PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Digital Cinema Bülow VII]Vol.09 Cine Gear探訪4:岡英史編〜大人の遊園地で刺激的な日々を満喫

News

[Digital Cinema Bülow VII]Vol.09 Cine Gear探訪4:岡英史編〜大人の遊園地で刺激的な日々を満喫

2018-06-12 掲載

txt:岡英史 構成:編集部
■Cine Gear EXPOブラリ

まさに映画業界裏方の遊園地!

Paramount Pictures

「Cine Gear Expo」を一言で表現するなら面白い!に限る。特に新しい物好きやガジェット好きには堪らない展示会と言い切って良い。もっと言えばDIYを得意にしている方(と言っても本当に色んな意味でイチからから物を作ろうとする方)には間違いなく体験して貰いたい大人の遊園地と言って間違いない。

NABに参加した方なら日本と世界(ここでは主にアメリカ)との違いを感じている方もいると思う。それはガジェットの種類の多様性とその使い方なのかだ。色んな機材をどう扱えばどういう映像が撮れるのか?もちろんそれはバジェットの制約という物が根底にあるのでそれ以上の事はできないのはCMも自主映画も同じ事だ。

予算に合わない場合でも創意工夫で表現することができる。その為には色々な道具を知っている必要がある。筆者も一倍強い方興味があると自負しているが、それでもまだまだ先輩諸氏の方から比べればまだまだである。NABではその新技術を学ぶことができるがCine Gearはそれらを使いこなす技術力・創造力を鍛えてくれる空気感がある。

セットそのままに特機展示はイメージがしやすい

Cine Gearは読んで字の如く、展示される機材も必然的に映画関連がメインとなってくる。ブロードキャスト的な機材は本当に何もない。SonyやPanasonicでさえハンドヘルドカメラは展示していない。筆者はどちらかと言えばそのブロードキャストに近いところで仕事をしているので、映画での専門技術に関してはしっかりと口を出せる立場ではない。ましや今回は初参戦という事も含めて細かい紹介は抜きにして個人的な感想を含めた雑感的な物を書いて見たい。

スタジオセット

とにかくCine Gearの会場となるParamount Pictures Studioはでかい。街の一区画丸ごとの大きさと思える程。その中での展示は大まかに言えばStarge(スタジオ)内とオープンの2ヶ所でやっている。先ずはそのスタジオセットでの展示から見てみたい。

入場門から一番近いStarge#17の入口にはかなりの面積でARRIが陣取っている。日本にはまだ1台しか無いALEXA LFがこの会場内に24台もあるのがその存在感を感じさせる。その反対側にはFUJIFILMが鎮座。ここで興味深いのはMKレンズをMFTマウントに改造した物で、これがあればGH5始めHC300等のカメラでもMKレンズを使える事に。残念ながら純正品では無くサードパーティー製となる。

撮像ユニット独立型のSony VENICE。今回が初お目見え

Sonyは今回VENICEのエクステンションシステムを参考出品。ボディとマウント(センサー)を分離できるシステムを展示していた。このカメラはジェームスキャメロンが「アバター2」「アバター3」で使うためにSonyと共同で開発した物で、今のところ10ftのワイヤーで繋がっているが画質劣化はゼロとの事だ。ユニット部分を持たせて貰ったが殆どDSLR程度の重さだ。

ATOMOSやBlackmagic Design等のおなじみのブースもある。今回は、ProRes RAWが話題だ。映画の世界にどう受け入れられるかも見所だ。その正面のブースはやはりいち早くProRes RAWを取り入れたPanasonic AU-EVA1の展示に力が入っていたのが印象深い。

もう一つPanavisionもハリウッドの顔らしく、非常に大きくブースを構えていた。日本では実機を目にすることは、難しく、映画のエンドロールにその文字を見ることが多いがここでは実物を見ることができる。

そして他の展示会と違ってこの会場はカメラや撮影機材以上に照明機材が多い。当たり前の事を当たり前のように揃えている辺りが逆に面白い。20kWや30kWの放電管の玉の展示などは初めて見たがそれ以上にLED照明が多い。その中には今までの放電管と同じ大きさの筐体を使用するような5kWや10kWの物もあるがそれ以上に多いのはフレシキブルな布地に貼り付けて色々な明かりを作るシステムが多く展示されている。どう見ても昨年BIRTVで見た物とそっくりなのだが、やはりその辺のメーカーがOEMで制作している物だった。中国をコピー品の国と言うのは、すでに前時代なことなのである。

オープンセット


LED照明はパネルからフレックスタイプまで本当に千差万別だ

Cine Gearの一番面白いのは室内展示じゃなくて外の展示だ。映画セットそのままに通路の左右に色々な機材展示がある。特にクレーンやワイヤーカム等の大型機材が軒並み並んでいるのは圧巻だ。勿論機材はそれだけではない。ZEISSやLeicaのハイレンジのレンズや、Cooke等の話題のレンズが一同に全てのラインナップを試すことが出来る。そこにセッティングされているカメラは前述したARRI ALEXA LFが1台は必ずある。新しいセンサーには一番に食いつく住民がここには沢山あるので納得できる。

一昔前は安いガジェットと言うだけだったTILTAも今や新機能を沢山積んだRIGに変わった 日本のメーカーももちろん出展している。AZDENは此方でもメジャーブランドだ

オープンスペースと言うことで、やはり照明機器の展示は非常に多い。特に初日は照明効果の展示をわかりやすい様に夜の20時まで開催している。基本はLEDライトがメインだがその出力の大きさはもはやこれがLEDだとは感じさせない。勿論タダ光らせているだけではなく、セッティングも各社色々な細かい業を使っていて非常に興味深い。

今回夜の部は照明部の方々と一緒にまわったのでその細かい違いを解説して貰ったが良い勉強になった。やっぱり餅は餅屋って事だ。とにかく展示物が多すぎて今回はその量に完全に圧巻されてしまった。

スタビライザーオーナーならこのトラッカーの意味が良く解るはずだ。日本に入って欲しい1台 追走撮影用のE-BIKEもそのカメラの大きさによって色々なタイプがある NABで一押しのデジブームも改めて振り回すことが出来た。これは買いなガジェット
 ヘリコプターの展示まである(空撮ユニット付き)

総評

とにかく刺激的な2日間だった。筆者も何年も前から色々な方からお誘い受けていたし自分でも行きたかったのだが、自分に色んな言い訳を課せて行かなかった様な物だが、今回の参加でまた一つ面白さが解ってしまった。

NABとCine Gearの大きな違いはブロードキャストとシネマと言う括りよりもNABから映画に関する部分をそっくり切り抜いてパッケージ化したのがCine Gearと言う感想だ。なのでその分中身は非常に濃く、映画と言う枠の中だけならNABではなくCine Gearだけで十分だ。照明やクレーン等の大型機材からスタビライザー系の移動ガジェットが実際にさわれてトライできるのはガジェット好きには堪らないはず。NABで発表された技術をCine Gearで実際に現場に近い環境で触れることが出来ると言うのが今回初参加の総括と言う事で来年も参加出来ればと考えている。

txt:岡英史 構成:編集部
Vol.08 [Digital Cinema Bülow VII] Vol.10

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-06-12 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。

トップ > 特集 > [Digital Cinema Bülow VII]Vol.09 Cine Gear探訪4:岡英史編〜大人の遊園地で刺激的な日々を満喫