPhone接続やSPXデジタルリバーブ、フィードバックサプレッサー、マスターEQなどのライブやイベントで便利な新機能を搭載している。ストリートライブや各種イベントでの拡声や、音楽再生などポータビリティーを活かした運用が可能。

interBEE2013_yamaha_1539.jpg interBEE2013_yamaha_1543.jpg 会議室や店舗、レストラン、宴会場などの商業空間向けのシステムを拡充

スピーカーやマトリクスプロセッサーのほか、パワーアンプなどトータルソリューションを展開する。施工の利便性と接環境に合わせ3つのサイズと2つのカラーのスピーカーVXCシリーズのほか、現場の環境や用途に合わせた音声処理や複数の場所に異なる音楽やアナウンスを出力する事ができる、ゾーニング機能などを搭載したマトリクスプロセッサーMTXシリーズ、ハイインピーダンス対応のパワーアンプXMVシリーズのほか、ユーザーが簡単に設定を切り替えることができるコントロールパネルDCPシリーズなど多様な設置環境に対応可能なシステムを展開。

interBEE2013_yamaha_1546.jpg パワードスタジオモニターHS5/HS7/HS8、パワードサブウーファーHS8S

HS50/HS80/HS10Wの後継機にあたるもので、更にコンパクトな対応がラインナップに加わっているのが一つの特徴となっているが、先進的な磁気回路設計を採用したユニットを搭載することで再生能力の向上が図られている。


[ Category : , , ]
[ DATE : 2013-11-19 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2014]ヤマハブース:音の入口から出口までをカバーする製品を展示

ヤマハは今年もグループ会社であるSteinbergやNEXOとともに音の入口から出口までをカバーする数々の製品を出展し、ライブサウンドからブロードキャスト、ポストプロダクションに至... 続きを読む

[BrushUP! InterBEE2013]Vol.08 GoPro,Blackmagic Production Camera 4Kなど、注目のカメラを紹介!―江夏由洋

Go Proの魅力にフォーカス! 江夏的気になるブースから… ■GoPro 2013年、全世界でビデオカメラ販売台数がSONYに次いで第2位となったのがGoProだ。今回、その... 続きを読む

[BrushUP! InterBEE2013]Vol.07 これからは4K放送に行く? Blackmagic Designに期待―小寺信良

今回のBlackmagic Design(以下BMD)ブースツアー、お楽しみ頂けただろうか。“サムライなのにあんまり切ってない”と不満の声もあると聞いているが、製品のできと価格を... 続きを読む

[BrushUP! InterBEE2013]Vol.06 “4K営業開始!”ところでどこで放送するの?そりゃ地上波でしょ―江口靖二

明らかに4Kはリアリティだ! 今年のInterBEEをひと言で言えば、「4K営業開始!」だったと思う。これまでの4Kの紹介とか、ここまでできますとか、課題はこうですとかいったフェ... 続きを読む

[BrushUP! InterBEE2013]Vol.05 4K放送の未来とは?―小寺信良

InterBEE2013最終日の11月15日は、次世代放送推進フォーラム(NEXTV-F)事務局の元橋氏圭哉さんをゲストにお迎えして、”4K放送が始まるとどういう未来になるのか”... 続きを読む

[BrushUP! InterBEE2013]Vol.04 4Kで撮影・編集。4Kのワークフローを紹介―江夏由洋

始まった4K。撮影、編集、記録、プレイアウトと課題は山積み! 今回のInterBEEの大きなキーワードは「4K」である。実際に4Kという言葉は昨年も大きく取り上げられていたのだが... 続きを読む

[BrushUP! InterBEE2013]Vol.03 日本初公開!6Kセンサー搭載EPIC DRAGON登場!―石川幸宏

いよいよ4Kの夜明けが来たが… 開発当初から4K制作を睨んで開発を進めて来たRED DIGITAL CINEMA。ついに実装された、6K DRAGONセンサー搭載の『EPIC D... 続きを読む

[BrushUP! InterBEE2013]Vol.02 4Kの登場、OVER HD時代の幕開け―石川幸宏

会場全体に“4K”の文字が躍る、今年のInterBEE2013 各社が提案する業務用4Kモニター各種 会場全体に“4K”の文字が躍る、今年のInterBEE2013。2020年東京... 続きを読む

[BrushUP! InterBEE2013]Vol.01 ソニーに見る今年の4Kとは?!―岡英史

4Kはもはや当たり前! 昨年のInterBEEは、シネマやCM等の制作サイドにおける高解像度カメラとしての4Kが前面に打ち出されていたが、2013年、4Kは既に当たり前。それをど... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2013]ヤマハブース:オーディオインターフェース「UR44」や、ミキシングコンソールMGPシリーズなど幅広く音響製品を展示