PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Digital Cinema Bülow VII]Vol.08 Cine Gear探訪3:手塚一佳編〜オタク社長的会場の歩き方

News

[Digital Cinema Bülow VII]Vol.08 Cine Gear探訪3:手塚一佳編〜オタク社長的会場の歩き方

2018-06-11 掲載

Cine Gearは映画の祭典。見慣れたニューヨークのセットと、3つのスタジオ建屋、巨大なプール、会議室など、パナマウントスタジオの多くを占拠して行われる一大イベントだ txt:手塚一佳 構成:編集部

共に同じ映画人の祭典へようこそ!

Cine Gear Expo 2018は映画の祭典だ。パナマウントスタジオを広範囲に押さえて毎年6月に行われるイベントは、いわゆるハリウッドスタイルのガチガチの商業映画からチープ極まりない学生映画、純粋アートの芸術映画までフォーカスする。数百ドルのスチル転用シネマレンズのとなりに数十万ドルのハイエンドシネマレンズが普通に並ぶのは、このシネギアの本質を一目で表していると言える。

インディーズもハイエンド商業も難解なアート映画も、共に同じ映画人、なのだ。会場での自己紹介も非常にシンプルで、どういう作品のどこに名前がテロップされているか、というだけ。自己紹介の後は、お互いに作品を褒め合って昼間から酒を酌み交わす。あいつは××だから映画関係者じゃ無い、と排除は一切なく、皆、映画仲間。映画の本場らしい和気藹々としたイベントだ。

さて、筆者は映画には主にCGスタッフ、エフェクト屋、合成屋として関与している。他のライター諸氏は恐らく撮影サイドからの視点となると思うので、私からは収録や後処理、ワークフローなどを中心にお伝えできればと思う。

Panasonicブース

Panasonicブースではハリウッド定番のシネマカメラVARICAMだけでなくEVA1の展示もされ、価格帯を超えた性能で、学生映画やネット映画関係者の注目を集めていた。「所有できるシネマカメラ」というのは本当に魅力的

定番のPanasonicブースからご案内したい。スタジオ屋内に設置されたPanasonicブースでは、定番のシネマカメラVARICAMシリーズの他、ミドルクラスカメラEVA1を展示し、大いに盛り上がっていた。

WOWOW製WonderLookProを中心にした暗室展示は、安価なリアルタイムグレーディング環境を実現しており、今年後半の半生RAW普及後の撮影シーンを先取りしていた

なかでも筆者の注目点は、暗室で行われていたWOWOWのWonderLookProのオンセットグレーディング実演展示だ。WonderLookProを同じくWOWOW製のIS-miniXと組み合わせれば、リアルタイムで様々な種類のカメラから同時にオンセットグレーディングが可能となる。

日本のカラーグレーディングシーンでは、ようやく後処理としてのグレーディング環境こそ整ってきたものの、肝心の撮影時の環境が正直まだまだイマイチである。そういう場面で、この安価なWonderLookProを中心にしたシステムを組めば撮影時に破綻の無いように色を揃えた上で、ある程度色を揃える対応LUTを現場で作ってしまえるというのは大変に魅力的だ。

特に、WonderLookProは、デュアルISOで極めて優秀な暗所性能を持つEVA1との相性は抜群で、VARICAMの映像にも違和感なくマッチングさせることに成功しており、価格帯を遥かに超えた高品位なオンセットグレーディングを実現していた。VARICAMメインのハイエンドな撮影であっても、サブカメラとしてEVA1を導入するケースも多い。そんな場面でこのWonderLookProを使ったシステムを組めば、非常にスムーズに後処理工程に入れるだろう。

また、同ソフトによるVEコントローラ的な使用方法も提案されており、大変に興味深い展示であった。こういう高度に技術的な展示が見られるのも、このCine Gearの面白さの一つだと言える。

ATOMOSブース

ATOMOSブースでは、NAB2018で発表されたばかりのProPes RAW祭りが引き続き開催中!!

ATOMOSブースはPanasonicブースの隣に置かれ、EVA1などの外部収録におけるその連携を強くアピールしていた。各カメラにSHOGUN INFERNOなどの収録機を繋ぐ定番の撮影方法だけで無く、ケーブルを伸ばして大型収録機のSUMO 19をスタッフモニター兼で使うワークフローは映画と非常に相性が良く、NABから対応を開始したProPesRAWと合わせて、大いに注目を集めていた。

ただ、ProPesRAWを考える時にやはり気になるのがAppleの不在だ。今回のCineGearでもApple本体のブースは無く、CineGearと同時期開催で大いに期待されたApple社独自のイベントWWDCにおいても、残念ながらProPesRAWについて一切の言及が無かった。

ブースでは、社長であるジェロミー・ヤング氏が自ら案内をしていて、その気合いの入り方が伝わって来る

Panasonicだけで無くSONYカメラもProPesRAWをフォローしているが、肝心のProPesRAWはAppleのコーデックだけに当然にMacでしか動作せず、それも、現状はMac上でもApple社製のFCPXのみの対応だ。

以上の状況から鑑みても、2018年6月現在、まだProPes RAWが業務用として使える状況にあるとは言えないだろう。この先のことはわからないが、現状でのProPes RAWは、あくまでも半生RAWの導入実験としてのテストケースで使ってみる、という以上では無い点が確認出来てしまったのは良くも悪くも今回のCine Gearでの成果だ。

とはいえ、元々ATOMOS社製の収録機では、Cinema DNG形式でのRAW収録が可能だ。データ量こそ増えてしまうが、RAW撮影の機材としては必要充分であり、ミドルクラスカメラにATOMOS社製収録機を付けることで、オンカメラRAWのようなハイエンド環境を実現することが出来る魅力は何物にも代えがたい。今後も当面の間、ATOMOS社製収録機はミドルクラスカメラのRAW収録の中心に立ち続けるのであろう。

ACESブース

巨大プール横に設置された臨時テントスタジオ建屋の中のACESブースは、業界人の社交場になっていた

カラーグレーディングに関わる者なら誰もが知っている米アカデミー傘下のカラー制定団体、ACESもブースを出していた。とはいえ、業界人専用で知り合いにコーヒーを出すだけの臨時のラウンジのようなスタイルであったが、知る人ぞ知る映画関係者が集う、実にCine Gearらしい場となっていた。

展示物こそ一切ない文化祭の休憩場所のようなスペースであっても、10年前にSIGGRAPHで会ったきりの米国映画関係者に偶然会えたりと、非常にエキサイティングなブースであった。ACESやアカデミーについては、実はCine Gearの直後、アカデミーの研究所であるピックフォードセンターを訪問取材したので、そちらはまたコラムでお知らせしたい。

Tokina VISTAブース

NYストリート入り口付近に設置されたTokinaブースでは、VISTAシネマレンズシリーズを試すことが出来た

日本からもいくつかメーカーブースが出ていたが、その中でも、TokinaブースではVISTAシネマレンズ群を展示して、話題を集めていた。大規模スタジオ以外ではレンタル運用するほか無い一本数千万円のスーパーハイエンドシネマレンズとは異なり、自社所有可能な価格帯(実売、1本50万円台〜100万円弱)でありながらフルサイズセンサー対応のVISTAシネマレンズ群は、フルサイズセンサーでのDCI 4K光学解像度(100線/cm)を軽く超える必要充分な画質で、充分に購入検討に値するシネマレンズ群だ。

とりあえずVISTAの広角ズームと、広角、中、望遠の3本セットくらい抑えておけば、どんなハイエンドの映画撮影にも対応できる。300万円前後でそれだけ揃うのだから、押さえで揃えて置いて損は無いだろう。

CW SONDEROPTICブース

CW SONDEROPTIC 同社塚田氏は「レンズはその明るさばかり話題となるが、是非、絞った時の描写にこそ注目して欲しい」と熱く語る

CW SONDEROPTICブースでは、Leica Cine lenseの展示を行っていた。ハリウッドやカンヌで定番のSummilux-CやSummicron-Cだけで無く、大判センサー向けのLeica Thaliaシリーズまでもが各メーカーのカメラと共に実レンズ展示してあり、多くの関係者の注目を集めていた。

こうして実機で並べて比較すると、案外カメラ本体性能の差があることに気がつかされる。例えば同じRED社のDSMC2カメラでも、Dragonセンサーでは歪みが目立つレンズであっても、MONSTROセンサーだと収差が出ないことがある。同じレンズ、同じ処理系であっても、センサーで全く描写が違うというのは大きな発見であった。

ARRI ALEXA Miniに装着されたLeica M 0.8。このサイズでこの画質を叩き出すのが面白い

そんなCW SONDEROPTICブースで筆者が気になったのが、Leica M 0.8シリーズだ。このシリーズは見た目もそのままLeica Mシリーズ向けのスチルレンズそのものなのだが、その小ささ、軽さ、そしてフルサイズセンサー対応の高性能さ、何よりも描写の豊かさは特筆に値する。

筆者自身、日頃からLeicaカメラを愛用しているが、あのLeicaの絵がそのまま映像に出来る、というのは大変な魅力と言える。特に、T6程度に絞った時の美しさはさすがのLeicaの描写であり、素晴らしいの一言だ。しかも、1本100万円台と、買えないこともない価格帯なのも魅力だ。

ギアの距離が近かったり、多少ブリージングがあったりと、スチルレンズ転用ならではの問題点はあるが、それすらも味に感じてしまう素敵なレンズだと感じた。

Vocas Systemsブース

Vocas Systemsブース。RIGで有名な同社だが、真ん中になにやら赤い塔があるが…!?

Cine Gearでは、日本ではなかなか見られない映画専門の機材が多数見られるのも面白いところだ。筆者が注目したのは、Vocas Systemsブース。日本ではRIGの専門豪奢で知られる同社のブースでは、LumaCon linear collimatorが展示発表されており、これが驚異的な製品だったのだ。

このLumaCon linear collimatorでは、本来大規模な屋内施設が必要なレンズの調整や収差確認等、レンズの詳細な光学的テストを室内で行う事が出来る。2メートルちょっとの縦型の装置の中央にレンズを付けたことで、10メートル以上の距離を擬似的に作り出し、それを専用ソフトで解析することで、従来のチャートを壁に貼り付けた光学管理されたスタジオでの検査よりも、精細で、より早く正確な光学検査をすることが出来る。

塔の正体はLumaCon linear collimator。なんとこのサイズでレンズの光学検査が可能だ

もちろん、レンズの破損や劣化を疑う際にも活躍するこの装置だが、それよりも今はより検査の必要性が広がっているという。特に最近のシネマレンズは昔ながらのフランジバック調整機構だけで無く、マウント交換式機構や後玉光学変更機構など光軸や焦点、収差に影響する仕組みが付いていることが多く、レンズテストを行いたい場面は多い。しかし、いちいちそうした調整の度にラボにレンズを出している余裕は無い。

そんなとき、この装置が1台あれば、撮影の合間に自社内でレンズ調整を行える。ベースに余裕があるのであれば撮影現場に持って行くことすら出来るだろう。屋外に従来の光学検査に必要な十数メートルの光量管理された暗室を作るのは困難でも、高さ2メートルちょっとの直射日光を遮る環境を作るのは容易なことだ。そうした、ワークフローやレンズ管理を大きく変える可能性のある装置が転がっているのも、また、CineGearの面白さだと言える。

X-riteブース

Cine Gearに来る度に筆者が買い換えているのが、カラーグレーディングに必須のカラーチャートだ。今は展示場内の販売は少なくなってしまったが、Cine Gearで実製品を見てからHollywoodの映画機材専門店でチャートを仕入れて帰るのが定番だ。

 定番のX-riteチャートに、グレー、ブラック、ホワイトの面積を大きめにとったVIDEO向けチャートが登場。1フレームで色と明度の両方のチャートを取れるのは非常に便利だ

さて、携帯チャート定番のX-riteブースでは、VIDEO向けの携帯チャートを展示して、話題を集めていた。従来は、同社のスチル向け携帯チャートとグレーボード、ホワイトボード、ブラックボードを持ち歩き大体2回に分けて撮影して色味の調整のベース作りを行っていたが、このVIDEO向け携帯チャートであれば一枚の撮影で色管理が出来る。グレーエリアは携帯チャートのごく一部なので、グレーの面積は狭く、ホワイトバランス用には別途グレーボードは持ち歩く必要はあるが、それでも1フレームで参考色を取れるというのは、昨今のカラーグレーディングのワークフロー上、非常に大きいメリットだろう。筆者がさっそく購入を決めた1品でもある。

PROFOUNDブース

一見普通のソフトタイプLED照明展示だが…

最後に、韓国から出展していたPROFOUNDブースもご紹介しよう。昨今、最も大きく変化した機材の一つが照明だ。LEDの高性能化によって、柔軟性のある曲面配置の照明が一般化し、照明手法そのものが大きく変化しつつあるのだ。

今回のCine Gearでも照明の進化は止まらず、PROFOUND製のProFlex LED照明は、その最先端を行く。大変に柔らかい同社製のProFlexは、一見ペラペラの紙だ。しかし、なんと、踏んでその上を飛び跳ねても破損せずに点灯を続ける。ぐしゃぐしゃに丸めてポケットに入れて運んでも何ら問題無く、おまけに薄型なので非常に軽い。ぐしゃぐしゃの形状のままでの点灯も可能だ。

ProFlexは、ぐしゃぐしゃに丸めても、踏んで飛び跳ねても壊れない!!

照明自体としての性能も高く、グリーンインデックスなども良好であり、調光機能も万全。自然光からタングステン光までをフォローしていた。この耐久性と自由度の高さは、単に携帯性を高めるだけで無く、撮影出来る映像そのものも変え得る画期的な製品であると思う。

 

総括

 筆者も愛用するストレージメーカーG-Technologyのブースでは、麦わら帽子と飲み物を配っていた そして始まるストレージ談義が最高だった!Thunderbolt 3のフルスペックを屋外運用で出す方法について熱く語れるイベントが他にあるだろうか!?

さて、こうして気になったブースをざっくりとご紹介してきたが、やはり、他の展示会では見られない映画に特化した製品が見られるのがCineGearの面白いところだ。しかも、昼間から各ブースやスタジオのあちこちで飲食物やアルコールが提供されるため、みんな半ば酔っ払って参加しているのが面白い。そして、酒が入って始まるのが、映画談義だ。

特に、CineGearでしか会えないトップクラスの人材との機材面とその映像的な効用に関する談義は、CineGearの一番の目玉だと個人的には思っている。昨今の世情を反映して、入り口の警備が厳しくなり、長蛇の列を経なければ入場できないなど大変に困った点もあるが、毎年参加したいイベントであるのは間違いがない。

txt:手塚一佳 構成:編集部
Vol.07 [Digital Cinema Bülow VII] Vol.09

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-06-11 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[BIRTV2019]Vol.06 FalconEyes、さらなる大型化を実現したシート型LED新製品2機種を展示

txt・構成:編集部 もっとも大きなシート型LEDの新製品「RX-120TDX」が登場 FalconEyesは、香港に本社を置くスタジオ機器の老舗メーカーだ... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.05 Tilta、腕の負担を軽減するジンバルスタビライザのサポートシステム「Armor Man 3」を展示

txt・構成:編集部 さまざまなメーカーのジンバルシステムに対応し、重量を吸収して長時間撮影を実現 中国のアクセサリーメーカーの中でも、もっとも勢いがあるメーカーといえ... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.04 富士フイルム、AF機能を搭載した4K対応放送用レンズ「FUJINON UA107×8.4BESM AF」を初公開

txt・構成:編集部 8K放送用レンズの展示が人気 中国の中国工業情報化部は、2022年までの4Kテレビと8Kテレビの販売台数を盛り込んだ「超高精細映像産業発展行動計画... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.03 ニコン、Noct0.95大口径レンズやフルフレーム対応ミラーレス用ProRes RAWソリューション展示

txt・構成:編集部 0.95の浅い被写世界深度で被写体を強調できる「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」を展示 ニコン(NIKON IMAGING... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.01 ソニー、3板式4Kイメージセンサーを備えたグローバルシャッター搭載「PXW-Z750」を世界初公開

txt・構成:編集部 中国開催の展示会「BIRTV 2019」 8月21日から24日までの5日間、中国・北京の中国国際展覧中心で「BIRTV 2019」が開催された。B... 続きを読む

[4K・8K映像技術展Report]Vol.11 ビジュアルテクノロジーブース:8K60P映像編集向けターンキーのワークステーション「TRUX SUPER MAX」を展示

txt・構成:編集部 ビジュアルテクノロジーは、日本サムスンとITGマーケティングと合同のSamsung SSDブース内に出展し、8K60P映像編集向けターンキーのワークステ... 続きを読む

[4K・8K映像技術展Report]Vol.10 ガンスイブース:リアルタイムにフレームごとのHDRからSDR変換を実現するLYNX Technikのコンバーター「HDR Evie」を展示

txt・構成:編集部 ガンスイは、今年も映像伝送EXPOに出展。ドイツLYNX Technikのスタンドアロンのプラグアンドプレイモジュール「yellobrik」シリーズと、... 続きを読む

[4K・8K映像技術展Report]Vol.09 三友ブース:小型の放送用カメラや8K対応光伝送装置を使ったケーブル1本の伝送デモを展示

txt・構成:編集部 Dream CHIP社SDI対応の小型放送カメラ「ATOM one」ファミリーを展示 三友は、長距離拠点の8K伝送を可能にする「THUNDER... 続きを読む

特集記事

新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。

トップ > 特集 > [Digital Cinema Bülow VII]Vol.08 Cine Gear探訪3:手塚一佳編〜オタク社長的会場の歩き方