PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 編集部 > [Report Now!]富士フイルム、自由な位置から投写できる同社初の2軸回転機構レンズ搭載プロジェクター「FP-Z5000」の新製品発表会を開催

News

[Report Now!]富士フイルム、自由な位置から投写できる同社初の2軸回転機構レンズ搭載プロジェクター「FP-Z5000」の新製品発表会を開催

2019-02-28 掲載

txt・構成:編集部

富士フイルムからプロジェクターが登場!

富士フイルムは2月13日、東京都内にてプロジェクターの新製品発表会を行った。発表されたのは、屈曲型二軸回転機構レンズを搭載した富士フイルム初の超短焦点プロジェクター「FUJIFILM PROJECTOR Z5000」(以下:FP-Z5000)。本体を動かさずにさまざまな方向への投写や75cmの至近距離から100インチの迫力のある大画面映像を映し出せる特徴があり、発表会内では効果的な投写方法を実演デモも行われた。

東京・都内で新製品発表会を開催

画期的なプロジェクターで、世界のプロジェクター市場にゲームチェンジを起こす

発表会は、最初に富士フイルムホールディングス 代表取締役社長COOの助野健児氏が登壇。同社の光学・電子映像事業部は1944年の事業発足で70年を超える歴史があり、4K/8K対応の放送用レンズやシネマ用レンズ、国境警備などに使われる超遠望監視カメラ用レンズなど、さまざまな分野において数々のイノベーティブなレンズを世に送り出してきてきたと紹介。

その光学・電子映像事業部が新たな領域へ進出する製品の第一弾が今回発表するFUJIFILM PROJECTOR Z5000で、創立85周年を記念して万を持して発売する製品だという。

「これまで設置したくてもスペースの制約でプロジェクターが置けなかった、あるいは投写できなかった場所に高輝度、高画面の投写ができる。プロジェクター市場を大きく成長させる可能性を秘めた革新的な機能が詰まった製品と自負しており、この画期的なプロジェクターで世界のプロジェクター市場にゲームチェンジを起こしていく」と思いを語った。

富士フイルムホールディングス 代表取締役社長・COO 助野健児氏

続いて登壇した富士フイルム 光学・電子映像事業部長の飯田利久氏は、FP-Z5000の特長を紹介。FP-Z5000の名称は、究極のプロジェクター実現への思いを込めてアルファベットの最後にある「Z」とネーミング。レンズをあしらったロゴを実現した。

富士フイルム 光学・電子映像事業部 事業部長 飯田年久氏 FUJIFILM PROJECTOR Z5000のロゴ

飯田氏は「富士フイルムはなぜプロジェクター市場に参入したのか?」その理由を紹介した。プロジェクター市場の台数はここ数年、約780万台から800万台でほぼ横ばいの状態。「なぜプロジェクター市場が伸びていないのか?答えは新たな設置や用途でプロジェクターが広がっていないから」と語る。

780万台のプロジェクターの市場は、設置済みのプロジェクターの買い替えの需要がほとんどで、潜在ニーズを掘り起こせないていない。設置スペースの制約が需要拡大を妨げていると分析を紹介。

「潜在需要、潜在ニーズを解決するプロジェクターを富士フイルムは考えた。今まで置けなかったスペースにプロジェクターを置ける。これがFUJIFILM PROJECTOR Z5000である」と力を込めて紹介した。

プロジェクター市場の動向はここ数年、約780万台/年で総需はフラット

精密なメカ設計と光軸調整技術の両輪で、屈曲型二軸回転機構レンズを実現

飯田氏はFP-Z5000の特長を「前後、左右、上下、6方向へ投写することが可能」「スクリーンまで75cmの至近距離から100インチの投写が可能」「上下に82パーセント、左右35パーセントの範囲で大きくシフト」「ギャラリーや高品位な空間にフィットする高さ108mmに抑えたコンパクトサイズ」の4つと紹介。

特に「歪みのない大画面は富士フイルムだから実現できた」と強調。屈曲型二軸回転機構と呼ばれるレンズには、20枚以上のレンズを使用し、その開発には富士フイルム独自開発の光学設計ソフトによって高度なレンズ設計が行われているという。さらに、最前面のレンズには、超短焦点と大幅なレンズシフト機能を実現するための複雑な大口径球面・非球面レンズを採用している。

「20枚以上のレンズとメカ部品を高精度に組み上げていく量産技術がなければ、このプロジェクターは実現しなかった」と付け加えた。

大口径球面・非球面レンズと上下82%・左右35%のレンズシフト機能を搭載 二軸回転機構レンズのカットモデル。独自開発のソフトウェアによる精密な設計により、大口径屈曲式レンズを実現 レンズを上下前後左右の向きに切り替えることで、本体を動かさずにさまざまな方向へ投写することが可能

20枚以上のレンズと回転機構の搭載となると、性能を出すための光学調整も相当困難であることが予想される。工場では、6方向への投写と大幅なレンズシフト機能、高い解像を実現するために、高さ約3mのチャートを投写して、職人が1点、1点光軸を合わせて組み立てられているという。「富士フイルムには、6方向どの向きにレンズシフト機能を行っても高い解像を実現できる光軸調整技術がある」と胸を張る。

組み上げたレンズは、10.8cmの高さのコンパクトなデザインを実現。縦置きにすれば設置スペースを極限まで小さくできる。

本体色は、ブラックモデルに加えてホワイトモデルも用意。暗い落ち着いた空間には黒、博物館のような白い空間はホワイトが選べる。ホワイトモデルは今夏発売予定。

小型軽量、フラットなデザインを実現 FP-Z5000のカラーバリエーションとしてホワイトモデルをラインナップ。会場ではホワイトモデルも参考展示されていた

スクリーンの真ん中からずらして設置できる。景観を損なわない。プロジェクターを地べたに置ける。アクティブスペースが広がる。メリットは多い

展示スペースでは、FP-Z5000の実演展示が行われた。デモコーナーでは、レンズシフト機能や回転レンズを活用した5種類の投写を実演。そのうちの1つが、天井投影/床投影で、上下一台ずつ合計2台のFP-Z5000で天地の高さ2.5mの空間に約300インチ相当の巨大プロジェクションの投写を行った。

天井の高さは2.5m、天面サイズは337インチ、床面サイズは272インチ

これまでの天井投写は、プロジェクターを上に向けて固定したり部屋の中央にプロジェクターを配置する必要があった。しかし、FP-Z5000はレンズ部分を回転させるだけで天井への投写が可能。レンズシフト機能を使い、プロジェクターを隅に置くことができるので、景観を損なわないで演出できるのも見逃せないポイントだ。

上下一台ずつの合計2台のFP-Z5000で投写を行った空間のデモ。プロジェクターから投写しているとはすぐに分からないだろう 天井への投写 これまでプロジェクターを天井に向けて投写するのは困難だった。しかし、FP-Z5000はそのまま配置してレンズを天井に向ければ実現できる。ワイドシフト機能により、スクリーン中央に配置する必要はない 床への投写 これまでは床にプロジェクターを向けるのも困難だった。FP-Z5000はレンズの向きを自由に変えられるため、天吊りにも対応しやすい。今後、天吊り金具も周辺アクセサリーとして準備されるという

ホームシアターのデモコーナーでは、10mのワイドスクリーンプロジェクションを実現。通常のプロジェクターは、シフトすると映像が歪むためにエッジブレンディングは困難になる。しかし、FP-Z5000はシフトさせても映像は歪まないので、3台の投写を違和感なく1本の映像に実現していた。

また、スクリーンのレイアウトによっては、投写が他のプロジェクターにがかかってしまうことがある。FP-Z5000はレンズシフト機能を使って画にかからない位置に配置できたり、大画面映像の景観を損なわない位置から投写できるのも特徴だろう。

ホームシアターのイメージ。レンズシフト機能を使っても歪みが少ないので、境目がわからないエッジブレンディングが可能 一番奥のスクリーンに注目してほしい。左側に配置したFP-Z5000は、シフト機能を使ってできるだけ左側から投写。シフト機能によって、右側のプロジェクター本体に画がかぶらないようにできる

ホテルのフロントイメージのコーナーでは、アーチ型のスクリーンにプロジェクションマッピングを実現。これまでのプロジェクターでは、ホテルのフロントとカウンター背面のスクリーンの距離が短かったり天井が高くて天吊ができなくて投写は困難だったが、FP-Z5000は本体をカウンター内に隠して投写できたり、アーチ型のスクリーンに投写することによって、高品位なホテルのカウンター空間を実現できるとアピール。

FP-Z5000を使ったホテルのフロントの演出 ホテルのカウンターに100インチのプロジェクションマッピングを行った例。企業などが主催する展示会の受け付けでも同じことができるだろう。LEDパネルを配置する予算が厳しい場合にも使えそうな方法だ プロジェクターからスクリーンまでの距離は短いが、FP-Z5000は100インチのプロジェクションマッピングが可能

会場デモ以外の事例紹介も行われた。横浜のみなとみらいにある富士ゼロックスのSmart Work Innovation labには直径5メートルの円柱があり、そこに300インチの投写を実現したという。通常のプロジェクターで投写を実現するのは、プロジェクターを高い位置に設置しなければいけない。FP-Z5000は、床から約50センチ、高さ1.7mの距離から300インチの投写できたとのこと。

もう1つは、毎年5月に栃木県で行われている栃木映画祭に向けた建築物の壁面投写検証の事例では、屋外の大きな白い壁に約900インチの投写をするには櫓を建ててプロジェクターを20m先に置かなければならなかった。FP-Z5000は、床置きの6.8mからの投写で約900インチの投写が可能で、これまでより1/3の投写距離により観客スペースの確保や、省人化で対応が可能になったと紹介した。

Smart Work Innovation labの事例。下がFP-Z5000で300インチを投写している FP-Z5000の使用イメージ

最後に、販売計画について述べた。発売2019年4月で、価格はオープン価格。税別100万円を切る価格になるという。FP-Z5000は、富士フイルムのプロジェクターの第一号機で、「レンタル事業者や空間を演出する施行業者に販路を拡大していきたい」と語り、製品説明をまとめた。


WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


[ Writer : 編集部 ]
[ DATE : 2019-02-28 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Report Now!]ライカカメラ社、フルサイズDCI4K(C4K)撮影可能なコンパクトデジカメ「Leica Q2」を発表

txt:手塚一佳 構成:編集部 期待の1台!「Leica Q2」が登場 LeicaQ2の写真。コンパクトデジタルカメラながら、ライカ判フルサイズセンサーとDCI4K... 続きを読む

[Report Now!]NHK 第48回番組技術展〜現場の創意工夫からみえたこれからの放送とは

txt:稲田出 構成:編集部 放送現場のアイデアから生まれる技術を紹介 2月11~13日の3日間、東京・渋谷のNHK放送センター正面玄関ロビーにおいて全国各地の... 続きを読む

[Viva! Storage]Vol.04 4K/8K制作の要となるSSDの転送速度を徹底比較~現場での使用を想定実験

txt:猿田守一 構成:編集 制作の要!気になるメディアの転送速度を試してみた 4K/8K放送がいよいよ開始となる昨今、業務用カメラやコンシューマーカメラにもいよいよ4... 続きを読む

[Point of View]Vol.93 AJA Video Systems導入事例~映像制作の教育現場を支える強力な入出力デバイス「AJA Io XT」

AJA社のIo XTは、Thunderboltの10Gbps帯域幅を利用して強力な編集システムを構築できる入出力デバイスである。そのパワフルな入出力機能で編集システムの屋台骨を支え... 続きを読む

[Viva! Storage]Vol.03 これからの4K/8K制作に必要なPC環境を問う

txt:林和哉 構成:編集部 いよいよ4K/8K制作環境が整う時代に ますます4K/8Kコンテンツの制作が求められている昨今。ちょっと前まで 「4Kなんていらない... 続きを読む

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 編集部 > [Report Now!]富士フイルム、自由な位置から投写できる同社初の2軸回転機構レンズ搭載プロジェクター「FP-Z5000」の新製品発表会を開催