PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 編集部 > [Report NOW!]進化する8K。テニス全仏オープンでフランステレビジョンが行った「テクノロジーデモ」とは

News

[Report NOW!]進化する8K。テニス全仏オープンでフランステレビジョンが行った「テクノロジーデモ」とは

2018-07-13 掲載

txt・構成:編集部

全仏オープンでの8K制作

8Kデモの様子

テニス4大大会の一つである、全仏オープンが5月21日から6月10日まで開催された。国内注目の大坂なおみ選手は3回戦、錦織圭選手は4回戦で敗退と共に残念な結果に終わったが、女子は世界ランキング1位ながら、これまで4大大会での優勝経験が無いシモナ・ハレプ選手が念願の初制覇を達成。男子はクレーコートの王者、ラファエル・ナダル選手が貫禄を見せ、11回目の優勝を手に入れた。これら熱い戦いの様子は、国際映像の制作と配信をフランステレビジョンが行い、国内ではテレビ東京系列や、WOWOWが中継を行ったのでご覧になった方も多いだろう。

今回お届けするのは、このフランスオープンの最中に、フランステレビジョンが行った「テクノロジーデモ」の模様だ。日本国内ではあまり知られていないが、映像に関する新しい技術のテストやデモを、世界中から集まる放送関係者や、フランステレビジョンと協力関係のある企業に向け、フランスオープンの会場である、ローラン・ギャロスで毎年行っているのだ。2018年となる今年の大会では、8Kの収録再生とライブ送信のデモを行うという事で、取材を敢行した。

Television Zone Media

テクノロジーデモの会場は、“Television Zone Media”と呼ぶ国際映像配信センターを中心とした、各国の放送局が集まる建物のテラス。ここではテレビの歴史に触れる展示から、5G配信のコンセプトや、VRのデモと並行してシャープ製の70型8Kテレビが設置され、同じくシャープ製8Kカムコーダ―で収録されたという映像が再生されていた。

同時に会場では、フランステレビジョンが行っている4K試験放送の映像も展示されており、4K放送の映像と8K映像の比較も可能だった。4K放送は一部HDカメラからのアップコンバートであることや、HEVCによる圧縮率が高く不利な状況ではあることを差し引いても、精細感の差は明らか。動く被写体であるスポーツ系の映像では、高解像度映像の差は少ないと言う向きもあるが、65から70型の大型画面でテニス会場の観客の顔まで見える精細さや、ネット越しの選手の表情まで見える臨場感は8K映像の可能性を垣間見る事ができるものだった。

8Kのテニスの映像は、先に収録したものを編集しHEVCで圧縮、再生機で8Kテレビに映し出していたものだったが、男子決勝が行われた最終日は、センターコートであるフリップ・シャトリエから光ファイバーを使ってライブ送信をした映像を表示していた。オフラインによる編集結果の再生と、ライブ表示の両方とも8Kで実現していた。

今回のデモの構成について、機材協力を行ったシャープ戒能正純氏から話しを伺った。

――8Kデモの機器構成について教えてください。

戒能氏:弊社の8Kカムコーダー8K-B60Aを2台用意し、1台はキヤノンの50-1000mm(CN20)パワーズームレンズとともに、センターコート(フィリップ・シャトリエ)を見下ろせる、観客席より上のコメンタリーブースエリアに設置し、固定カメラとして運用しています。もう1台はキヤノンの17-120mmパワーズーム(CN7)を組み合わせ、可搬性を活かして撮影場所を移動して、色々な場所で撮影しています。

HDWS 8K編集風景

また、撮影後の編集環境も用意しました。8K-B60AがHQXコーデックで収録することもあり、Grass Valleyの編集ワークステーションHDWSの8K版にBraodcomのSASカードを増設。これにアストロデザイン製の転送BOXを接続することで、8K-B60Aで収録したSSDパックの読み込みと編集を速やかに行えます。

編集後の出力も一旦HQXコーデックのファイルとして行い、それをSpin DigitalのHEVCソフトウエアエンコーダーを使って、200Mbpsのストリームに圧縮。このファイルをデモ会場にある8Kテレビに接続された再生用PCにコピーし、こちらもSpin Digitalの再生ソフトを使って再生しています。

200MbpsのHEVCで圧縮された8K50pの映像ですが、70型のモニターで視聴しても圧縮ノイズがほぼ無く、8Kらしい高解像度映像が保たれてるのがこのデモ映像でわかると思います。また、HEVCは再生負荷の高いコーデックですが、こちらもSpin Digitalの再生ソフトにより、既存のPCでコマ落ちなく8K再生を実現しています。

――8Kで撮影から編集、再生までの環境を用意したということですね。実際に使ったクルー(フランステレビジョン)の評判はいかがですか?

戒能氏:カムコーダ―から編集環境まで、既に慣れ親しんだ物と大きな差もなく、普通に使えている。という嬉しい意見を頂いています。今回キヤノンのCN7を装着した移動撮影用のカメラを扱ってくれたのは女性のカメラマンで、普段はENGカメラを使ってニュースの取材をしているそうですが、8Kカムコーダ―を使いこなしてくれました。

移動撮影用カメラ

8K収録ということで、フォーカスがこれまで以上に厳しく、フォーカス操作もマニュアルのみですが、8K映像からHD領域を切り出す拡大フォーカス機能とフルHD有機ELビューファインダーを駆使して、8Kらしい映像を多く撮影して頂きました。

また、編集環境においても、最新のIntel Xeon Goldプロセッサを2個(48スレッド)使い、8K HQXの扱いに特化したEDIUSの特別版をインストールしたHDWS 8Kは、タイムライン上の再生とスクラブの操作感含めて、既存のHD/4K編集環境と全く変わらないレスポンスを見せ、編集作業のストレスは全く感じないとコメントを頂いてます。実は収録したファイルを他の環境で試してみたところ、重くてびっくりした。とまで言われました。

その環境もCPU性能は高いものを使っているとの事でしたので、8Kに特化したEDIUS特別版のソフトウエア含めた性能が効いているのでしょう。Spin DigitalのHEVCエンコーダーは、この環境を使っても1-2fpsの速度でのエンコードとなるため、時間をかなり要してしまいますが、画質劣化は少なくライブ映像との差は僅かでデモの映像は来訪されたお客様に8K映像を見せることができたと高い評価を頂いています。

――最終日に行った、ライブ送信の構成はどうなっていますか?

戒能氏:先ほどご紹介したセンターコート上の固定カメラの設置場所と、このデモ会場の間に光ファイバを2本敷設し、12G-SDI 2系統の伝送を実現する、Eraca社のCam Racerを2セット組み合わせ、4系統の12G-SDIを転送できる環境を用意しました。

これをカムコーダーの12G-SDIクワッドリンク出力に接続し、Cam Racerのレシーバー出力をアストロデザイン製の12G-SDIx4 to HDMI x4コンバーターを介して8Kテレビに接続しています。光ファイバを使った8K非圧縮映像伝送を実現しています。

固定カメラ

こちら、このテクノロジーデモの当初はうまく伝送できていなかったのですが、その後の調べでSDIケーブルを12G-SDIに対応した高品質の物に変更することで動作することがわかり、実現につながりました。カムコーダ―からCam Racerまでの5mという短いケーブルだったので、特に品質に気を遣わなかったのですが、同軸ケーブルの品質が光伝送の結果に影響することは、我々も想像しておらず、今回の実験により知見を得る事ができた次第です。

戒能氏:話しは逸れますが、コメンタリーブースからCN20内蔵のエクステンダーも使い、1500mm相当にズームすると、センターコート反対側の来賓席に座っている、フランステレビジョンのプレジデントが大写しにできたんです。撮影クルーの悪ふざけだったんですが、彼らが驚いたのは隣に座っている人の腕時計の数字まで見えたんです。レンズ性能と8K映像の面白さをフランステレビジョンの皆さんと体験できたと思っています。

シャープの戒能正純氏(左)とフランステレビジョンのBernard氏(右)

テクノロジーデモを主催したフランステレビジョンのBernard Fontaine氏にも話しを伺った。

――テクノロジーデモについて教えてください。ローラン・ギャロスの場を使って毎年取り組んでいると伺いましたが。

Fontaine氏:はい、2004年から全仏オープンと共に革新的な技術の実証の場として毎年行っています。これまで、2004年にIPTV、2006年にHD、2010年にConnected TV、2013年にUHD収録、2014年にUHD 4Kライブ、2015年にIVE VRなど、“ワールドプレミア”実証デモを行ってきました。同様に、今年8Kのワールドプレミアデモに取り組んだわけです。

――日本では主にNHKが取り組んでいる8Kですが、今回フランステレビジョンが関心を持ったきっかけを教えてください。

Fontaine氏:テレビの進化は放送局主導ではなく、品質、フォーマット、フォームファクタなどを向上させてきたテレビセットメーカーの進化によって成し遂げられてきたと考えています。我々テレビ局は、これから来るであろう新しいテレビに対応していく必要があります。これまでも、10年毎に同様の歴史が繰り返されてきました。

2000年代のHD、2010年の4Kに続き、2020年代は8Kの時代となるでしょう。対応の早いOTT(Over The Topコンテンツプロバイダ業者の事)を含めた放送業界全体が、8Kフォーマットをどのように扱うのかを学び、理解する必要があると考えていました。

そんな中、シャープは8Kのテレビをいち早く市場に投入しました。昨年のIFAのシャープブースで8Kの映像とその素晴らしさを体験し、今回のテクノロジーデモのテーマとして8Kを取り上げる事を決心したのです。シャープだけでなく、2018年末から来年にかけて、他のテレビメーカーも、一般向けの8Kテレビをリリースする計画を持っています。まさに8Kが現実になることを認識しています。

衛星放送4K
――フランスではすでに4K放送を開始していますか?

Fontaine氏:フランステレビジョンでは、2013年にUHD 4K収録テストを行い、2014年にUHD 4Kのライブ伝送をテストして以降、毎年デジタルテレビ、IPTVおよび衛星放送に向けて、全仏オープンの様子を4Kで試験放送をしています。毎年の試験放送で、HDR(HDR10、Dolby Vision、HLG等)での配信や、2台の中継車を4Kに対応させるなど、進化を続けていますが、通常の4Kテレビチャンネルはまだ持っていません。

――5G伝送にも関心を持たれていて、今回アンテナの展示などを行っていますが、フランステレビジョンの5G/IP伝送についての考えを教えてください。

Fontaine氏:テレビのすべての進化は、視聴者への伝送ソリューションと共に進化する必要があります。今、コンテンツディストリビューションについては、企業領域としてGAFA(Google/Apple/Facebook/Amazon)とBrodcasters(ここには、NetflixやHuluも含まれます)を共に考慮しなければなりません。技術的には、すべてのデジタル伝送の進化の利点を理解する必要があると考えています。もちろん、5Gもその中の一つです。

4Kについては、OTTはシネマスタジオから家庭を繋ぐ企業として世界的に先行してきました。8Kでも同様に彼らがリードするでしょう。OTTは家庭へのネットワーク性能の進化をいち早く取り込むことができるからです。但し、次の2020年代10年において、5Gはコンテンツ配信に予測不能な進化をもたらし、新しいビジネスモデルが我々配信業者の間で起きるでしょう。

5Gはメディア業界にとって新たな挑戦の場を提供する可能性があります。特に、SIMカードなしで使用できる3GPP Release 14(および、それ以上)は変革をもたらす可能性を感じています。この新しい10年はデジタルコンテンツの新しい時代になるでしょう。我々フランステレビジョンは、この新しい時代においても、コンテンツ配信において、主役の座でありつづけたいと考えています。

※eSIMの事、物理的なSIMカードに縛られることなく、複数の回線業者の契約情報を入れることができる ※今回のテクノロジーデモでは、5G配信のイメージとして、ローラン・ギャロスにある複数のテニスコートでの試合の模様をタブレット端末で視聴者が選択してみる事ができる体験デモを用意していた。5Gのローカルエリア配信を意識したものだ。
――今回の技術デモで、協力された会社についてコメントをお願いします。

Fontaine氏:今年シャープは全仏オープンの2週間、ローランドギャロスで初めての8K収録配信、ライブ送信をフランステレビとの提携で実現しました。 日本(シャープ、キヤノン、Grass Valley)、ポーランド(UMC/シャープのヨーロッパ販売部門)、ドイツ(Spin Digital)、アメリカ(Intel、NVIDIA)、オランダ(Vocas)、フランス(フランステレビジョン)の各々の国にまたがるプロジェクトとして2か月間で組織するのは複雑な課題でした。しかし、誰もがこのプロジェクトの成功に向けて協力し、共同プロジェクトとなることで全仏オープンの期間中、毎日8K映像制作を行いデモを行う事ができました。このプロジェクトを主導し、成功に導いたシャープチームをお祝い致します。

フランステレビジョンのプレスリリース


WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


[ Writer : 編集部 ]
[ DATE : 2018-07-13 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[VidCon2018]Vol.02 VidCon耳寄り情報~Project Rushだけじゃない!更なるPremiere Proの展開に期待!

txt:小林譲 構成:編集部 前回のVidConレポートにてAdobeの“Project Rush”などの話題を取り上げたが、AdobeはこのコンベンションにてPre... 続きを読む

[VidCon2018]Vol.01 VidConに潜入!新世代クリエイターの祭典から見えてきた新しい映像との付き合い方

ディズニーランドはすぐ目の前という立地の中、3日間通して開催される txt:小林譲 構成:編集部 VidConとは何なのか? 今年は6月20日から23日まで開... 続きを読む

[Report NOW!]アストロデザインPRIVATE SHOW 2018~8K技術を応用した展示

txt:稲田出 構成:編集部 今年もプライベートショー開催!8K関連機器を軸とした展示 6月14~15日の2日間、東京・大田区にあるアストロデザイン本社ビルにて「PRI... 続きを読む

[Report Now!]NHK技研公開2018~NHK技研3か年計画を策定

txt:稲田出 構成:編集部 毎年恒例のNHK技研公開が今年も開催! 5月24~27日の4日間、東京・世田谷区にあるNHK放送技術研究所において、毎年恒例のNHK技研公... 続きを読む

[Report Now!]スタッフゼロでライブ配信!「ヒマナイヌスタジオ」ができるまで

txt:岩沢卓(バッタネイション) 構成:編集部 今注目の「ヒマナイヌスタジオ」とは セミナー講師を務めた株式会社ヒマナイヌ 川井拓也氏 日頃は、Li... 続きを読む

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 編集部 > [Report NOW!]進化する8K。テニス全仏オープンでフランステレビジョンが行った「テクノロジーデモ」とは