PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 編集部 > [Report Now!]4K・8Kの撮影機材や編集機材が一堂に集まった展示会「第1回 4K・8K機材展」開催

News

[Report Now!]4K・8Kの撮影機材や編集機材が一堂に集まった展示会「第1回 4K・8K機材展」開催

2018-04-06 掲載

4月4日から6日まで東京ビッグサイトでリード エグジビション ジャパン主催の通信・放送 Week 2018内で「第1回 4K・8K機材展」が開催された。映像伝送EXPO、光通信技術展、次世代モバイル通信展を同時開催した展示会で、モバイル通信から光通信、4K・8K機材、映像伝送などの最新技術をいっぺんに観られるようになっていた。その中から今年初開催の4K・8Kカメラやディスプレイが多数展示された4K・8K機材展を中心に紹介しよう。

キヤノン:開発中の8Kカメラ・ディスプレイを参考展示

キヤノンは、3月29日にフルサイズセンサーを搭載した「EOS C700 FF」や単焦点シネレンズを発表。こちらの展示会でそれらの新製品が展示されると思われたが、「新製品はNABにもっていってしまった」とのことで展示はなかった。

メインの展示は、開発中の8Kカメラとディスプレイを参考展示と映像の上映だ。8Kカメラは、新開発したスーパー35mm相当サイズの8K専用CMOSセンサーを搭載。ボディもEOS C300 Mark IIとまったく変わらない小型軽量でノイズが少ないのが特長。それでいて、8KのRAW収録もできて機動性があり、現場にもっていってそのまま使えることが特長だという。

4K・8K対応のカメラやディスプレイを展示 開発中の8Kソリューションの展示

8Kカメラの筐体自体は、EOS C300 Mark IIがベースで、HDMI端子部分にSDI端子を2個追加して6G-SDI4本でカメラのRAWを出力する改良が行われていた。カメラヘッドというスタイルでベイヤーRAWを出力し、外付けのボックスで8Kをディベイヤーした映像を出力し、8KのYCC 4:2:2の60pとしてディスプレイに映す形で映像の表示が行われていた。

6G-SDI4本でRAWを出力

映像の上映コーナーでは、キヤノンの4K・8K/HDR対応カメラで撮影されたさまざまな映像コンテンツが4K・8K/HDR対応のディスプレイで紹介されていた。

参考出展されていた55インチの8K HDRディスプレイ

シアターコーナーには、8Kディスプレイが2台展示されていた。55インチの8K HDRディスプレイは、少人数で楽しむシアター的な用途にも最適とのことで、風景や花火などのエンターテインメントの映像を流していた。29インチの8K HDRディスプレイはマスターモニターとのこと。キヤノンの8Kカメラとディスプレイは参考出展で量産はしていないが、個別対応で相談は可能とのことだ。

参考出展されていた29インチの8K HDRディスプレイ

NHK:8Kシアターで紅白歌合戦や平昌五輪の羽生結弦のショート演技を公開

NHKは、300インチのシアターを設けて8Kコンテンツの上映が行われていた。NHKの8Kビューイングイベントでは1時間番組をまるごと観覧できる感じで上映が行われているが、今回のイベントでは多くの人が観られるように昨年末の紅白歌合戦、平昌五輪の羽生結弦のショート演技、サカナクションのステージなどの映像を約15分に短くまとめた形で行われていた。

会場内に設置された300インチのシアター 8Kの投影は4Kプロジェクター4台を使って実現していた

ナックイメージテクノロジー:ARRI社のデジタルシネカメラやVR製品による4Kグラフィック映像を実演展示

ナックは、VR製品「Nカム」の展⽰実演やARRI社のデジタルシネカメラを展示していた。デジタルシネカメラでは、ALEXA Miniを展示。ALEXA MiniのアウトはBVM-X300に表示していて、ARRIの映像の魅力である画質を体感できる展示を行っていた。

ARRIのこれまでのシネマデジタルカメラは、ネイティブ4Kの画素というのはもっていない。ARRIのカメラは、画素数を追求する作り方はしていないのが特長で、センサーは3.2Kの画素数でカメラの中でアップコンバートして4K UHDとして出力してきた。画素を大きくすると画素1粒1粒の大きさが小さくなってしまって光が受けられなってしまうと考えで、ARRIが一番大切にしている色味やダイナミックレンジの広さは画素数とトレードオフの関係にあるとのこと。ブースでは実際にALEXA Miniの映像がモニターで確認できるようになっていて、ARRIの特長である色味が国産メーカーのカメラとどのように違うのか体感できるようになっていた。

また、65インチのモニターのほうでは、先日発表されたばかりのARRIの新しいラージフォーマットのデジタルシネマカメラ「ALEXA LF」のカメラのショーリールが4K UHD HDRで上映されていた。

今、ARRIの中でも一番人気のALEXA Miniが展示されていた テーブルの上に配置した色味の濃いオブジェを撮影 BVM-X300に表示してARRIの映像の特長である画質を確認できるようになっていた 「ALEXA LF」のカメラのショーリールを上映

アストロデザイン:8Kカムコーダーや魚眼レンズとの組み合わせなどを展示

アストロデザインは、8Kカムコーダーや魚眼レンズと組み合わせた展示から8Kの使い方をアピールしていた。特に一押しは、8Kカムコーダーの展示で、カムコーダーとビューファインダー、4Kのプレビュー用のモニターさえあればロケは可能。8Kコンテンツの量産が可能と紹介をしていた。

8Kカムコーダーは、リアルタイムで映像出力もできて、撮った画がどのような映像かというのも即座に確認できる。8Kを出すときは12G-SDIの4本で出力するが、ブースの展示では3G 4本の4Kで出力していた。実際にブースで流れていた8Kコンテンツもこの組み合わせで撮ったものだという。

8Kの撮影からモニターでの確認まで可能な実機の展示が行われていた シャープと共同開発を行った世界初の業務用8Kカムコーダ8C-B60Aを展示 撮影現場に最適な12インチ4Kモニター「DM-3413」。8Kで撮った映像を4Kのこちらのモニターで確認する提案が行われていた

もう1つの注目は、8Kからの切り出しだ。「8Kは出口がない」「使いにくい」とか言われることがあるが、4KやHDなどにフォーマットを合わせることで、2次利用として展開ができるという提案が行われていた。

ジョイスティックを使って8K映像から4K映像やHD映像を切り出すことができるようになっていた

サムスン:「Samsung Portable SSD T5」の放送局向け専用収納ケース入りパッケージモデルを発売

サムスンの外付けポータブルSSD「T5」は、名刺サイズより小さなコンパクトサイズでありながら2TBの容量を特長としているが、こちらの放送局向けのパッケージが展示されていた。実際に大阪の朝日放送のテレビ番組で外部のポスプロで編集したものを受け取るやり取りに使われているという。サイズだけでなく、パスワード保護を使って、放送前にコンテンツが漏れないようにやり取りができるのも評価されているという。

左が一般の店頭で販売されている「Samsung Portable SSD T5」。右がTV放送局やポストプロダクション向けの専用収納ケースがついた「Samsung Portable SSD T5」 メモを書き込むことが可能な専用クリアケースにSSDが収納できる 専用クリアケースは棚置きが可能

サムスンブースは映像業界の各社メーカーと共同しており、出展各社4Kのカメラや編集機、再生機にサムスンのSSDと組み合わせたアピールが行われていた。例えばメディアエッジのATOMOS社のコーナーではモニター兼レコーダーのSHOGUNを展示。SHOGUNは2.5インチの汎用のSSDを記録メディアとしているが、SSDによっては長く撮っていると性能が落ちたりする問題が起こるものもある。サムスンのSSD 860 PROであればNANDフラッシュにMLCというグレードの高いものを採用しているので、性能が急に落ちたりしない。安定もしているので、そういう録画用途でも安心して使えるという。

また、三友の8KコンテンツプレイヤーHyper CUBE8Kは、4Kプレイヤーを4台を一つにまとめて8Kの再生をしているが、読み込み速度が安定しなくなると画面の4分の1だけコマ落ちしてしまうことがある。そこでサムスンのSSD 860 PROであれば安定した読み込みができるだろうとアピールしていた。

サムスンは、ブラックマジックデザイン、メディアエッジ、三友、JBS、テクノハウスなどと共同出展。各社のコーナーではサムスンのSSDが使用されていた Blackmagic URSA Mini SSD Recorderを使えば記録メディアとして2.5インチSSDが使用可能。サムスンのSSDは記録メディアとして最適だという

ソリトンシステムズ:モバイルH.265ハードウェアエンコーダ「Zao-S」を展示

ソリトンシステムズは、モバイルH.265ハードウェアエンコーダ「Zao-S」を展示。docomo、au、ソフトバンクなどのLTEの通信回線を使用して、インターネット経由で遠隔地の受信機に対してフルハイビジョンの映像を伝送できるという製品だ。

小型軽量なH.265モバイルエンコーダ「Zao-S」。HEVC/H.265準拠のハードウェアエンコーダを独自開発し、約350gの超小型筐体を実現している

特長は、H.265である点や大きさが世界最少サイズであるところだ。また、モバイル回線を束ねるマルチリンクに対応。USB端子にモデムを3本つなげば、3回線すべて使って通信できる。1本だけでも通信は可能だが、3本回線でより安定した通信を実現できるようになっている。

モバイル回線を3回線束ねて使うことが可能

ATENジャパン:拡張性や柔軟性が特長の4K Video over IPエクステンダーを展示

一押しの製品は、4K Video over IPエクステンダー「VE8900」と「VE8950」のデモだ。ネットワークスイッチから何本もLAN側に出るのではなく、最大30台までのデイジーチェーン接続でケーブル1本を数珠つなぎにして映像伝送できる。ケーブル1本で実現できるために、導入コストを削減できるのが特徴だ。

また、通常だとIP設定を各レシーバーにしなければいけないが、その設定も必要ない。ターゲットはデジタルサイネージで、長い距離を引き伸ばすところを1本で実現できるところが目玉になっている。

ガンスイ:4K光伝送システムを展示

4K光伝送システムの展示が目玉となっていた。2種類の4K光伝送システムが展示されていて、1つが3G SDIの信号を4本で4Kファイバー伝送するシステムのOTR1441とOTR1442。もう1つは、12Gの1本の信号を受けて、光に変換するという12G-SDI対応光ファイバー送信、受信ミニコンバーターのOTX 1410とORX 1400。ペアで使用することにより、1本の同軸ケーブルにより入力された信号を最大10kmまでファイバー伝送できる。

12G-SDIファイバー送信機と受信機 3G Quad SDIファイバー送信機と受信機

BOE:110インチの8Kディスプレイを展示

北京を本社とする液晶ディスプレイや液晶テレビを手がけるBOEは、110インチの8Kディスプレイや8Kメディアプレーヤーを展示していた。8Kはまだ日本でも試験放送しかできていないが、8Kデコーダーを揃えることで8Kを楽しめることを提案していた。BOEはすでに8Kの110インチ、98インチ、65インチのパネルの量産を行っており、今年7月からは8Kの75インチのパネルの量産を開始するという。


WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


[ Writer : 編集部 ]
[ DATE : 2018-04-06 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Report Now!]ローランド新製品内覧会2018。新製品「XS-42H」「VP-42H」などを展示

注目の新製品「XS-42H」「VP-42H」を初お披露目! 10月3日、東京・秋葉原のローランド東京オフィスにおいて「ローランド新製品内覧会2018」が開催された。今回は社内... 続きを読む

[Report NOW!]「そうかえん」スカパー8Kライブパブリックビューイング実験をスカパーが行う理由

txt・構成:編集部 富士総合火力演習「そうかえん」で行われたスカパー!の試みとは? 陸上自衛隊が毎年8月に行う、富士総合火力演習「そうかえん」。戦車等が実弾射撃すると... 続きを読む

[Report NOW!]進化する8K。テニス全仏オープンでフランステレビジョンが行った「テクノロジーデモ」とは

txt・構成:編集部 全仏オープンでの8K制作 8Kデモの様子 テニス4大大会の一つである、全仏オープンが5月21日から6月10日まで開催された。国内注目の大... 続きを読む

[VidCon2018]Vol.02 VidCon耳寄り情報~Project Rushだけじゃない!更なるPremiere Proの展開に期待!

txt:小林譲 構成:編集部 前回のVidConレポートにてAdobeの“Project Rush”などの話題を取り上げたが、AdobeはこのコンベンションにてPre... 続きを読む

[VidCon2018]Vol.01 VidConに潜入!新世代クリエイターの祭典から見えてきた新しい映像との付き合い方

ディズニーランドはすぐ目の前という立地の中、3日間通して開催される txt:小林譲 構成:編集部 VidConとは何なのか? 今年は6月20日から23日まで開... 続きを読む

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 編集部 > [Report Now!]4K・8Kの撮影機材や編集機材が一堂に集まった展示会「第1回 4K・8K機材展」開催