PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 編集部 > [VARICAM Story]Vol.01 「VARICAM LT」ユーザーインタビュー〜撮影監督 倉田良太氏に訊く!

News

[VARICAM Story]Vol.01 「VARICAM LT」ユーザーインタビュー〜撮影監督 倉田良太氏に訊く!

2016-08-26 掲載

カタログスペックには記載されていないVARICAM LTの魅力を再発見

VARICAMLT_userinterview_2394 VARICAM LTは、NAB2016のパナソニックブースに出品され注目された。小型軽量ということもあり、ドローンにに搭載されていた

今年の3月に発売となったVARICAM LTは、VARICAM 35と同じMOSセンサーを搭載しており、14+ストップのワイドレンジかつ広色域で4K解像度の映像を収録可能なカメラだ。今回、VARICAM LTユーザーである撮影監督 倉田良太氏と、パナソニック株式会社 AVCネットワークス社 イメージングネットワーク事業部 商品戦略企画部の岡林孝志氏に、カタログスペックに記載していないVARICAM LTの魅力的なポイントを交えてお話をお伺いした。

VARICAMLT_userinterview_4110 写真左:撮影監督 倉田良太氏、写真右:パナソニック VARICAM担当 岡林孝志氏
――VARICAM LTの特徴やVARICAM 35との違いについて紹介をお願いします。

岡林氏:VARICAM LTは、VARICAM 35と同じスーパー35mm MOSセンサーを搭載しています。これにより、14+ストップの広ダイナミックレンジと広色域のほか、ISO800/ISO5000のデュアルネイティブISOを実現しています。またシリーズで初めてEFレンズマウントを標準採用し、オプションでPLレンズマウントにも対応しているほか、IRフィルターが着脱できるようになっており、闇夜での生態撮影や幻想的なIRフォトグラフィーなどにも対応できるようになっています。

VARICAM 35との違いとしては、4K/120p記録や4K出力ができないことと、メイン記録のexpressP2カードスロットが1つで、プロキシ記録用のSDカードスロットが1つになっているところです。

――EFマウントのデジタルシネマ用のレンズもありますし、映画の業界では特殊となるような広角レンズや望遠レンズ、スチル用レンズなど、リーズナブルな価格のレンズも使えますね。

倉田氏:ほかにもCarl ZeissのOtusやMilvusなども魅力的です。何をどう撮るかによりますが、選択肢の幅が広がりますね。

――EFマウントのレンズなら何でも使えるのでしょうか?また、超広角が使えないなどの制約はありますか?

岡林氏:特に制約はないですが、制御に関してはレンズに依存する部分もありますので、動作確認済のレンズをWebにて公開していますので、そちらを確認していただくとよろしいかと思います。

VARICAMLT_userinterview_4271 標準仕様のEFマウント VARICAMLT_userinterview_4270 オプションのPLマウントはユーザー交換が可能
――アイリスのコントロールはカメラ側で行うようですが、どのくらいの精度でしょうか。

倉田氏:レンズ側の対応にもよりますが、実際に操作した感じではマニュアルとほとんど遜色のないスムーズな操作が可能だと思います。

――PLマウントにも交換できますがこれはユーザー交換可能ですね。IRフィルターがかなりセンシティブな微妙な部分なので、ファクトリー交換でしょうか。

岡林氏:IRフィルターもユーザー交換対応です。ネジ3本で簡単に着脱できるようになっています。

倉田氏:作業自体は単純なんですが、センサー部分なので、細心の注意が必要ですね。ドライバーの先でセンサーを傷付けたりしないかとか、特にホコリは気になります。工場のようなクリーンルームではありませんからね。

岡林氏:センサーの前に保護フィルターがあるので、クリーンルームは必要なく、通常マウントを扱うのと同等の注意で大丈夫です。

VARICAMLT_userinterview_IR IRフィルターは3本のネジで着脱可能 VARICAMLT_userinterview_1130061 赤外線カットフィルター(左)を取り外し、赤外線撮影用フィルター(右)と交換することで、赤外撮影対応カメラになる
――4K出力ができないということはRAWには対応していないということでしょうか。

岡林氏:2つBNCの出力コネクターがあり、これを利用してRAW出力に対応する予定です。2016年9月に対応ファームウェアのリリースを予定しています。

――どのようなフォーマットですか?片方からG、もう片方からRBでしょうか。Gの出力をつかってモニターできるといいですね。

岡林氏:SDI信号上に弊社独自の形式でRAWデータをマッピングしている為、直接モニターする事は出来ません。

倉田氏:モニターが4K RAW入力に対応し、4Kモニタリングできたらいいですね!

VARICAMLT_userinterview_4290 2つのHD-SDI出力が装備されており、この端子を使ってRAW出力に対応するという
――ISO800とISO5000のデュアルネイティブISOということですが、このセンサーは賞を受賞したセンサーですね。

岡林氏:2015年度の米国HPA(Hollywood Post Alliance)優秀技術賞(Engineering Excellence Award)を受賞しました。画素ごとにISO800用とISO5000用の2つのアンプを搭載していて、ISO5000でも優れた描写が可能です。

――デジタルカメラのセンサーは1つなので、フィルムカメラでいうと1種類のフィルムしか使えないというイメージですが、2つの独立したアンプをセンサー内に搭載しているということはISO800とISO5000の2種類のフィルムを搭載しているのと同じようなものですね。ISO800とISO5000では描写に違いはないのでしょうか。

倉田氏:通常感度のフィルムとISO5000の高感度フィルムを1台のカメラで使い分けできるといっていいと思います。描写はわずかにISO5000の方が柔らかい印象で、個人的には好みの描写です。感度5000という高感度として考えるとノイズも少なく(粒状性も良く)高感度で撮影する事に躊躇わなくていいと思います。

VARICAMLT_userinterview_sensor1 画素ごとにISO800用とISO5000用の2つのアンプを搭載することで、ISO5000でもノイズの少ない優れた描写が可能
――ISO5000ならほとんど照明なしで撮影できますよね。

倉田氏:確かに高感度=照明のない暗い所で撮影できる、ということではありますが、それよりも低照度でのライティングという、今までとは違った世界が広がるように思います。

――大きな照明器具からLEDライトのような小さな照明器具でライティングできるので省エネとかそういう物理的なこと以外にということですね。

倉田氏:小さなLEDライトでもカメラの感度が高いので相対的に大きな照明器具に匹敵する光量となりますので、ライティングの自由度は計り知れないのではないでしょうか。

――今までとは違ったライティングテクニックが駆使できるということでしょうか?

倉田氏:映画撮影では通常照明部と共に明るさやバランス、コントラストなど、イメージした画になるように作っていきますが、その場合の画作りの概念が変わるといった感じですかね。

――場明かりを利用しつつもより緻密なライティングが可能になり、今まで不可能だったライティングを追及できる可能性がありますね。フィルムカメラと違って波形でレベルとかも確認できますし。

倉田氏:今回OLEDのVFを使いましたが、その画像を見るだけでも最終の画像がわかります。正確な描写がVFでどこまでできているかわかりませんが、最終的な画像がわかるほどの情報量として表示できているように思いますね。

VARICAMLT_userinterview_4259 大型アイピースを採用しており視認性に優れたVF

岡林氏:OLEDによる再現性のほかにも大型のアイピースレンズを採用して見やすさにも配慮しています。カメラとはSDI接続できるようになっていて、他社の製品をVFとして利用することもできますし、小型モニターを接続することもできるようになっています。あと、SURROUND VIEW機能が追加され、有効領域外の映像をビューファインダーに表示できるようになっています。実際に記録される画像の周辺もVF内で確認できるというものです。

倉田氏:確かに見やすいですね。それと視度調節や光学ズームのリングが大きくて操作しやすいです。視度調節にはメモリも振ってあって親切ですね。

VARICAMLT_userinterview_4304 アイピースは視度調節やズームなどが可能で、操作性も良い
――このVFはVARICAM 35用のものとは違うのでしょうか。

岡林氏:外観や機能性能は同じですが、インターフェースがSDIになっているところが違いますね。価格もそうですが、カメラマンさんによってVFというかモニターに関しては色々あるようなので、ユーザーの好みで選択できるように配慮しています。

――ショルダータイプとか手に取って撮影する以外にも、リグに乗せたり、ステディカムを使って撮影したりと、ユーザーの要求に合わせて(考慮して)カメラが小型化されているんですね。

岡林氏:カメラ上部の取っ手の部分と底部は平らになっていて、リグなどに装着する場合の自由度を考慮した設計になっています。

倉田氏:ショルダー目線より少し低い目線での撮影が好みなんですが、カメラのバランスも良いので、ホールド感というか、抱えるような体制での撮影すごくしやすいですね。

VARICAMLT_userinterview_4226 リグへの搭載のほかショルダーや抱えるようにカメラをホールドする場合でも重量バランスが良い
――有線・無線LAN接続ができるようになっているので、リグなどに装着してのリモートもできますね。

岡林氏:オプションのリモートオペレーションパネルで様々なカメラコントロールが可能なほか、インカメラグレーディングやプロキシファイルのアップロードにも対応しています。

――シーンファイルに追加されたV-Look(VARICAM Look)というのはV-Logと何が違うのでしょうか?

岡林氏:いずれも14+ストップのダイナミックレンジを生かすという部分では同じですがV-Logはグレーディング前提となっているのに対し、VARICAM Lookはグレーディング無しでも映像表現が可能です。

倉田氏:Rec.709のようなビデオ系のレンジは狭いのですが、VARICAM Lookだと広いダイナミックレンジを生かしながらもRec.709でも自然な感じで撮影できます。

VARICAMLT_userinterview_Log VARICAM LTに搭載されたガンマカーブ。VARICAM Lookにより、グレーディングなしでも広いダイナミックレンジをRec.709で表現可能
――絵柄によって変わってきませんか?

岡林氏:いくつかモードがあるので使い分けすることが可能です。

――4K60P対応ですがHDだと240pのオーバークランク撮影が可能ですね。

岡林氏:センサー駆動を2K領域にクロップする事で240pまで対応可能な仕様になってます。

VARICAMLT_userinterview_sensor2b イメージセンサーの画素数。センサーの撮像可能領域はS35mm画角の有効撮像領域である4Kよりも広くなっており、SURROUND VIEW機能により、有効領域外の映像をビューファインダーに表示できる
――P2viewer plusってVARICAMにも対応していますね。

岡林氏:VARICAMで導入されたCINE形式のFILE NAME STYLEに対応していて、カメラインデックスやリール番号、クリップ番号と記録日付で構成されるファイル名に対応しています。

倉田氏:VARICAMで撮影したクリップの記録フレームレートやISO感度、ホワイトバランスなどの情報も記録されるので、後であの時どんな設定で撮影したかなどの記録としても重宝しますね。もちろんサムネイル表示や再生プレビューなどもできますから、クリップの整理に非常に便利です。

岡林氏:また、DPXデータの書き出しや変換、メタデーターの編集などにも対応しています。

http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2016/08/VARICAMLT_userinterview_P2ViewerPlus.jpg 記録したクリップの確認や整理に便利なP2viewer plus
※画像をクリックすると拡大します

VARICAM LTセミナー情報

prn_160810_varicam625x469
「Panasonic 4Kデジタルシネマカメラ VARICAM LTセミナー」

2016年9月7日に、東京・半蔵門のPROGEAR半蔵門セミナールームにて「Panasonic 4Kデジタルシネマカメラ VARICAM LTセミナー」が開催される。

同セミナーでは、倉田氏を講師に迎えて実際の使用感や他機種に対してのメリット解説や、パナソニック株式会社の岡林氏からVARICAM LTの機能・特徴の概要説明が行われる。セミナーの詳細・参加申し込みはこちらより。


WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


[ Writer : 編集部 ]
[ DATE : 2016-08-26 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Back UP↑]Vol.03 ポータブルストレージが支える4Kワークフロー

txt:江夏由洋 構成:編集部 4Kのワークフローを支えるのは「ストレージ」 4Kや8Kの撮影はデータサイズとの闘いといっていい。一日の撮影量が1TBを超えることは... 続きを読む

[ATOMOS Review]Vol.05 進化するSHOGUN INFERNO~ファームアップ後、GH5とのコラボレーションに大活躍~

txt:猿田守一 構成:編集部 ファーム(AtomOS 8.31)アップで広がる新しい機能とは? ATOMOSのSHOGUN INFERNOであるが、今回最新フ... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.32 シネマレンズの概念を覆すFUJINON MKシリーズ 後編

txt:江夏由洋 構成:編集部 FUJINON MKシリーズが捉える新しい時代 撮影風景。カメラマン2名、アシスタント2名の撮影チーム。スモールユニットが組めるのもMK... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.31 シネマレンズの概念を覆すFUJINON MKシリーズ 前編

txt:江夏由洋 構成:編集部 デジタルシネマワークフローの時代が変わる デジタルシネマの新しい形―MKレンズシリーズ。18-55mmと50-135mmの2本で全域... 続きを読む

[Point of View]Vol.74 今が買い!2017年コンパクトスイッチャー対決

txt:小寺信良 構成:編集部 今あるコンパクトビデオスイッチャー総比べ 去る2017年3月13日、プロ用ツールの販売でお馴染みPROGEAR半蔵門にて、「コンパクトビ... 続きを読む

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 編集部 > [VARICAM Story]Vol.01 「VARICAM LT」ユーザーインタビュー〜撮影監督 倉田良太氏に訊く!