PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 石川幸宏 > [Canon UPs!]Vol.01 EOS C300 Mark II:開発チームが語る機能拡張ファームウェアの全貌

News

[Canon UPs!]Vol.01 EOS C300 Mark II:開発チームが語る機能拡張ファームウェアの全貌

2016-06-30 掲載

txt:石川幸宏 構成:編集部

EOS C300 Mark IIの機能拡張ファームウェアを発表

キヤノンのEOS C300 Mark IIは、初代CINEMA EOS SYSTEM機として全世界で一世を風靡したEOS C300からの、初のメジャーバージョンアップ機として昨年の発売以来、世界の映像制作現場で活用されている。そしてこの度、兄弟機のEOS C100 Mark IIとともにその機能をさらに大きく拡げる最新の“機能拡張ファームウェア”が発表された。

特にEOS C300 Mark IIでは、新たに搭載されたCanon Log 3の搭載や、ACES 1.0ビューイングLUTへの対応、EFシネマレンズとの連携拡張など、あらゆる撮影現場の要望に応えた多くの先進機能を搭載。さらにこの春発表されたEFシネマレンズの新たなラインナップ、コンパクトサーボレンズ「CN-E 18-80mm T4.4 L IS KAS S」(10月下旬発売予定)の詳細とともに、7月下旬公開予定のバージョンアップ(無償対応)に向けて、ここではそのポイントをキヤノン開発者のインタビューを交えてお伝えする。

canon_eos_c300_mark2_CanonINC_Member 写真左から:馬越氏、塗師氏、高野氏、川村氏、飯島氏、中山氏

キヤノン株式会社 イメージコミュニケーション事業部

  • ICP統括第二開発センター
    室長 中山智氏
  • ICP第四開発センター
    室長 飯島龍之介氏
  • 主任研究員 川村歩氏
  • ICP第五事業部 馬越貴子氏
  • ICP第一開発センター 室長 塗師隆治氏
  • 主任研究員 高野賢大朗氏
――新搭載「Canon Log 3」について

中山氏:従来のCanon Logに対して、Log 2、Log 3はそれぞれ違う方向性で進化させているものです。昨年のEOS C300 Mark II発売時から搭載しているCanon Log 2は、Cineon Logをより意識して、ダイナミックレンジ、Black、Gray、増感マージンの改善を施したもので、フィルムの特性に近い片対数でリニアな領域が広く画づくりの自由度が高い設計になっています。ダイナミックレンジも1600%で他社のシネマカメラに搭載されているLogカーブにも黒やグレーのレベル、傾きなども近似しています。

それに対して今回新たに搭載したCanon Log 3は、従来のCanon Logの扱いやすさといった利便性を保ちつつも、よりダイナミックレンジを拡張させたもので、ダイナミックレンジ1600%を実現しながらBT.709に近い印象でCanon Log同様のカラー調整で最終ルックへの追い込みも楽なので、従来のCanon Logのユーザーも取り扱いやすいものになっています。

canon_01_CanonLog3
――Canon Log 2とLog 3の使いわけについて

中山氏:グラフ特性を見て頂いて分かる通り、特に暗部の特性に違いがあり、Log 2は暗部の諧調表現が豊かになるようにフィルム特性に近づけており、色や輝度の諧調は保ったまま露出操作が可能になるなど自由度が大きい特性としています。その為、ポストプロダクションでのグレーディング処理を前提としたカーブとなっており、Cineon Logなどの扱いに慣れた方に使っていただく事でポテンシャルを最大限に発揮することが出来ます。

Log 3はダイナミックレンジは拡張しているのですが、暗部の傾きがLog 2に比べて緩いのでノイズも目立ちにくく、これまでのCanon Logと同じように、デスクトップでの簡単なカラー補正だけでも充分使えるような特性を持っています。Canon Log 2、Log 3ともに、ハイライト側800%以上の広いダイナミックレンジを必要とする場合に向いています。

しかしLog 2は黒の諧調性を重視したり、フィルム的な露出操作を求められるときに向いており、一方のLog 3は、極力ノイズは抑えて、従来のCanon Logのような簡便な操作で仕上げる場合に向いていると言えます。ポスト作業に時間・費用が掛けられて、より追い込んだ画づくりをしたい場合にはLog 2を、ダイナミックレンジを保ちつつも簡単な処理で仕上げたい場合にはLog 3を選択されることをお勧めします。

――Canon Logユーザーからの改善要望と市場ニーズ

中山氏:これまでのCanon Logユーザーから最も多かった要望は、やはりLogとはいえ固いイメージだったので、元々Cineon LogなどのフィルムのLogの取り扱いを知っているユーザーの方々からはそうした要望が多くありました。

その一方で、Logが何かを深く知らずに、Canon LogからLogの世界に触れたユーザーという方も非常に多く、そうしたユーザーからは簡単なカラー調整だけでも非常に使いやすいという意見も頂いていました。その両面の意見を反映して、従来からのLogユーザーにはLog 2を、Canon Logの延長で使いたいユーザーにはLog 3を、という2つの新たなLogモードを用意しました。

――EOS C300からの進化と継承

飯島氏:シネマカメラとして最初のEOS C300は設計しましたが、想像以上に幅広いレンジのユーザーにご使用いただいたと同時に、我々の想定した以上の使い方もされていました。EOS C300 Mark IIではそれらのフィードバックを元にLogなどのソフト面だけでなくハード面でも多くの改善を施しています。

EOS C300発売当時はMFのみでしたが、お客様の要望もありEOS C300 Mark IIでは高度なデュアルピクセルCMOS AFをさらに進化させたAF機能を盛り込みました。ハード面ではEOS C300とほぼ同等のボディですが、消費電力はEOS C300に比べ約2倍ですので、放熱設計も大幅に見直しています。

他にもケーブル、防滴処理などの特にメカの堅牢性にも重点に置き強化しています。EOS C300は幅広いレンジのユーザーにご使用いただいたので、背面のファインダーについては社内外からも賛否両論、多くの意見がありました。確かにハイエンドユーザーの方はサイドビューファインダーがメインですので不要との意見を頂きましたが、そもそもの当初のEOS C300のコンセプトはオールインワンで買って箱から出してレンズとバッテリーを付ければすぐ撮影できるというものでした。

ハインエンドユーザーの意見は確かに大きいのですが、リグを組まずに手持ち撮影で使用されるユーザーも多くおられますので、当初のコンセプト通り様々な撮影スタイルで幅広いユーザー層に使用していただくことを考慮し、今回もファインダーは残しています。

――堅牢性強化を中心にメカ部分の信頼性を大幅改善

川村氏:(EOS C300 Mark IIの筐体設計改善において)どういう使われ方をするか?という部分を理解して設計に落とし込むのに苦労しました。色々な方にご意見を伺い、撮影現場に立ち会いましたが、その中でも特機などを扱う機材レンタル屋さんの視点が我々メカニックの視点と近かったので、非常に参考になりました。さまざまな過酷な使用環境を想定しこれまでの使用事例を見直して再設計しました。

またMark IIでは設計思想として「剛」と「柔」を明確に分けることで、信頼性を高めました。例えば、ハンドルからブラケット、本体フレームまでは六角ボルトを用いて頑強に接続する「剛」設計となっておりますが、フランジバック部分は周囲が硬質な素材だけだと衝撃でズレてしまうため、マウントからセンサーまでのユニットをバネ材で吊って柔軟性を持つ「柔」設計に変更し、レンズに衝撃が加わってもフランジバックがズレにくい設計にするなど、使用時の不用意な事態も想定した部分にも配慮しています。

また冷却機構も空冷ファンの設定を自由に変更出来たり、放熱フィンを備えるヒートシンク兼ダクトを利用した強制空冷構造となっているので、吸気口から水や埃を吸い込んでも本体内には入リこみづらい構造と、高効率な放熱を両立した構造となっています。

――その他のファームアップポイントについて

飯島氏:最新ファームアップでは最新のCN-E18-80mm T4.4 L IS KAS Sレンズへの対応など、EFシネマレンズのと連携機能も多く対応していますが、一番改善要望の多かったREC時のマグニファイ対応です。動画記録中でも4Kでのフォーカス合せ等において拡大表示がしたいという意見を多く頂きましたので、今回のファームアップで対応しています。

そのほかメニューの動作改善としてこれまではフレームレートを変更すると同時に解像度などの設定も自動的にリセットしていましたが、システム的に保持できるものはその前の設定を保持するように改善しました。その他操作性を含め様々な機能向上を図っています。

とにかくEOS C300 Mark IIはハードウェア面に関しても、今回の拡張ファームアップにしても、カタログスペックに表せない多数の改良・改善をこだわって細部にまで施しています。ぜひ実際に使用して頂き、その性能を体感していただきたいと思います。

CN-E18-80mm T4.4 L IS KAS S

canon_eos_c300_mark2_02_C300m2+18-80 EOS C300 Mark II+CN-E18-80mm T4.4 L IS KAS S
――CN-E18-80mm T4.4 L IS KAS Sの開発企画経緯について

馬越氏:今回新たに「コンパクトサーボ」というジャンルとして発表しました「CN-E 18-80mm T4.4 L IS KAS S」は、操作性はシネマ・放送用レンズの仕様で運用はEFレンズという、当社のレンズの良い所を併せ持つハイブリッドな新ジャンルのEFシネマレンズです。現行のEFレンズは、これまでも多くの動画ユーザーの方にもご使用頂いてきましたが、あくまでスチル用に最適化されたレンズであり、動画撮影時においての操作性や運用性の更なる強化を要望する声もいただいておりました。

これらの声に応えるべく、ワンマンオペレーションに最適かつ多様な撮影スタイルに応じた4Kカメラ対応の光学性能を実現した本レンズを商品化致しました。併せてカメラの低価格化が進んで行く中で本レンズもその市場動向に対応した価格に設定しています。

――シネサーボレンズとの違い

塗師氏:シネサーボレンズシリーズ(CN20×50 IAS H/P1・H/E1、CN7×17 KAS S /E1・S/P1)は、シネマ用途に加え、放送用途向けを強く意識して開発した製品です。一方でコンパクトサーボは、ブライダルをはじめとした業務用市場を強く意識した製品であり、その市場がスーパー35mm・APS-Cサイズといった大判センサーカメラへ移行してきました。そのため、小型で使いやすい大判センサー対応(スーパー35mm対応・APS-Cサイズカメラ対応)のズームレンズの開発に至ったのです。

canon_eos_c300_mark2_02_03_18-80
――開発にあたって苦労した点

塗師氏:コンパクトサーボの開発にあたっては、まず1.2kgに収めるという目標から、開発に着手しています。これまでの放送やシネマレンズの設計をそのまま持ち込むと、どうしても鏡筒が大きく重くなってしまうので、一から設計を見直しています。

シネサーボレンズがズーム比7倍で2.9kgですから、それをいかに1/3のサイズに収めるかというチャレンジが一番の難関でした。スチルレンズの様に伸び縮みして良いのであれば小型化は比較的容易なのですが、動画用として必須である前玉固定でこのサイズと重量をキープし、さらに最も使用頻度が高い18-80mmというズーム域で4K対応光学性能を達成する、といった高次元のバランスが一番難しいところでした。

4月にNABで発表した時にも、この仕様に収めた事が最も多くのユーザー様にご評価頂いた所です。また、T4.4という明るさについても、ズーム全域でT落ちがなく4K対応の高い光学性能により安心して開放から使って頂ける点も大きな特徴です。またフランジバック調整ができる点においてもご評価頂いています。

――基本のレンズ内部設計

塗師氏:シネマレンズと基本コンセプトは同じですが、設計そのものが変わっているので色々と新たなチャレンジをしています。例えば多様な操作性の核となる、AF対応のためのUSM搭載とズーム・フォーカス・アイリスのマニュアル操作との両立は光学設計的に大きなポイントです。

従来のEFシネマレンズ同様、不要光の削減にも注力しており、鏡筒の遮光設計や表面処理を工夫して内面反射を抑制しています。また、光学設計の段階からレンズ間の相互反射を制御し、コーティングでカラーバランスを統一しつつ面反射ゴーストを抑制しています。ゴースト・フレアが少ないことで、シネガンマ・HDR等の高階調撮影でも、そのポテンシャルをフルに引き出すことができます。

canon_eos_c300_mark2_02_04_18-80
――専用グリップ「ZSG-C10」について

高野氏:CN20×50 IAS H/P1・H/E1は三脚設置での使用を、CN7×17 KAS S /E1・S/P1では肩担ぎでの使用を前提として、各レンズともサーボユニットに関しては各々の重量等の仕様や、使用される状況に応じた設計を施しています。今回のZSG-C10については、EOS C300 Mark IIやEOS C100 Mark IIに装着して手持ち運用する場合と、肩担ぎで運用されるケースを想定して、多様な撮影スタイルに対応するための脱着式タイプの設計になっています。ズームスピードもワイド端からテレ端まで業務用ENGレンズ同等の速度レンジで駆動しますので利用幅も広く、またカメラグリップ部のジョイスティックで上がテレ方向、下がワイド方向にズームコントロールも可能です。

協力:キヤノン株式会社/キヤノンマーケティングジャパン株式会社
[Canon UPs!] Vol.02

WRITER PROFILE

石川幸宏 映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。


[ Writer : 石川幸宏 ]
[ DATE : 2016-06-30 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[ATOMOS Review]Vol.05 進化するSHOGUN INFERNO~ファームアップ後、GH5とのコラボレーションに大活躍~

txt:猿田守一 構成:編集部 ファーム(AtomOS 8.31)アップで広がる新しい機能とは? ATOMOSのSHOGUN INFERNOであるが、今回最新フ... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.32 シネマレンズの概念を覆すFUJINON MKシリーズ 後編

txt:江夏由洋 構成:編集部 FUJINON MKシリーズが捉える新しい時代 撮影風景。カメラマン2名、アシスタント2名の撮影チーム。スモールユニットが組めるのもMK... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.31 シネマレンズの概念を覆すFUJINON MKシリーズ 前編

txt:江夏由洋 構成:編集部 デジタルシネマワークフローの時代が変わる デジタルシネマの新しい形―MKレンズシリーズ。18-55mmと50-135mmの2本で全域... 続きを読む

[ATOMOS Review]Vol.04 全部入り!SHOGUN INFERNO~著しい進化を遂げるレコーディングモニター~

txt:マリモレコーズ 江夏由洋 構成:編集部 現場の声を詰め込んだSHOGUN INFERNO 12G-SDIに対応したSHOGUN INFERNO。機能満載で登場し... 続きを読む

[On Avid]Vol.05 AdobeユーザーがAvid制作環境へアクセス可能な「MediaCentral | UX connector for Adobe Premiere Pro」

異なるソフト間での共有作業を行うために MediaCentral | UX connector for Adobe Premiere Proによるシステム ある程度... 続きを読む

WRITER PROFILE

石川幸宏 映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 石川幸宏 > [Canon UPs!]Vol.01 EOS C300 Mark II:開発チームが語る機能拡張ファームウェアの全貌