PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [After Beat NAB SHOW 2018]Vol.03 これまでの放送と、これからの放送〜HDRとSDRがもたらすものとは

News

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.03 これまでの放送と、これからの放送〜HDRとSDRがもたらすものとは

2018-06-08 掲載

txt:稲田出 構成:編集部

これからのHDRとSDRワークフローに必要なモノ

次世代の放送として4K/8Kが目前に迫り一部では開始しており、時代も変化を迎えている。従来の放送(SDR)に比べ、解像度だけでなく色域やダイナミックレンジなどが異なるため、放送の4K/8KではHDRの規格が決められており、Rec.2020という規格が決められている。こうした規格の制定によりデジタルシネマのようにカラーグレーディングのような面倒な作業不要になってきている。

もちろんドラマなど作りこみができるプログラムの場合はデジタルシネマと同様なワークフローで制作することも可能だ。また、4K/8K放送では従来より高速なフレームレートも規定されており、対応するカメラやレコーダーも出始めた。

今回のNABでは従来のSDRとHDRを相互に変換するコンバーターはもちろんのこと、4K/8Kを効果的に圧縮するためのコーデック機器、モニターなど様々な機器が出展されており、あらゆる面で4K/8K制作環境が整ったといえよう。HDRをキーワードに各社のブースに出展されていた製品をチェックしてみよう。

ソニー

ソニーはカメラやモニターなどのほか、様々なHDR対応製品を出展した。同社は以前からHDRを積極的に推進しており、今回のNABでもHDRワークフローコーナーを設けてHDRベースのワークフローの効率化や効果的な作業をアピールしていた。

HDRに対応した小型ビデオカメラPXW-Z190。PXW-Z280とともに短時間でHDR映像制作を実現することが可能なインスタントHDRワークフローに対応している 4K対応スタジオ中継カメラHDC-4300。従来のHDワークフローを踏襲しながらも、4K HDRとHD SDRの同時制作を実現するSR Live for HDRに対応している

朋栄

朋栄は4K8K対応機器としてハイスピードカメラやスイッチャー、コンバーターなど幅広く扱っており、12GやIPのほかHDR対応の機器も出展。

プロダクションスイッチャーHVS-6000。CC、HDR、WCG、HDとのコンバートやQuad link 3G-SDI、12G-SDI入出力など、様々な信号を統一して内部処理するための各種コンバート機能を搭載可能。全プロセスにおいて4K処理が可能となるよう新たに設計されており4K(UHD)/HDのいずれの運用においても、同一の入力数、M/E数、キーヤー数での利用ができる マルチパーパスシグナルプロセッサFA-9600。4K/8K用広色域ITU-R BT.2020と従来のHD用色域であるITU-R BT.709の両規格に対応し、色域の変換も可能 FA-9600はHLG、PQ、SDRなどの各種Logカーブに対応したダイナミックレンジ変換機能のほか、S-Log3やCanon Log2など、カメラのログカーブにも対応。設定はGUIで直感的な操作ができるようになっている

パナソニック

パナソニックはシネマカメラレコーダーVARICAMや、コンパクトシネマカメラAU-EVA1のほか、4KスタジオカメラAK-UC4000などHDR対応のカメラやプロジェクターを展示。

AK-UC4000はHDR(HLG)やBT.2020のほかハイスピード撮影にも対応したスタジオカメラで、広いダイナミックレンジを最適調整できる可変HDR機能を搭載

AJA Video Systems

AJAはHDR対応機器のコーナーを設けており、4K60Pおよび4チャンネルHDレコーダーKiPro Ultra PlusやKONA 4、Io 4K Plus、FS-HDRのほか参考出品としてHDR Image Analyzerを出展した。

HDR Image AnalyzerはColorfront製のHDR分析ツールを搭載しており、波形、ヒストグラム、ベクタースコープ、NitsレベルのHDRモニタリングを行うことが可能で、PQ(Perceptual Quantizer)やハイブリッドログガンマ(HLG)、Rec.2020を含むHDRフォーマットの監視と分析に対応している

アストロデザイン

アストロデザインは撮影、編集、上映など映像制作フロー上で必要となる機器や測定器をユーザーのニーズに答え多数そろえている。HDR映像制作に必要なカメラやレコーダー、モニターなど様々な製品があるが同社が得意とする分野の一つであるコンバーターの新製品として4KコンバーターボードSB-4024を出展した。

解像度変換、フォーマット変換、色域変換が可能なコンバーターボードSB-4024はソニーのSIGNAL PROCESSING UNIT NXL-FR318に搭載可能なモデルもあり、4KとHDのアップコンバート、ダウンコンバートのほか、HDRとSDRおよびBT.2020とBT.709の相互変換が可能。

池上通信機

池上通信機はNHK技研で8Kカメラを試作していたころから携わっており、HDR規格が決まってからはHDR対応のカメラを発表。今回新製品としてSHK-810を出展。

キヤノン

キヤノンHDRリファレンスモニターDP-V2421。HDR方式であるHybrid Log-GammaおよびPQをサポートしており、Canon LogやPQなどのLUTを8つまでインポートすることが可能。

EIZO

EIZOはHDR対応のリファレンスモニターColorEdge PROMINENCE CG3145や、PQ方式とHybrid Log Gamma方式のガンマに対応したColorEdge CG319Xなどを新製品として出展した。

HDR関係の性能や機能が充実したColorEdge PROMINENCE CG3145とColorEdge CG319X。CG319Xはセルフキャリブレーション機能のバージョンアップと、グラスバレーのターンキーシステムEDIUSとのカラー設定の連動機能が搭載されている

シャープ

シャープは8Kモニターテレビや8K業務用カメラなどを発表しており、今回NABに初出展した。なお、HDR対応8KモニターテレビはNAB Best of Show Awardを受賞。

リーダー電子はZENシリーズのHDR対応波形モニターLV5600やLV5300などを出展。HDR信号のレベル監視やOOTFを考慮したディスプレイにおける想定輝度(cd/m2)でのレベル管理が可能

NTTグループ

NTTグループは、HDRリマスタリングソリューションとしてIPハイブリッドビデオサーバー利用することにより4K XAVCからHEVC(HDR10)へのリアルタイムファイルコンバートのシステムを披露した。viaPlatzサーバーに4K/HD HEVCエンコーダーボードRM1000を装着することでリアルタイム化を実現している。

txt:稲田出 構成:編集部
Vol.02 [After Beat NAB2018] Vol.04

[ Category : ]
[ DATE : 2018-06-08 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.04 注目の360°VRの課題は、どこで、なにで、なにを見るのか

txt:稲田出 構成:編集部 AR/MR/VRがもたらす未来とは テレビは4K/8Kの時代を迎え、解像度的には一般の視聴には充分といえる状況になってきた。テレビの進歩は... 続きを読む

[NAB2018:AJA]KONAやKUMOシリーズの新製品、HDRイメージアナライザーを参考展示。日々変化する映像業界の先端を行く製品ラインナップを展開

AJAブース動画 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chro... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.02 After NAB Show Tokyo 2018レポート02

txt:稲田出 構成:編集部 AfterNABの会場はコンパクトではあるものの、50社近いメーカーが出展している。前回に引き続きブースの紹介をしていこう。 エーディ... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.01 After NAB Show Tokyo 2018レポート01

txt:稲田出 構成:編集部 今年もこの季節がやってきた!After NAB Show開催 5月23、24日の2日間東京・秋葉原のUDXにおいて「After... 続きを読む

[NAB2018もうひとつの視点]Vol.02 NABの次の主役はAIとマシンラーニングに

txt:江口靖二 構成:編集部 映像制作の世界に一気に押し寄せてくるAIの波 今年のNABの傾向として、一気にAIやマシンラーニングが表舞台に上がってきた感がある。これは数... 続きを読む

[NAB2018:Angenieux]12倍の高倍率ズーム「Optimo Ultra 12x」や新型アナモフィックズームレンズ「Optimo Anamorphic 42-420 A2S」を展示

12倍のマルチフォーマットの高倍率ズーム「Optimo Ultra 12x」 IBC 2017で発表された12倍のズームレンズ「Optimo Ultra 12x」が展示されて... 続きを読む

[NAB2018:DJI]複雑なシーンや動きの激しいシーンでも滑らかな撮影を実現する「DJI FORCE PRO」と「DJI Master Wheels」を展示

360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/And... 続きを読む

[NAB2018:Tokina]VISTAの105mmの発表や11−20mmの試作機を展示

VISTAシリーズに105mm T1.5を発表 VISTAシリーズは今年入って18mmを発売開始したばかりだが、NABでは105mmのリリースを発表。VISTAシリーズのT値... 続きを読む

[NAB2018:ニコン]ビデオ撮影に特化した「D850フィルムメーカーズキット」やD850で撮影をした8Kタイムラプスムービーを展示

DSLRビデオをワンセットにした「D850フィルムメーカーズキット」を展示 ニコンブースで目に止まったのは、米国のみ販売を開始した「D850フィルムメーカーズキット」。フルフ... 続きを読む

特集記事

Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。
NAB2018 スペシャルレポート NAB2018
世界最大の放送機器展覧会「2018 NAB Show(NAB2018)」をレポート。
Your Choice?GH5 or GH5S Your Choice?GH5 or GH5S
映像業界で活躍中のカメラマンやディレクターに聞く「GH5」と「GH5S」の選び方。
SXSW2018 SXSW2018
米国テキサス州オースティンで開催されたSXSWをレポート。
CP+2018 CP+2018
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2018」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編
2017年から2018年にかけて発売する、人気のスチルカメラ用レンズも含めた最新の単焦点シネレンズを紹介。
CES2018 CES2018
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2018をレポート。
最新カメラ探訪2018 最新カメラ探訪2018
国内3大メーカーが世に問う「映像表現を進化させるプロダクト」とは?最新カメラ事情を紹介。
PRONEWS AWARD 2017 PRONEWS AWARD 2017
2017年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2017 Inter BEE 2017
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2017をレポート。
InterBEE2017の歩き方 InterBEE2017の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2017の歩き方」を紹介。
inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。
SIGGRAPH2016 How to Media Composer | First
誰でも無料で使えるAvid Media Composer | Firstのセットアップ方法や、使い勝手を解説していく。
QBEE2016 BIRTV 2017
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。

トップ > 特集 > [After Beat NAB SHOW 2018]Vol.03 これまでの放送と、これからの放送〜HDRとSDRがもたらすものとは