PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Inter BEE 2014の歩き方]Intro:今年も始まる映像の祭典にようこそ!

News

[Inter BEE 2014の歩き方]Intro:今年も始まる映像の祭典にようこそ!

2014-10-30 掲載

映像祭典の季節到来!

1年は長い様であっという間だなと感じるのはまさに11月を迎えるこの時期。“もうそんな季節か?”とみなさんも思いが過るのではないだろうか?そう、今年も映像関係者には見逃せない「Inter BEE 2014」(#interbee)開催の季節である。そんなInter BEEは、今回で50回目を迎える記念すべき年を迎えた。

今年は11月19日より3日間、例年通り幕張メッセで開催される。映像に関わる人間にとっては、1年に一度のお祭りだ。もちろんPRONEWSは今年もInter BEEを盛り上げるべく、会期中の3日間は、余すところなくレポートしていくので期待してもらいたい(詳しくは特設サイトを!)。

Inter BEE 2014は、50回目を記念して、会期2日目に、スペシャルイベント“Inter BEE EXPERIENCE”が開催される。第1部は、各社ラインアレイスピーカーが大音量で試聴体験できる。第2部は、ライゾマティクス・プロデュース「映像・音響・照明・パフォーマンス」を融合した日本発・世界発信のライブエンターテインメントとパーティーが開催される。

Inter BEE主催者側も臨機応変に時代の波をキャッチアップするように、映像業界のトレンドも大きく変わろうとしている。引き続き今年のテーマも4K / 8KをキーワードにHigh Resolutionと言える。PRONEWSでも高解像度な映像制作を可能にするテクノロジーや製品の話を中心に扱ってきた。8月末の総務省発表による4K / 8Kの高解像度放送開始までの前倒しスケジュールのタイムラインを考えると、それに関わる技術動向は大いに気になるところだ。

この現実を目の当たりにするのがInter BEE 2014の会場であると言える。情報解禁日までアップデートを続けるつもりだが、現場を巡れば、これらの流れ受けを産み落とされたカメラやプロダクト動向が多く並ぶだろう。

最小限の力で最大の効果をもたらす“Inter BEE 2014の歩き方”をご用意!

2014_10_intro_50th

新しい試みが為されるInter BEE 2014。会場の方も変化がある。今年は、1ホール増床され、Hall1から6までが使用される。

目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2014の歩き方」をお送りする。歩き方は、5コース用意。各コースにつき見逃せない約10ブースをピックアップ。限られた時間しか会場を見て回れないという人が2~3時間で回り切ることができるブース数を想定したラインナップだ。

今回の基本5コースを参考にしてもらえれば、もう今年のInter BEEを掌握したも同然。これでInter BEE 2014を全方位で捉えられる。ブースや情報が正式確定後、スマートフォンやタブレットでも使用可能なPDF版オリジナルマップも開催直前に公開するので楽しみにしてほしい。もちろん会期中は幕張メッセ内にて配布予定だ。

Inter BEE 2014の歩き方 オリジナルガイドマップ無料配布中!

[Inter BEE 2014の歩き方] Aコース

[ Category : , ]
[ DATE : 2014-10-30 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2014]オートデスク/ビジュアルグラフィックス/エヌジーシーブース:世界レベルのアーティストによるフィニッシングデモやFlame Premiumの実機デモを実施

Flame Award最優秀賞受賞アーティスト、ビーコ・シャラバニ氏のスペシャルセッションを実施 今年のオートデスクブースは、オートデスクの販売代理店のビジュアルグラフィックスと... 続きを読む

[InterBEE2014]Avidブース:4Kに対応したMedia ComposerやJaprsとの連携をアピール

新メディアコーデックのDNxHRによって編集機は従来のまま4Kに対応可能 ブース最大の注目は、4Kに対応したMedia Composerの新バージョンだ。デモでは、プロジェクト解... 続きを読む

[InterBEE2014]RAIDブース:MoVI M15や4K支援システムSmallHDなど、話題の製品を一挙展示

ソニーPMW-F55での運用も可能なMoVI M15が登場 注目の新製品はFreeflySystemsのMoVI M15だ。MoVI M10はカメラの許容重量が5.44kgだ... 続きを読む

[InterBEE2014]ティアックブース:DR-70DなどのDSLR向け新製品を多数展示

PCMレコーダーは民生機を初めとして様々な製品が市場に出回っている。ステレオマイクを搭載したタイプはCDクオリティを超えた収録が行えるのが当たり前となり、すでにデジタル一眼用など特... 続きを読む

[InterBEE2014]オタリテックブース:GENELECのSmart Active Monitorシリーズの新ラインナップを展示

スピーカー、ミキサー、プロセッサーなど様々なオーディオ製品を扱うオタリテックは、新製品としてモニタースピーカーとして定評のあるGENELECのSmart Active Monito... 続きを読む

[InterBEE2014]ヤマハブース:音の入口から出口までをカバーする製品を展示

ヤマハは今年もグループ会社であるSteinbergやNEXOとともに音の入口から出口までをカバーする数々の製品を出展し、ライブサウンドからブロードキャスト、ポストプロダクションに至... 続きを読む

[InterBEE2014]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:マイクやミキサーなどのイベント向け機材を幅広く展示

ヒビノはヒビノプロオーディオセールス Div.や、ヒビノクロマテック Div.などの関連部門およびグループ各社で共同出展しており、マイクやミキサー、アンプ、スピーカーといったオーデ... 続きを読む

[InterBEE2014]AJAブース:4Kプロダクションカメラ 「CION」が待望の国内初展示

4K収録は ProRes 444やProRes 422に対応、AJA RAWの出力も可能 CIONについて話を聞かせて頂いたAJA Video Systemsのプロダクトマー... 続きを読む

[InterBEE2014]銀一ブース:Steadicamの新製品から話題のタイムラプスユニット「Genie」などを展示

Steadicam初のモジュラータイプシステムを採用した「Steadicam M1」 ステディカム初のモジュラータイプシステムSteadicam M1。22kgまでの搭載重量... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。

トップ > 特集 > [Inter BEE 2014の歩き方]Intro:今年も始まる映像の祭典にようこそ!