PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 編集部 > [Point of View]Vol.93 AJA Video Systems導入事例~映像制作の教育現場を支える強力な入出力デバイス「AJA Io XT」

News

[Point of View]Vol.93 AJA Video Systems導入事例~映像制作の教育現場を支える強力な入出力デバイス「AJA Io XT」

2018-11-26 掲載

AJA社のIo XTは、Thunderboltの10Gbps帯域幅を利用して強力な編集システムを構築できる入出力デバイスである。そのパワフルな入出力機能で編集システムの屋台骨を支えているにもかかわらず、シンプルな筐体と最適化される編集環境のために、実はユーザーに気付かれぬまま使用されていることが多々ある。周辺機器の宿命なのか、今回は編集プロダクションのみならず、教育現場でもユーザーを影で支えているIo XTについて取り上げ、導入の経緯と効果を紹介する。

実践学習を担う編集室に14台のIo XTを導入

Io XTが導入された、埼玉県川越市にある尚美学園大学 芸術情報学部 情報表現学科には、映像制作を専攻できる音響・映像・照明コースのほか、CGや美術、ゲームなど全部で6つのコースが用意されている。2019年度からは各コースの垣根をなくした自由なカリキュラムを履修できる「クロスオーバー学習制」が導入される予定で、興味のある分野を自由自在に「セレクト」「ミックス」「シフト」しながら学べるのが特徴だ。2017年度の学部入学者数は約740名。その中で現在、映像分野を履修している学生は約120名となっている。

同校の映像分野における実習内容は大きく分けて2つある。1つは映像スタジオを使用し、音楽番組やニュース番組などを作り上げるスタジオ番組制作。もう1つは、ロケ用機材を使用したドラマ等の制作である。いずれも創造力と技術力、現場で求められる実践力が身につけられるバランスのよい授業内容を特徴としている。

学内にスタジオや編集室を多数備えており、Io XTが導入された第一編集室と映像演習室のほか、第二編集室、映像スタジオ、録音スタジオ、MAルーム、サラウンド制作室、サウンドデザインルームなどが完備されている。各施設は授業で使用することはもちろん、学生のサークル活動など自主制作でも使うことができる。

佐藤 敦氏

今回お話をうかがった佐藤 敦氏は教務課に所属し、スタジオ施設の管理運営を担当している。また、授業時の機材準備や技術的なトラブルへの対応、学生が編集を行う際の基本的な操作方法のレクチャーなども行っている。

映像スタジオを使った番組は年間で6本程度、ドラマ制作は準備に時間をかけ半年で1本制作しています。集大成である卒業制作はグループに分かれて、ドラマ、ミュージックビデオ、旅番組など様々なジャンルの作品を作ります。編集室はほぼ毎日稼働していて、月曜から金曜の朝9時から夕方6時頃まで学生が入れ代わり立ち代わり使っています。

クリエイティブ面に専念できる編集環境を構築

Io XTは編集システムの老朽化更新のため、2017年の3月に合計7台を導入。さらに第二弾として、2018年8月に同じく7台の合計14台が導入された。編集マシーンはMac Proを導入し、Io XTはThunderbolt接続で、Sony製の業務用HDモニターへのSDIやHDMIビデオ出力およびスピーカーへのオーディオ出力用デバイスとして活躍している。機材更新に際しては、教員を中心に授業運営に必要十分なものを選定したとのこと。

教員は授業内容について明確なイメージを持っているので、それを実現できるように導入業者さんと相談しながら機材構成に落とし込んでいきました。また、様々な授業で使用されるシチュエーションを想定して選定しました

創作イメージを達成するための編集は“できて当たり前”という大前提がある。とにかく機材のことを意識させずに、気兼ねなく使える環境が求められており、Io XTはその一役を担っている。

実際のところ、Io XTはあまり目立つ存在ではありません。ですが、インフラと同じで必ず無いと困る物だと思っています。また、様々なフォーマットにも対応しているので、学生がどの素材を持ってきても映すことができるのも便利です。例えばiPhoneで撮ってきた素材を編集する場合に、煩わしい工程を踏まずに使えることも魅力のひとつだと思っています。

Io XTは、iPhoneで使われる1080p 60fpsの入出力にもHDMIで対応しており、実際に編集室のモニターは学生にも使いやすいように、ボタン一つでHDMIに切り替えられるよう設定されている。また、Io XTの意外な魅力として、音声信号の確認のしやすさがあるという。

以前使っていたI/O機器はPCIスロットに取り付けるタイプだったので、音声信号を目で見て確認することはできませんでしたが、Io XTには本体前面にオーディオレベルメーターが付いているため、直感的に確認ができます。学生から音が出ない、映像が映らないといった質問があった際、簡単に障害の切り分けができてとても助かっています。

入出力工程やシステム構成の簡素化を実現

授業では、ロケにおけるXDCAMショルダーカムコーダーによる収録、コンパクトなSxSカード記録のハンディカムによる収録、そして映像スタジオにおけるHDCAMレコーダーによるテープ収録の3種類の収録方法が用いられる。

第一編集室内の1台のシステムにはHDCAMテープからインジェストできるように、HDCAMレコーダーHDW-M2000が設置されている。Io XTはRS-422も備わっており、VTRコントロールも可能だ。編集はすべてのシステムにおいて、Adobe Premiere Pro CCを使用。編集後はPro ToolsでMAを行ってから、もう一度Premiere Proに戻して、最終的な完パケを作成するというワークフローだ。

以前使っていた編集ソフトでは、はじめに全ての収録素材を編集用として.movファイルに変換していました。それが、Premiere Proに更新し、Io XTと共に使用するようになってからはネイティブファイルで編集できています。

Premiere ProとIo XTの導入で入出力工程がシンプルになり、編集システムの構成やワークフローもすっきりと簡素化された。

プロの現場だとWindowsの編集マシーンが増えてきてるという話も伺いますが、本学のスタジオ施設では操作性などを考慮してMac環境で統一しています。MacありきでThunderbolt接続できる機材となると、自然とIo XTのような使い勝手の良い機材を選択することになるのだと思います。

万が一のトラブル時にも対応しやすいプロダクト設計

機材導入の担当者がよく課題として挙げるのは、障害発生時における復旧手段である。万が一早急な修理が必要になった場合でも、授業に支障をきたさぬよう予備機を用意しているそうだ。

Io XTは、もし故障してもわざわざサポートに連絡するまでもなく、自分たちで予備機に差し替えて故障機を発送するだけで済みます。

Io XTの詳細な設定は、AJAのアプリケーション内で行うため、製品本体に備え付けられている設定用のボタンは少ない。このシンプルな操作性により不意の設定変更が防止でき、なおかつ操作性の良いアプリケーションのおかげでトラブルシューティングにも対応しやすくなったと高く評価されている。

一番大事にしているのは「円滑な授業運営」ということです。環境を整え、授業が問題なく行われるようサポートするのが我々の仕事。Io XTの導入により、障害の切り分け作業のスピードは確実に上がりました。プロの現場でいうコストとは異なりますが、いわゆる時間的コストの削減に繋がり、学生や教員がよりクリエイティブな作業に集中してもらえるようになったと思います。

今後もフルHD制作環境を支えるIo XTに期待

幅広く活躍できる技術者やクリエイターを育てるために、同学では放送局が取り組んでいる4K/8Kへの移行よりも、多数の学生が一度に編集作業を行える環境の維持に注力している。映像制作の基本から学ぶ感覚を大事にしているので「大きな画面に映してもある程度綺麗であれば、フルHDで必要十分」と佐藤氏は語る。

特に卒業シーズンだと編集室は満席になるため、毎回同じ席で作業するというわけにはいきません。他の編集室に移っても違和感なく編集できるというのは重要だと思います。今後、更新を重ねたときにもメーカーさんには同じ製品を継続して販売していてほしいというのが要望としてありますね。マシーンのMacのほうが仕様変更したときにも引き続き同じ環境で使えるように素早い対応をしてほしい。そういうところにも期待しています。

今後も快適なフルHD制作環境を維持するために、Io XTのようなシステムの土台を支えるパワフルな製品の活躍が期待されている。


WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


[ Writer : 編集部 ]
[ DATE : 2018-11-26 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Point of View]Vol.94 現役クリエーター主導の動画セミナー&ワークショップ「動画クリエーティブ寺子屋」レポート

txt:奥本 宏幸 構成:編集部 クリエーターたちによる人材育成・交流も目的にしたイベントが開催 会場となった大阪堀江の萬福寺。イベントスペースとしてもレンタルされ... 続きを読む

[Viva! Storage]Vol.04 4K/8K制作の要となるSSDの転送速度を徹底比較~現場での使用を想定実験

txt:猿田守一 構成:編集 制作の要!気になるメディアの転送速度を試してみた 4K/8K放送がいよいよ開始となる昨今、業務用カメラやコンシューマーカメラにもいよいよ4... 続きを読む

[Viva! Storage]Vol.03 これからの4K/8K制作に必要なPC環境を問う

txt:林和哉 構成:編集部 いよいよ4K/8K制作環境が整う時代に ますます4K/8Kコンテンツの制作が求められている昨今。ちょっと前まで 「4Kなんていらない... 続きを読む

[Point of View]Vol.92 4K編集のマスターピース「4K Prunus」登場

txt:小寺信良 構成:編集部 4K/8K制作に向けたポストプロダクションの課題 2018年12月の新4K8K衛星放送開始を目前に控え、放送業界も大きく動いている。5月... 続きを読む

[Point of View]Vol.91 3人制バスケのプロリーグ「3×3.EXE PREMIER」のライブ配信に採用されたStreamstarの魅力に迫る

2020東京オリンピックの正式種目に決定!!どんどんと拡大し続ける3人制バスケット「3x3」 3人制バスケットボールの「3×3(スリー・バイ・スリー)」をご存知だろうか。90... 続きを読む

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 編集部 > [Point of View]Vol.93 AJA Video Systems導入事例~映像制作の教育現場を支える強力な入出力デバイス「AJA Io XT」