PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 鍋潤太郎 > [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.103 米インテルがハリウッドに仕掛けた新戦略 インテル・スタジオとは?

News

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.103 米インテルがハリウッドに仕掛けた新戦略 インテル・スタジオとは?

2019-04-23 掲載

© 2019 Intel Corporation
直径32メートルもあるボリューメトリックキャプチャー・ステージ。人物と比較すると、その巨大さが見てとれる(画像提供:インテル・スタジオ)
txt:鍋潤太郎 協力:Intel Studios 構成:編集部

はじめに

昨年のCES2018にて行われたインテルの基調講演で「インテル・スタジオ(Intel Studios)」が発表されて1年余り。今年のCES2019を訪問された方は、インテルのブースで展示されていたVRデモを目にされた方もおられる事だろう。

「あの」半導体のインテルがハリウッドに仕掛けた戦略とは?今回は、インテル・スタジオのご協力により、その詳細をご紹介させていただく事にしよう。

インテル・スタジオとは

ロサンゼルス国際空港から程近い、マンハッタン・ビーチのエリアに、大規模な撮影スタジオ施設「MBSメディア・キャンパス」がある。ここは全16の撮影ステージがあり、映画やテレビドラマ等の撮影が行われている。この撮影ステージのうち1つをインテルがリースし、2018年に正式オープンしたのがインテル・スタジオなのである。

巨大な撮影スタジオ施設MBSメディア・キャンパス(筆者撮影)

インテル・スタジオのトップが語るスタジオの概要

インテル・スタジオがオープンしてから、興味を持った著名映画監督やシンガー、ダンサー、スポーツ選手、エージェンシーなどが相次いでスタジオを訪れており、中には海外からの問い合わせもあるという。

ではここで、インテル・スタジオのトップにお話を伺い、スタジオの概要についてお話を伺ってみる事にしよう。

ディエゴ・プリルスキー氏 インテル・スタジオ / ジェネラル・マネージャー
Diego Prilusky – Intel Studios / General Manager
© 2019 Intel Corporation
――インテルは半導体素子メーカーとして知られています。私の知る限り、インテルはこれまでVFXやXR等の映像関連部門を持っていませんでした。昨年の CES2018で「インテル・スタジオ」の発表が行われたのは記憶に新しいところですが、その概要は意外と知られていません。まず、インテル・スタジオの概要について、お聞かせ頂けますか?

プリルスキー氏:インテル・スタジオは、次世代の没入型メディアを対象とした、大容量コンテンツの制作を専門とする最先端のスタジオです。

ロサンゼルスのマンハッタン・ビーチという、エンターテインメント業界の中心に位置するインテル・スタジオは、世界最大のボリューメトリック・ビデオ・ステージと、インテルの比類のない技術リソースと専門知識、コンピュート・パワー、データセンター処理によって実現されるポスト・プロダクションとコントロール機能を備え、ボリューメトリック・ビデオによる臨場感のある没入型体験を実現します。

キャプチャされたボリューメトリック・データは、全長さ8kmのファイバーケーブルを介して、カスタムのインテル製グラフィックス・ワークステーション、およびサーバーに転送されます。 10秒あたり1TB以上のデータを扱う事が可能です。

インテル・スタジオは、AR/VR/MR、モバイルアプリ、オンラインなど、様々なプラットフォームでコンテンツを使用するための「エンドツーエンド」のボリューム没入型メディアのプロダクションを提供しています。

© 2019 Intel Corporation
スタジオの入り口はこちら(画像提供:インテル・スタジオ)
――インテル・スタジオは、MBSメディアキャンパスと呼ばれる撮影スタジオの中の、大きな撮影ステージを丸々1つ使用しています。ここマンハッタン・ビーチにスタジオをオープンした理由は何でしょうか?

プリルスキー氏:没入型メディアは、「これまでにないような視点から撮影することが出来る」という、新しいストーリーテリングの可能性の世界を開きます。

例えば、監督は、外側から眺めるだけでなく、内側から眺めた視点のように、斬新なシーンを創造することが出来ます。また「観客」は、アクションの途中であっても自由に場所を変えたり、任意の視点から鑑賞する事が可能です。そして最終的に自分が望むような没入体験をコントロールすることができます。

こういった新しいビジョンを実現するために、私たちは大規模なスタジオ・スペースを探す必要がありました。MBSメディアキャンパスの映画撮影用のサウンド・ステージは、まさに私たちが必要としていたものでした。そこで、ボリューメトリック・ビデオのプロダクション、大人数のパフォーマーを1度にキャプチャー出来る次世代のプロジェクトを制作するため、10,000平方フィート、直径32メートルという巨大なドームを持つ、他に類を見ないスタジオを設立したのです。

――PRONEWSの多くの読者の方は、「ボリューメトリック・ビデオ」や「ボリューメトリック・キャプチャ」について、まだあまりお馴染みでないかもしれません。具体的に、どのようなものなのでしょうか。また、既存のモーションキャプチャと異なる点は何でしょうか?

プリルスキー氏:モーションキャプチャ・システムは、センサーの位置情報などのキネマティック・モーションの記録を可能にしますが、ボリューメトリック・キャプチャは3D画像の記録を可能にします。言い換えれば、「光をボクセルデータへ記録する」プロセスです。

ボクセルは、光と色だけを表す平面のグリッドではなく、3次元立体のピクセルのようなイメージで、その構造はX/Y/Z軸上の空間に配置された立方体のようなものです。

ここに記録された情報を基に、マルチ・パースペクティブの3Dバーチャル・シーンをレンダリングする事が出来、見る人はあらゆる角度とパースペクティブから、複合現実感の中で6DoFを体感する事が可能なのです。

――どのようにしてボリューメトリック・キャプチャを行うのでしょうか。

プリルスキー氏:ボリューメトリック・ビデオをキャプチャするためには、様々な手法があります。インテル・スタジオのドームには、これを実現する為、96台という膨大な数のカメラ・センサーが装備されています。また、没入型のインタラクティブな体験を生み出すために、民生用のデプス・カメラも装備しています。

© 2019 Intel Corporation
直径32メートルのドーム上に配置された5Kのカメラ96台が、ボリューメトリック・テクノロジーによって大人数のパフォーマンスを捕らえ、自社開発ツールを介して連番の3Dデータ(ポイントクラウド)に変換される(画像提供:インテル・スタジオ)
――デモ映像や、プロモーション映像等は公開されているのでしょうか?

プリルスキー氏:はい、現在のところ下記の5作品がオンラインでご覧頂けるようになっています。

こちらは昨年インテル・スタジオをオープンする際に、プロモーション用映像として制作したものです。

映画「グリース」(1978)の40周年を記念して、インテル・スタジオとパラマウント映画のコラボレーションにより開発&制作が進められている、最新テクノロジーを使った没入型メディアのメイキング・クリップです。

‘Grease’ at 40: Volumetric Capture at Intel Studios Celebrates Iconic Movie

プリルスキー氏:昨年、インテルとパラマウント映画は、ハリウッドの映画製作における「没入型体験」の可能性を探るための共同開発を行う計画を発表しました。その第1弾として、今年は映画「グリース」をモチーフに革新的な技術を採用した作品を制作中です。私たちは、映画「グリース」という70年代の象徴的な映画に、新しい視点と、ボリューメトリック・キャプチャによる新しい可能性を示したいと考えています。

インテルとパラマウント映画がパートナーシップを組んだ中で最もエキサイティングなポイントは、私たちインテル・スタジオに「没入型メディアの未来を開発する機会が与えられた」という事にあります。私達は、ボリューメトリック・テクノロジーを駆使する事によって、如何に映画のワンシーンを3D空間でキャプチャするか?という新しい次元の表現方法に挑んているのです。

このクリップは、スポーツ分野での応用例になります。普通のカメラで撮影された実写映像と、ボリューメトリック・キャプチャによる3DのVFXとのコンビネーションで構成されています。

YouTube Soul and Scienceチャンネルより

タイロン・ウッドリー(元UFC世界ウェルター級王者)
モー・バンバ(NBA選手)

プリルスキー氏:サンダンス映画祭 2019のニュー・フロンティ・エキシビッションにて初披露が行われた、シンガー/コメディアンのレジー・ワッツによるVR作品「Runnin’ VR」のYouTubeクリップです。このクリップでは、インテル・スタジオの施設や撮影風景、VR映像を見る事が出来ます。

New Frontier: Runnin’ VR

プリルスキー氏:この「Runnin’ VR」は、SXSW2019のフィルム・フェスティバルにおいて、バーチャルシネマ部門/審査員特別賞カテゴリ:インタラクティブを受賞しました。

――今後、どのような市場展開を目指しておられますか。

プリルスキー氏:私たちはXR(AR-拡張現実感、VR-バーチャルリアリティ、MR-複合現実感)分野での新しいコンテンツを目指しています。私達の日常生活の中でもテクノロジーは日進月歩で進歩を遂げていますが、その中でも没入型メディアは革新的と言えるのではないでしょうか。

近年の消費者は、より個人的かつインタラクティブな体験を好み、自分で自由自在にコントロールする出来る体験を求めています。

没入型メディアは、これまでにない視点から映像を捕らえ、現実世界とデジタル・ワールドを融合させて、物理的オブジェクトとデジタルオブジェクトが共存する、革新的な環境とビジュアライゼーションを作り出すことで、ストーリーテリングの新しい可能性と世界を開きます。

© 2019 Intel Corporation
インテル・スタジオのドームでキャプチャーされたポイントクラウドを使用して、VRの体感テストを行うVFXクルー(画像提供:インテル・スタジオ)
ダニエル・リーヴァス・パーペン氏 インテル・スタジオ / ポストプロダクション総括
Daniel Rivas Perpén – Intel Studios / Head Of Post Production
© 2019 Intel Corporation
――インテル・スタジオでは、Houdiniを駆使しているそうですが、 Houdiniを採用した最大の利点は何でしょうか?

パーペン氏:利点は大きく別けて2つありました。

まず1つには、Houdiniは膨大なデータ量のポイントクラウドを扱う能力に優れている、という事があります。

2つ目は、Houdiniはアトリビュートを自由に設定出来るので、様々なアプローチでポイントクラウドを容易にコントロールする事が出来ます。特に、ボリューメトリック・プロジェクトと言う、まだ歴史の浅い分野のR&Dにおいては、Houdiniが持つフレキシブルさが大変重宝しています。

――ポイントクラウドを生成するプロセスは、自社開発だそうですが。

パーペン氏:インテル・スタジオの撮影ステージに設置された、直径32メートルのドーム内に設置された96台のカメラで同時に撮影を行い、この実写映像からポイントクラウドを生成する為の自社開発ソフトウェアと独自パイプラインが開発されました。

こうして生成されたポイントクラウドは、HoudiniやNuke等のVFXツールでポスプロを行った後、ニーズに応じて様々なフォーマットに出力します。

――インテル・スタジオのボリューメトリック・キャプチャの、長所と短所はありますか?

パーペン氏:現時点での長所は2つあります。

まず1つには、少人数のみならず、大人数のグループ(ダンサー、バンド、バスケットボール等のスポーツ選手、俳優、動物など)でのパフォーマンスを一度に撮影し、そこからポイントクラウドでの3D動画データが取り出せる点にあります。生成したポイントクラウドを3Dパッケージに読み込めば、後から自由にカメラの動きをつける事が出来ます。これにより、さまざまなジャンルへの応用が可能となります。

2番目としては、パフォーマンスや動き、そして形状を忠実に記録する事が出来る点です。ポイントクラウドにはパフォーマーの実際の動き、姿、そして色までが忠実に記録されます。

例えばバレリーナのパフォーマンスを撮影してポイントクラウドを生成する際、ダンサーの動きや衣装、そして色が、そのまま膨大なポイントに変換され、3Dのポイントクラウドとして出力されます。モーション・キャプチャのように、撮影前にセンサー等を取り付けたり、パフォーマーの形状や骨格に応じて調整する必要がありません。

撮影する対象が、例えバレーダンサーであっても、私の息子が大好きなアンパンマンやメロンパンナ等の着ぐるみであっても(笑)、その演技を忠実に記録出来ます。

短所は今後改善されていく予定ですが、現時点での最大の制約は、市販されているカメラの規格に大きく依存する点です。

現在使用しているカメラの解像度は5Kですが、ポイントクラウドを生成する細部ディテールが得られるには、まだ限界があります。例えば、大勢のダンサーのパフォーマンスを、直径32mのドーム全体をカバーした5Kカメラで撮影した映像を見ると、それぞれのダンサーの顔は十分に認識出来ますが、画像を拡大して見ると、顔のクローズアップや微細な表情を捉えるには、どうしても情報量がまだ不十分と言えます。これらは、カメラセンサーの性能に依存する制約ですので、より高解像度規格のカメラが市場に出れば、すぐに克服出来ると確信しています。

――パフォーマンスを記録できる秒数はどのくらいですか?また、何ショットくらい撮影出来るのでしょう?

パーペン氏:現時点では、1ショットの長さは約30秒まで、そして1日の撮影で約100ショットがキャプチャ可能です。

――現在対応しているフレームレートや、色深度はどのくらいでしょうか?

パーペン氏:こちらもカメラの規格に大きく依存しますので、30FPS、色深度は8ビット(2019年3月現在)です。しかし、近日中に更にハイスペックなカメラへのアップグレードを予定しており、これによってクオリティが大きく向上する事が期待出来ます。私たちはこの「一歩前進」に大変興奮しています。

おわりに

今回インテル・スタジオを実際に訪問してみて、スタジオ施設のスケールの大きさに驚くとともに、アイデアの斬新な切り口に興味を覚えた。

同スタジオのウリは、なんと言っても大人数を一度にキャプチャ出来る事なので、例えばアイドルグループのパフォーマンスのVR化など、その可能性はいろいろと広がりそうである。「日本からのプロジェクトも、是非お待ちしております」という事なので、興味をお持ちの方は、是非ともチェックされてみては如何だろうか。


WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


[ Writer : 鍋潤太郎 ]
[ DATE : 2019-04-23 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.104 ハリウッドにおけるコンテンツのデジタル配信 プロにお話を聞いてみました

1年間に配給されるハリウッド映画の本数も膨大な数に上る(LAの映画館にて筆者撮影) txt:鍋潤太郎 構成:編集部 はじめに 全世界に向けてディストリビューション(配給)... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.102 第17回VESアワード受賞式 スペシャル・レポート

txt:鍋潤太郎 構成:編集部 はじめに 2月5日(火)夜、ロサンゼルスのビバリー・ヒルトンにおいて、第17回VESアワード授賞式が開催された。会場のエントランス付... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.101 第91回アカデミー賞VFX部門のノミネート作品を決定する「BAKE-OFF」に参加してみる

取材:鍋 潤太郎 構成:編集部米国映画芸術科学アカデミーの建物(ビバリーヒルズ) はじめに 1月に入り、ハリウッドは映画の賞レースのシーズンの幕開けとなった。1月6... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.100 連載100回記念 ~ILMエグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクター、ロブ・ブレドウ氏による講演

画像提供:© 2018 ACM SIGGRAPH 取材&写真:鍋 潤太郎 協力:ウォルト・ディズニー・ジャパン 謹賀新年 ついこの前、夏のバンクーバーでSI... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.99 LA SIGGRAPH月例会「VR+AR=XR:EVERYWHERE IN YOUR BROWSER」

取材&文:鍋 潤太郎 構成:編集部 協力:Leonard Daly / LA Siggraph 技術用語 日本語表記 監修&協力:安藤幸央(シーグラフ東京) はじ... 続きを読む

WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 鍋潤太郎 > [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.103 米インテルがハリウッドに仕掛けた新戦略 インテル・スタジオとは?