PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 岡英史 > [岡英史のNewFinder]Vol.74 CP+2018初日見る今年の動向とは?

News

[岡英史のNewFinder]Vol.74 CP+2018初日見る今年の動向とは?

2018-03-02 掲載

意外と面白い写真の祭典

毎年2月の行事で数年前は雪で1日開催が中止された位。年々2月前半から後半に移動してきて今年は遂に3月での開催となった。実はこの時期筆者は春の花粉と共に体調が絶不調になるのだが、今年も例にもれず仕込み日の28日から調子が悪く取材先々の第一声が「大丈夫?」で始まるくらい。なので足取り重くその中でも面白い物を探してきた。

実は最近ムービーの仕事の他に何故かスチルの仕事が来るようになり、それも毎月発注があり、単純に写真としての興味も含めた速報的に書いてみたい。


■Manfrotto

小型軽量の三脚befreeがモデルチェンジをして登場。前作の物よりトップブリッジを新規作成しなおし剛性感が非常に上がった。勿論ビデオ三脚のbefree liveも同じでツイストロックも踏まえて、小型カメラで確実な三脚ワークが出来る。この脚も1本持って置くと色々便利に使えるお勧めの物だ。


■平和精機工業

HFMPとAP-Xの組み合わせはこの様な500mmのレンズでピンポイントに狙う方々から好評との事だ。確かに三脚に据え付けるよりもう少し扱いが楽なのでサクッと使うには効率は良い。但しビデオと組み合わせるなら間違いなくTH-X等のヘッドを付けないとお話にならないのは見ての通りだ。


■カールツァイス

シネ系のレンズはLWZ21-100の1本だけ。随分と居心地が悪そうな展示だが、流石に他のレンズとはオーラが違う。何回か遠巻きに見たが寄っていくのは身内の知り合いだけだった。さてこのレンズ引きが21mmなので若干足りない事がある。その為に社外品ではあるが4K対応のワイコンもあるが若干価格が高い。そう思っていたら担当者から「そこでMilvusを加えるんです!」とのアドバイス。確かにワイコン1本の値段で18mmと135mmか100mmマクロを加えた方が値段的にも同じと言う目から鱗。個人的に予算を作りたい。


■Panasonic

同じく予算を作りたい物の一つがAU-EVA1。流石にプロ動画エリアでの展示なので規模は小さいが、3Dプリンターで打ち出したロングフードが秀逸。これならば晴れたオープンでも醜くは無いだろう。制作はテクニカルファーム。オーダーがあれば作ってくれるそうだ。


■Canon

プロ動画エリアでもう一つ面白い物を発見。C200は既に色々露出しているが、今回はC700とCN7×17 KASとの組合せ。ドライブユニットを標準装備のこのレンズは何とこの組み合わせでAFが動く。このカメラとレンズでAFが要るのか?と言う無粋な問いは無しにして単純に凄い。

勿論本館にはデカいブースを構えてるCanon。先日発表されたEOS Kiss Mは4K収録が出来てしまう。このコンパクトなボディとAFで小型ジンバルにはピッタリかも?もう一つ個人的に面白かったのはスピードライト470EX-AIだ。フルオート時にはバウンス出来る部分を探して適切な光を当てる事が出来る。単純にそのギミックが好きだ。


■ATOMOS

ほんの1年前は盛り上がってたメーカーも何かの拍子に忘却の彼方と言う言葉が当て嵌ってしまった感がある。個人ユーザーよりもシステムを選んだと言うのも企業利益から考えると正解なのかもしれないが個人的には残念である。


■CamFi

ATOMOSの裏でひっそりと二人で展示しているブースが面白い。いわゆる撮った写真をWi-FiでPCに飛ばすだけの物だが、飛ばせるのはWi-Fiだけではなくスマホと接続するとクラウドで共有出来ると言う物。これなら遠隔地でのチェックもリアルタイムに近い感覚で出来る。勿論マルチカメラをPCから一括コントロールも出来るため、バレットタイム撮影や3D、VRの撮影も出来る。価格は1500元~システムによってと言う事だ。BIRTVにも出展するそうなので是非訪れてみたい。


■AZDEN

まさかの出展で見つけたときは目を疑った。今回初出展のようで、やはりDSLR系の音声まわりをターゲットに考えている。今回は新商品は無かったが1年長期的にDSLRに特化?したガジェットを開発中との事。期待したい。


■イメージビジョン

RoundFlashと言うコンパクトなソフトBOXを主に展示。ここのストリップライトは本当にコンパクトで設置も簡単、個人的にも欲しい物の一つだ。またストロボのCactusの日本代理店でもある。ワイヤレスとしては純正品の半分以下の価格で買えるのがポイント、勿論技適もしっかり通っているので、何の心配もいらない。数年前からここの女性カメラマンと仲良くさせて貰ってるが、この冬に結婚との事でビックリ!お幸せに!!


■BiRod(ルミカ)

只々長いロッドを制作しているメーカー。しかしのその長さが4m、5m越えが当たり前となると話が変わってくる。ドローンを飛ばせないような場所での俯瞰撮影や、軽量カーボンロッドもあるのでそのまま持って歩くことも可能。場所によっては完全にドローン系より良い映像が撮れるはず。アウトレットコーナーにも数本あり爆安なので残って居れば即購入だ。


■銀一

筆者的にはステディカムと言うイメージの販社だが、メインは写真。銀座1丁目店を構えた事から銀一と言う名前になったのは有名な所だろう。とは言え流石にCP+ではがっつりとしたステディカムの展示は無い。その代りステディカムAIRと言うモノポットの展示がある。1番下の足の部分がワンタッチで昇降できるのだがその能力が高い。間違いなく8kg位のカメラシステムならその威力を発揮できる。 もう一つはiPhone用Steadicam Voltだ。ステディと電動ジンバルのハイブリット融合はどちらの欠点もきれいに消えて非常に使いやすい。

今回のCP+で筆者的にNo.1推しのガジェットがこれ。ストロボメーカーで有名なサンスターがデモ展示していたパワーサプライGLXだ。仕組みはVマウントバッテリーを100Vにコンバートするという単純な物だがその使い道は大きい。この手の製品は中華製にもあるが、GLXは正弦での出力を可能としている為に色々な電気製品に優しい。出力自体は150Wなのでドライヤー等の大きな物はダメだが、元々は同社のモノブロックを光らせる物なので使い方を考えれば非常に面白い。

ちなみに400Wモノブロックをフル発光で約900発打てるそうだ。バッテリーはIDXに技術協力を求めた物を推奨としている。

総評

CP+は写真の祭典ではあるが、同時にCESで参考出品していた物がひっそりと出ていたりする。この部分を狙いに毎年行き色々楽しんでいる。

しかし残念なことに大きな展示会だと悪いヤツも集まるみたいで毎年展示物の盗難の件を耳にする。今回もすでにメーカーさんのブースで盗難があったそうだ。防犯でワイヤーロックをしっかりすべきと言う声もあるがそれも踏まえ、盗むヤツが絶対に悪い。とは言え自衛は必要なのも確かと言うのもなんだかな~と言う気になる。苦言を呈したが、せっかくの楽しい展示会だ。週末までさらにCP+2018を駆け抜け楽しみたいと思う!


WRITER PROFILE

岡英史 バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン


[ Writer : 岡英史 ]
[ DATE : 2018-03-02 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[岡英史のNewFinder]Vol.75 SachtlerとVintenが同じ脚になる日がきた!?~Flowtech 75レビュー

txt:岡英史 構成:編集部 2つのレジェンド三脚の提案 三脚というとカメラマンの方々は本当にこだわりが深い。面白いことにそれは低予算の自主映画だろうが、ハ... 続きを読む

[小寺信良の業界探検倶楽部]Vol.54 CP+で見つけた動画関連で気になったモノ

txt:小寺信良 構成:編集部 例年パシフィコ横浜でこの時期に開催されているCP+。デジタルカメラと写真専門のショーということで、盛り上がりを見せています。動画関... 続きを読む

[オタク社長の世界映像紀行]Vol.51 オタク的視点でみたCP+2018で気になったもの

txt:手塚一佳 構成:編集部 スチルカメラの祭典が今年も開催! CP+2018 開幕の様子。日本式のテープカットにドイツ写真協会の方々が参加している図が象徴的だ ... 続きを読む

[岡英史のNewFinder]Vol.73 縁の下の力持ち!ビデオカート考察

txt:岡英史 構成:編集部 機材搬入 機材の運搬に何を使ってる? 例えば3カメスイッチャーの現場で必要な物は?と問いかけるとカメラ・三脚・SW・ケーブル・e... 続きを読む

[岡英史のNewFinder]Vol.72 Panasonic AU-EVA1〜また欲しいカメラが登場した

txt:岡英史 構成:編集部 エヴァ初号機発進ー! まさにそう言いたくなる登場だったPanasonicのAU-EVA1。昨年のNABでひっそりと展示ブースに登場... 続きを読む

WRITER PROFILE

岡英史 バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 岡英史 > [岡英史のNewFinder]Vol.74 CP+2018初日見る今年の動向とは?