PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 編集部 > [Exploring ZEISS eXtended Data]Vol.03 マリモレコーズ×フィニット対談編~eXtended Dataのレンズデータが撮影部と…

News

[Exploring ZEISS eXtended Data]Vol.03 マリモレコーズ×フィニット対談編~eXtended Dataのレンズデータが撮影部とCG部にもたらした効果とは?

2019-10-31 掲載

txt・構成:編集部

CG合成ワークフローを大きく変えるeXtended Data

カールツァイスから、eXtended Dataの幅広い認知と活用を目指して、検証実験の意味を含めて1本のリールを制作して貰えないか、とマリモレコーズ社に打診があったのが今年初夏。そこからマリモレコーズでは実機検証も踏まえつつ、実際のCG合成作業を行うフィニット社との打ち合わせが始まり、ここで紹介する映像「MORPHO」に結実した。

Vol.03では、MORPHOの試写で集まった撮影部とCG部のスタッフにご協力を頂き、eXtended Dataワークフローをテーマにした座談会を開催した。撮影部側のマリモレコーズからチーフディレクターの江夏由洋氏とディレクターの渡辺知憲氏、CG部側のフィニットから武田貴之氏、脇坂宝氏、足立直氏に集まって頂いた。近年、重要度が増しているレンズデータの中でも、eXtended Dataの場合はどのような効果があるのか?具体的なメリットなどについて語って頂いた。

左から、フィニットの取締役 武田貴之氏、CGディレクターの足立直氏、プロデューサーの脇坂宝氏
有限会社フィニット
2001年2月設立。CMを中心とした、PV、モーターショー映像等におけるVFX・CG制作、VRコンテンツの制作、コンポジット・ディレクションなどを行っている
「Shot on ZEISS CP.3 XD Lenses」のメイキング動画

困難だった撮影現場でのレンズ特性情報の収集をeXtended Dataで軽減

――今回はeXtended Dataワークフローを使って、どのようなことにチャレンジされましたか?

江夏氏:企画段階では、eXtended Dataが特長のディストーション補正って「それって需要があるの?」というのが本音でした。確かに後から焦点距離のmm数がわかるというのは助かります。しかし、焦点距離や被写体までの距離は、たぶん僕らの制作レベルでは使わないのでは?とそんな感じでした。

ただ、CGスタッフにお聞きすると、広角で壁や床、直線的なものに対して、何か合成をする場合には、やはりディストーションがきちんと取り除かれた(補正された)状態で合成をしないといけないです。今回の作品でもカメラが常に動いているので、当然、トラッキング(実写映像から撮影されたカメラの動きを解析すること)がうまくいかないとそこに当然違和感が生じています。映像を観ているだけの人には実写とCGの辻褄あわせの大変さは伝わりません。僕も把握しなかったことなのですが、実はそこに手間が膨大にかかります。それをeXtended Dataを活用することで、回避できるということでした。

そこで、eXtended DataがどのようなメリットをCGにもたらすのか効果を実証するために、あえて厳しい撮影条件を設定しました。ロケーションは直線的なビルが建ち並ぶ場所にして、そこを広角レンズでくるくると回転しながら撮影して、その実写画像の端までCGで合成するという企画はここから生まれました。

チーフディレクターの江夏氏
――eXtended Dataワークフローを使った「MORPHO」の制作で難易度が高かった点はどこでしょうか?

渡辺氏:実務で圧倒的に難易度が高かったのは、CGチームが担当するポストプロダクション工程でした。これは時間的(納期)にも物量的(撮影カット数)にも大変でした。

今回はカメラが動き回るため、実写被写体とCG背景が自然にマッチムーブ(トラッキングの解析結果をCG上で一致させて、実写映像とCG映像の動きを合成すること)できるのか不安でした。

撮影現場にはCGを制作を担当していただくフィニットさんに来ていただき、カットごとに「これは間違いなくトラッキングできる」と裏付けしながら撮影を行いました。ポスト段階の確認では、eXtended Dataのおかげでマッチムーブの精度が高いのには驚きました。

ディレクターの渡辺知憲氏 幕張ベイタウンで行われた実写映像の撮影現場より。モニターを確認する江夏氏とカメラをコントロールする渡辺氏
――CG部はコマーシャルやテレビドラマ作品撮影で現場に入ってレンズ特性情報を取得したり、環境撮影することは多いのでしょうか?

武田氏:基本的に、CGが絡むところは必ず立ち会うのが一般的です。CG部の役割は、業界全体で理解が進んでいます。CMドラマ、映画関わらず、CGが関わるところはなるべくCG部が入ります。そして、カメラマンやカメラマンのアシスタントから、カメラのレンズデータを聞いたり、手書きメモをもらいます。

その際に、記録に選んだ撮影サイズと画素数のメモも大事です。スーパー35mm判の時代は、レンズの特性情報だけでもなんとかなりました。それが、REDのようなラージフォーマット対応カメラですと、撮影解像度によって撮像面積が変化します。カットによってHSで撮っているのか?コマ数によって撮像エリアと面積が大きくなったり、小さくなったりするので、その辺りも確認が必要です。これまで見落としたり、聞き漏らしたりすることは結構ありましたが、結局最終的に目視で作業することもありました。

現場は香盤に従って動くので、正直ポスプロ側の意見は若干弱いと感じます。現場は、タレントさんや天気などの都合を優先させて進みます。そのあとに、私達がレンズ補正データ取得用のグリッドを撮ります。最近は環境撮影も本番が終ってから撮ります。撮影と平行して撮れるのが理想ですが、若干のタイムラグが生じて撮影しているのが現状です。

今回、レンズ特性情報を出力可能なツァイスのeXtended Dataを使う現場は初めてです。eXtended Dataを使うことによって、これまでの撮影現場での情報収集作業なしでも必要な情報がすべてデータに収録されました。われわれもカメラマンもすごく助かりました。

フィニットの武田氏 幕張ベイタウンの撮影現場より。グリッドの撮影の準備をする足立氏と脇坂氏

完成度の高いカメラトラッキングが可能で、完璧なマッチムーブを実現

――eXtended Dataは、ディストーション補正を特長としていますが、一般的には「ツァイスのレンズは歪まない」と評価が高いです。皆さんはどのように感じてらっしゃいますか?

江夏氏:広角は必ず歪みます。歪まない広角はありません。…っと通説はそうですよね。

もう一点言うと、みんな歪んだり周辺光量減光をするのが好きなんですよ。ビネット効果というのがカラーグレーディングのプロセスにあります。わざわざ周辺解像度を落としてまで、リアルなものにしたい考えがあるぐらいです。

渡辺氏:歪まないと逆におかしく見える場合もあります。ツァイスのレンズは確かに質が高くて歪みは大変に少ないです。しかし、歪みが凄く少な過ぎると広角に見えないこともあります。おかしいと思って、よく見たら歪みのなさが原因だったということがりました。

江夏氏:実際、ツアイスのレンズはほとんど歪んではいません。35mmと50mmはアンディストーションをかけても、そこまで大きな補正にはなりません。ほんの少しだけ補正されるぐらいです。

武田氏:ただし、少しでもディストーションが生じていると場合、トラッキングはうまくいきません。例えば今回のように周辺部分にあるビルなどは歪んでいるため、トラッキングソフトでは動いているように判断します。パンの時に周辺が歪むということは、ビルがぐらぐらしていると認識してしまい、結果マッチムーブはずれてしまいます。なので、必ずトラッキングをする前にディストーションは補正しなければいけません。

これが本当に大変な作業なのです。特に、今回みたいに回転しながらワイドレンズで仰角をつけてる要素が加わってくると 意外と苦労します。経験上補正できないものはないと思っていますが、苦労します。

歩く女性の背景で、次々と形を変えていく建物群。カメラが動き回るカットは28mmのワイドレンズで撮影 幕張ベイタウンの撮影現場より。メインカットのカメラは手持ち撮影で行われている

eXtended Dataで迷いがなくなる。クリエイティブなことに使える時間が増える

――eXtended Dataのメタデータで周辺減光とディストーションが補正できるメリットを教えてください

足立氏:大幅に作業の手間を軽減できます。まず、グリッドを使って補正する場合は、レンズが変わるごとにグリッド撮影しなければいけません。センサーサイズが変わった場合は、調節をしないといけません。ツァイスのプラグインで自動的にできるようになると、その工程がすべてなくなります。

1カットだったらグリッド撮影も負担ではありません。しかし、何十ものカットをさまざまなレンズで撮影するとなると、いちいち補正情報をダウンロードしてきてそれをアンディストートのは大変な作業になります。

また、カメラの撮影データはカメラアシスタントの方に協力をいただくのですが、撮影中の時間がない中でメモしているので読めないことがあります。CG部側で提供していただいた情報で進行して、トラッキングまで行ったところで誤りであることに気が付き、もう一回アンディストーションの工程に戻らないといけないことがよくあります。

ツァイスのWebサイトで公開されているLensCorrectionノードだけ入れれば一発で補正可能で、ボタン1つでできるのはすごいありがたいと思いました。トラッキングさえ集中してやればよく、大幅に時間の節約が可能だと思います。

脇坂氏:私の場合も目合わせの作業は、合っているのか?合っていないのか?他の人に聞きますので、進んだり、戻ったりすることがよくあります。目視で合わせて、監督に見せて、OKと言われてやっと進める。eXtended Dataなら物理的に合っている。迷いはなくなり、自信をもって「合っています」と言えます。そういう意味で、eXtended Dataを使う意味はありますね。

ディストーションもアンシェードもそうなんですけれども、悩むことが減ればクリエイティブなことに使える時間が増えます。CGで悩むことが減るのが、コンポジターにとって本当にすごくありがたいです。

フィニットの足立氏
――江夏氏は今回の作品をeXtended Dataを活用したワークフローで制作されて、どのようなことを感じましたか?

江夏氏:ワークフローがどんどん新しくなっていることに驚きました。僕らが撮影するタイミングでREDのカメラ側レンズマウントからeXtended Dataのメタデータを読み出してR3Dファイルに記録することができるようになりました。今回は単焦点を使いましたが、焦点距離やアパチャー(絞り値)などの様々な情報がリアルタイムでタイムコードともに記録されます。コンポジットする際にそのデータを使えば色々な作業が楽になります。

また、ポストプロダクションの作業では、Injection Toolが登場するまで、Silverstackと呼ばれるDITが使うインジェクションツールを使っていました。これまではREDで撮影をして、Silverstackを使ってR3Dファイルのメディアからコピーしますが、そのコピーする際に一緒にzlcfファイル(ZEISSレンズ補正ファイル)を書き出していました。

例えば、A01というカットのフッテージがった場合は、そのA01に対してのzlcfファイル、A02に対してのzlcfファイルというように、各ファイルを各クリップに対して1つずつ生成していました。After EffectsやNukeにその素材を読み込むときに、その素材のタイムラインにツァイスから支給されているプラグインをかけることで、そのzlcfファイルを読みに行かせて、そのカットに対してアンディストーやアンシェードを適正をしていました。このとき、ワークフロー的には毎回Silverstackを使ってフッテージをコピーしてからZLCFファイルを生成する必要がある、ということがやや手間でした。

ところが今年8月、ツァイスはSilverstackと同様の作業を実現できるInjection Toolの無料配布を開始しました。コマンドプロンプトで動くEXEファイルですが、これで年間6~7万円のSilverstackを使わなくても、eXtended Dataを抽出できるようになりました。

SilverstackはもともとはDITが購入するハイエンドなデータマネジメントソフトウェアで、その付加機能のひとつであるZLCFファイルの生成のためだけにポストプロダクション側で年間ライセンス料を払うのはハードルが高いと思います。Injection Toolのリリースは、eXtended Dataのワークフローが広がる大きな一歩じゃないかなと感じています。

カメラはカメラ側レンズマウントからeXtended Dataのメタデータを読み出してR3Dファイルに記録できるREDのMONSTROが使用された

課題は撮影部とCG部の両スタッフがレンズ特性情報の意識を高めること

――今後、eXtended Dataを広めていくための課題はどんなことでしょうか?

武田氏:撮影部は、eXtended Dataを導入してもフォーカスと絞り情報がモニターに表示される以外には特に恩恵を受けるわけではありません。カメラが6Kや8Kの解像度になると、画にはっきりとした違いがでてきます。しかし、それと同じぐらいレンズ特性情報って重要なのですが、そこまで全制作スタッフの意識が薄いというのが実情です。

今後は、われわれCG側が積極的に広めていく手はあるのかもしれないと感じています。

渡辺氏:撮影部側は、今回のようにCG部との密なやり取りを一回体験すれば便利さを分かってくれると思います。撮影部は導入するだけで何もやらなくていい。eXtended Data対応のレンズを選択するだけでいいです。そんなに難しいことではないと思います。

あとは製作費の中で、そのレンズやカメラが、レンタル予算の中にはまるかはまらないか、というところですよね。eXtended Data対応のレンズを使わなかったときのCGスタッフ側の作業量を金額に換算したときにどのようになるのか?多少レンズが高かったとしても、作業料金のほうが高いかもしれない。そこはわかりやすい形で、その金額として出すこともできるでのはないでしょうか?

武田氏:実情を言うと、レンズの歪みのディストーションを戻す作業は、見積もりの中にはありません。ディストーションを戻すのはごく普通の行為として認識されており、CG側としてもディストーションは当然元に戻すものという意識で作業を行っています。

ディストーション補正がきちんと料金として発生していて、その項目がeXtended Dataを使うことでなくなるのであればわかりやすいですが、見積書には、「ディストーション補正」という項目はなく、このあたりは今後の課題かとと思います。

――CGと実写合成の現場で、今後、eXtended Dataの活用は進みそうですか?

江夏氏:CGのポストでは今回有効に使用できました。今回に限らず実写合成においては、一回使うとやめられない。今後は必要なワークフローになるのではと思います。

eXtended Dataは、富士フイルムのラージフォーマット対応ズームレンズ「Premista」にも搭載されます。ツァイスがeXtended Dataを富士フイルムさんに「ぜひ載せてください」と技術を無償で提供したことに僕は驚きました。これまでのズームレンズの場合は何mmで撮っているか後からわかりませんでした。しかし、このeXtended Dataは、その瞬間が、何mmなのかしっかりとレンズ特性情報として記録され、完璧なCG上でのカメラマッチングを行うことができます。

今回はプライムレンズだったので、15mmのレンズを使えば焦点距離は15mm固定のままですが、eXtended Data自体は、フォーカスの位置も時間軸で撮れて、ズームレンズを使えば焦点距離のmm数も完璧にわかるようになります。今後、シームレスにピントが動いているようなものに関しては、こういったレンズが恐らくCG合成に限らずいろんなところで活用されていくのではないかなと思います。

eXtended Dataはより身近に、今後はもっともっと良くなるでしょう。来年ぐらいには、ズームレンズでもeXtended Dataが活用できるようになれば、このワークフローはもっと標準的になってくると思います。

富士フイルムのラージフォーマット対応シネマカメラ用ズームレンズ「Premista28-100mmT2.9」は、ファームウエアアップデートでZEISS eXtended Dataへの対応を予定している

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


[ Writer : 編集部 ]
[ DATE : 2019-10-31 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Viva! Storage]Vol.07 Samsung Portable SSD T5とSIGMA fpの使用レポート

txt:照山明 構成:編集部 Samsung Portable SSD T5×SIGMA fpで実現するワークフロー ほとんど、というかまったく情報のリークもなく、先日... 続きを読む

[Exploring ZEISS eXtended Data]Vol.02 ポスプロ工程合理化の方法とは?実践・eXtended Dataワークフロー

txt・構成:編集部 ショートムービー「MORPHO」が実現するまで マリモレコーズとCG制作を手掛けるフィニットは、カールツァイスからの打診でeXtended Dat... 続きを読む

[Exploring ZEISS eXtended Data]Vol.01 CGと実写合成に関わるスタッフは必見。レンズ特性情報を得られるZEISS eXtended Dataの魅力とは?

txt・構成:編集部 eXtended Dataを活用したVFXワークフローが今明かされる NABやIBCで、シネマカメラ用レンズの新製品発表が続いている。各社ラージフ... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.57 バイオスEclairPRO USB3.0 Portable Storageシリーズ「EP25CB3」レビュー

txt:千葉孝 構成:編集部 セキュリティ対策抜群のHDD~EclairPRO USB3.0 Portable Storage 皆さんの撮影現場で撮影データのバックアッ... 続きを読む

[Viva! Storage]Vol.06 Blackmagic RAWデータの転送・編集をコスト面、運用面で快適に~Samsung Portable SSD X5活用術

txt:宏哉 構成:編集部 Samsung Portable SSD X5を活用してBlackmagic RAWを編集してみた 前回は、Samsung Portable... 続きを読む

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 編集部 > [Exploring ZEISS eXtended Data]Vol.03 マリモレコーズ×フィニット対談編~eXtended Dataのレンズデータが撮影部とCG部にもたらした効果とは?