PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 岡英史 > [岡英史のNewFinder]Vol.70 アジア地区大規模放送機器展示会BIRTVを振り返ろう!

News

[岡英史のNewFinder]Vol.70 アジア地区大規模放送機器展示会BIRTVを振り返ろう!

2017-10-03 掲載

txt:岡英史 構成:編集部

BIRTV2017

すでに9月特集でBIRTV2017のことは、お伝えしたが、まだまだ足りない!今回は個人的視点かつ特集をブラッシュアップするという意味で再度BIRTVを取り上げてみたいと思う。さて、海外の放送機器展では日本から一番近い中国(北京)で開催されており、その存在は10年くらい前から知ってはいたがどうも気乗りがしないというのが本音だった。その理由の一つとして、アジア諸国の製品はコピーものというよりバッタものが多い印象があり、そのような中での放送機器展はあまり良いイメージがなかった。

実はXF305の中国プロモーションに、スイッチャー侍こと小寺氏と共に北京には出向いており、その時の印象からいろいろな思いが交錯していたが、やはり言葉が全然わからないのが一番のネックだった。そんな中で今回は、中国語OKのプロ機材ドットコムの長から通訳+現地でのアテンドを申し出て頂き、小寺氏もそれに賛同するかたちで久々の炭火兄弟での訪中となった。とはいえ今回初の中国放送機器展は7年前に初NAB show参戦と同じような感覚で、正直初日はどこに何があるのかを把握するのが精一杯。今回は初参戦ということで、期間も初日から2泊3日の短期決戦であるため流し見的な部分はご容赦頂きたい。

Panasonic

今回のBIRTV行きを決めた大きなポイントは、AU-EVA1の実機登場の噂意外他ならない。初日はPanasonicブース自体がどこにあるかもわからず右往左往したのだがようやく二日目にしてブースを発見。日本人スタッフにお願いし、実機を触りまくった。

NABでは文字どおりベールに包まれて展示され、続くCineGearでその概要の展示、Panasonicお膝元での関西放送機器展(以下:KBEE)ではようやく最終的なデザインともいえるモックの展示と、今回の演出は面白かった。実際可動している実機はでき上がったばかりのβ機以前の機種と思われるが簡単にVFを覗いたところ、ノイズやバグがあるわけでもなく、非常に完成度の高い実機展示だった。

もちろんマウントはアナウンス通りのEFマウントであり、今回はCanon CN-Eレンズが付いていたがガタもなく、しっかりとマウントされていた。EFレンズでのAFやAEの追従性を確認したかったが、それはまた別の機会でレポートしたい。今回同時期に出てきたCanon EOS C200が色域にこだわっているのに対して、あくまでもハイレゾリューションからの切り出しで、4Kでの質感を狙うEVA1はどちらを選ぶかがかなり面白い選択だろう。

Sony

Sonyはメインと思える8号館に展示。初日すぐに発見できたのは、人の流れが方向づいているからだ。こことPanasonic(3号館)の展示会場は非常に洗練されており、他の日本メーカーも、ほぼこの2つに集約されているといって良い。Sonyブースの展示は、特に新製品があるわけではないので既存の製品のバージョンアップに留まっていた。

その中でも小型スイッチャーであるMCX500を小さく綺麗にワンパッケージ化し簡易伝送と組み合わせた展示はなかなか面白い。Sonyとしては大型のシステムでこのようなパターンは、NABをはじめ各展示会場では目にするが、やはりCATV等の小さい放送局が多い国では小さいパッケージでの運用というのは理にかなっている。またアジア地区限定の小型セミショルダーカメラ(中身は民生機ハンディカムにショルダーボディを併せたもの)展示が中国らしい。

Canon

カメラブースはEOS C200にはじまりEOS C200に終わるという感じのレイアウト。KBEEやQBEEとほとんど同じカメラレイアウトとガジェットの組み合わせだ。大型ドローンと200Bを組み合わせてジンバル部分をコントロールできるレイアウトは、疑似空撮体験っぽくて個人的には面白いと感じた。

C200と組み合わせているほかの補機類(リグやモニター、ガンマイクなど)をしっかりとそのメーカーや品番まで展示しているのは、このカメラをセットアップする上でもわかりやすく良い展示だ。

JVC

NABから一貫してHM200を使用しての簡易中継システムがメインの展示。さすがに韓国のKOBA showもそうであったが、アジア圏の小規模伝送の現場は非常に多い。日本で少ないのは、日本の電波法にも関わってくる部分でもあるのだろう。さらに日本国内ではまだサービスが始まっていないネットワークスイッチングシステムの実践展示が目を引く。実際はネットワークを跨ぐことによる遅延の処理が一番のキーポイントになるが、同じシステム内で一番遅延しているTCに、全てのソースを同期することにより、映像のズレを防ぐもの。このシステムがしっかり可動すれば特にENGでのロケやオープン収録がかなり画期的になると想像できる。日本でも早めの可動を望みたい。

HDAVS

E2CAMというものをご存知だろうか?このメーカーを筆者は今回はじめて知ったが、中国国営放送局でのスタジオ系カメラヘッドの約半分のシェアを誇っているメーカーだ。メディアにはiVDRという規格を使い、その中身は2.5inch SSD(またはHDD)を使用して記録する。フォーマット自体はPanasonicのP2互換。

このメーカーの面白いところは中国製品?なのに社長は中国から日本国籍(帰化)を持った中国人で、しかも本社は東京の錦糸町にあり立派な日本企業ということだ。今回の展示は4Kハンドヘルドをメインに、HDから4Kにシステムを移行したスタジオでのソリューションだ。このハンドヘルドカメラが秀逸で、中身の撮像ユニットを変えることでHDから将来的には8Kユニットも想定しているという。同時に4KのENGショルダーカメラも展示していたが、撮像版がRGBGの4枚を搭載していることでハイクオリティーな4K収録が可能となった。もちろんマウントはB4マウントなので、既存のENGレンズを使えることも特長だろう。

Saramonic

マイクおよびマイクアンプ周辺の機材を専門に扱っている中国メーカー。ワイヤレスも十数種類のものが展示してあったがこれらはデザインがどこかでよく見たものばかり。実際の性能は国内では使えないので除外して、注目したいのはマイクとカメラを繋ぐためのマイクアンプだ。

大小様々なものがあるが、基本はXLRで受けたものを3.5mmのステレオジャックでアウトプットするもの。つまり民生機やDSLRに業務用のマイクを取り付けることができる製品だ。機能的にはマイクGAINやピークリミッターアッテネーターなど、簡易ミキシングの機能を全て小型のボディに詰め込んでいる。音質も変なノイズもなく十分及第レベルだ。

Falcon Eyes

LED照明に特化した中国メーカー。LED初期の、安かろう悪かろうから随分進化し最近のLEDは演色性にも優れ照明として十分に現場に持ち込める機材になった。このメーカーもその内の一つで日本では馴染みのないメーカー名だが、プロ機材ドットコムが日本では代理店になり販売してるものと聞けば直ぐに思い出せる方も多いのではないだろうか?

今回の新製品は砲弾型LEDを並べて直接光を当てるのではなく、筐体サイドから間接照明的に当てることでデュフューズされた光を当てることができるパネルに、今までのように基盤に配置するのではなくフレキシブルな防水加工されたものにLEDチップを配置したもののそれぞれ大型機種を展示していた。バイカラーや輝度調整はもちろん、同じ形式の照明なら一つのリモコンで全てをコントロールできる優れものだ。これらは秋以降でプロ機材ドットコムで購入が可能なので興味のある方は、東日本橋ショールームでデモ機を見てほしい。

総評

中国の機材展というと、パクリ製品ばかりでまともなものを探すことに苦労すると勝手に思っていたが、今回の参加でその考えは完全に払拭された。確かにどこからどう見ても某メーカーの製品?というコピーものも多いが、それは昔のように見た目だけのコピーではなく、中身や性能まで完全コピーされているレベル。つまり100%互換品だ。でもコピーじゃんと思うだろうが、ワイヤレスなどのスクランブルまでコピーしているのは、良い悪いは別に技術としては凄いと素直に思ってしまった。そしてその手のメーカーの中には、完全コピーの技術力を買われて大手メーカーのOEMを作ったり、そこから独自のデザインや機能を盛り込んで高性能なオリジナル製品をリリースしている。

また会場自体も参加している人達は冷やかしや遊びで来ている感じは見られず、非常に真剣に製品を見ている印象が強かった。コピー文化の中国といわれているが、その中にはしっかりとした技術と方向性を持ったメーカーも沢山あることが今回のBIRTV参加で一番の収穫だろう。…とはいえ、会場のトイレの汚さだけはどうしても慣れることはできなかった…。


WRITER PROFILE

岡英史 バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン


[ Writer : 岡英史 ]
[ DATE : 2017-10-03 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[岡英史のNewFinder]Vol.69 ミラーレスカメラでもしっかりとカウンターバランスが取れる唯一のビデオヘッド~Manfrotto Nitrotech N8

txt:岡英史 構成:編集部 Nitro(窒素ガス)と聞いて… 50xHDシリーズのブリッジングテクノロジー以来の新型ビデオヘッド Nitroと聞いて内燃機の... 続きを読む

[岡英史のNewFinder]Vol.68 Canon CINEMA EOS SYSTEM EOS C200

txt:岡英史 構成:編集部 型番を巡る考察 今までのスタイルと似ているようで、細かいところは全く違ったデザイン CINEMA EOSシリーズもこれで7機種目... 続きを読む

[岡英史のNewFinder]Vol.67 FUJINON MK18-55mm T2.9セカンドインプレッション~NAB取材編

txt:岡英史 構成:編集部 NAB前に手元に来たシネマレンズ FUJINON MKシリーズ すでにファーストインプレッションでその感触を書いたが、その時のセッティ... 続きを読む

[岡英史のNewFinder]Vol.66 FUJINON MK18-55mm T2.9ファーストレビュー

txt:岡英史 構成:編集部 レンズは資産 見た目以上にコンパクトで軽量なシネレンズだ 撮影における機材としてレンズは非常に大事である。光の入り口が良くなけれ... 続きを読む

[岡英史のNewFinder]Vol.65 街のビデオ屋的音声バックアップ~ワンマンオペレートを考える

txt:岡英史 構成:編集部 ミドルレンジ的音の取り回し方を考える カメラの台数分のカメラマンがいない現場が多いのがミドルレンジの現場 大半のミドルレンジに共... 続きを読む

WRITER PROFILE

岡英史 バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 岡英史 > [岡英史のNewFinder]Vol.70 アジア地区大規模放送機器展示会BIRTVを振り返ろう!