PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [BIRTV2018]Vol.07 ブースレポートPart02 レンズメーカー編

News

[BIRTV2018]Vol.07 ブースレポートPart02 レンズメーカー編

2018-09-11 掲載

txt・構成:編集部

ブースレポートPart01に引き続き、BIRTVに出展していた主要なレンズメーカーをレポートしよう。

FUJIFILM (China) Investment

■4K対応の放送用ポータブルレンズ「UA46×9.5BERD」
世界最高46倍ズームを実現したUA46×9.5BERD

富士フイルムは今年のNABで4K対応の放送用ポータブルレンズ「UA46×9.5BERD」を発表したが、その当時はモックアップの展示であった。8月20日に正式発表が行われ、BIRTVでは実機が初展示された。同クラスで世界最広角となる9.5mmからの焦点距離をカバーする46倍ズームで、駆動部も新規設計により約20%の小型化を実現している。

新しい駆動部を開発して小型化を実現している
■改造サービスによってマイクロフォーサーズマウントに対応したMKレンズ

MKレンズは、ソニーのFS5やFS7、α7シリーズのミラーレスカメラと組み合わせて使われているEマウント対応のシネマレンズだ。対応マウントはEマウントのみでなのが悩ましいところであったが、イギリスのMTFサービスではMKレンズをロンドンのワークショップに送ることでマイクロフォーサーズマウントに改造するサービスが行われている。

その改造後の実機がGH5と組み合わさせてブースに展示されていた。これは富士フイルムのサービスではなく、あくまでもサードパーティが行っているサービスの展示とのこと。MKレンズをもっと幅広く活用したいという人には、気になるサービスとなるだろう。

■フルサイズセンサー搭載カメラにスーパー35フォーマット対応PLマウントレンズを結合させる「OptMag for Full-Frame」

ソニーのラージフォーマットのカメラVENICEとフジノンシネレンズのフラグシップ望遠ズームレンズ「HK5.3 x 75」の組み合わせも気になる展示だ。VENICEのようなラージフォーマット対応のシネマカメラが増えてきているが、ラージフォーマット対応のレンズは選択肢はまだ少ないのが現状だ。武蔵オプティカルの「OptMag for Full-Frame」は、スーパー35mmでPLマウントレンズのレンズをフルフレーム対応カメラに結合させるアダプターで、今後もスーパー35のPLレンズを選びたいという人には重宝しそうなアダプターとなりそうだ。

Shriro Trading

■Supreme Prime

カールツァイスの中国現地販売代理店シュリロイメージング・ブースでは、Supreme Primeをはじめとする各種シネマレンズが展示されていた。注目は、中国の展示会で初展示のラージセンサー対応のシネマレンズ「Supreme Prime」だ。

ラージフォーマット対応でありながら、小型・軽量のハイスピードレンズシリーズで、18mm、21mm、25mm、29mm、35mm、50mm、65mm、85mm、100mm、135mmはT1.5に揃えられている。Cine Gearで実機が公開された100mm T1.5は10月ぐらいにリリース予定で、その後は2019年春に65mm/T1.5が登場予定となっている。

■ZEISS CP.3 XDを使ったディストーションの補正を確認できるデモ

ZEISS CP.3 XDは、映像データとレンズデータとタイムコードを同列に保存することが可能。その中のレンズデータを使ったディストーションを補正して確認できるデモが行われていた。

これまで撮影部は、撮影中の映像が撮影後のポストプロダクションでどのように修正されるのかわからなかったが、CP.3 XDから出力されるレンズデータを使えば現場で確認できるようになる。その様子をブースで体験できるようになっていた。

SIGMA

シグマは、製品の展示とテストショットコーナーを設けた広めのブースで出展していた。シネレンズとEマウントに対応したレンズを中心に展示。Eマウントのレンズは105mm F1.4 DG HSM、シネレンズは35mm、50mm、85mm F1.4などの焦点レンズが人気だという。また、展示されていた中でも14mm T2 FFの展示に注目が集まっていたようだ。

NiSi

NiSiは、NABやCine Gearで展示と同じプライズシネマレンズの「F3」を展示。ラインナップは25mm、35mm、50mm、75mm、100mmの5本。25mmはT2.1だが、ほかはT2を実現しているのも特徴だ。46.5mmフォーマットのセンサーをカバーし、ARRIのAlexia LFやRED Monstro VV、ソニーのVeniceに対応。マウントはPL、キヤノンEF、ソニーのEに対応。フロント径はすべて95mmに統一されている。

25mm、35mm、50mm、75mm、100mmの5本をラインナップ ブースにはソニーのシネマカメラと組み合わせて展示 点光源の描画が確認できるようになっていた txt・構成:編集部
Vol.06 [BIRTV2018] Vol.08

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-09-11 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2019]Vol.12 まとめにくいCSE2019をあえて総括してみる

txt:江口靖二 構成:編集部 筆者はもともとテレビ業界の人であるが、最近はAIやブロックチェーンにも手を染めてしまっている。こうして17年ほど連続でCESに参加していると、... 続きを読む

[CES2019]Vol.11 「ラストワンマイル」市場を取れ!モビリティCES最前線

txt:西村真里子 構成:編集部 CES2019の特徴の一つとして、昨年までのビジョンを語るフェーズから実行フェーズに移ったことがあげられるだろう。ポジティブに言うと... 続きを読む

[CES2019]Vol.10 なくならないでほしいCESの多様性を象徴した「牧歌的」プロダクトたち

txt:清水幹太 構成:編集部 CESでは多くの体験型デモンストレーションがある。VR体験や、シミュレータ、車に乗ってみたりなど、多くの参加者が新しい製品の新しい体験のた... 続きを読む

[CES2019]Vol.09 Shiftallのビール専用冷蔵庫が目指すのは、スマート在庫管理に基づくマイクロリテールのプラットフォーム

txt:江口靖二 構成:編集部 Shiftallがビール専用の冷蔵庫「DrinkShift」を発表した。ワインなど特化したスマート冷蔵庫と言えるものはすでにいくつか存... 続きを読む

[CES2019]Vol.08 ありそうでなかったライブ配信向けオールインワン機材「Yolo Box」

txt:小寺信良 構成:編集部 会場の一つであるSands Expoの1階は、Vol.02でもお伝えしたが、スタートアップやベンンチャーが沢山集まった「Eureka Park... 続きを読む

[CES2019]Vol.06 もう一つの8Kカメラは中国から登場〜さらに身近になる8Kの世界

txt:小寺信良  構成:編集部 気になるBOSMAの8Kカメラとは PRONEWS的には大注目のシャープ8Kビデオカメラだが、ここCESで発表されたのはそれだけではな... 続きを読む

[CES2019]Vol.05 「VR」「AR」からより大きな「Immersive」へと進化する

txt:清水幹太  構成:編集部 VR/ARへの半信半疑な思いが解消されてきた VR/ARという言葉が市民権を得て久しい。しかし、筆者はここまで常に、狭い意味でのVR/... 続きを読む

[CES2019]Vol.04 シャープ、カメラ事業再参戦?8Kビデオカメラを鋭意開発中

txt:小寺信良  構成:編集部 CES2019にシャープが久々に出展した。今回は8K Ecosystemの一部として参考出展した8Kビデオカメラのお話しを伺ってきた... 続きを読む

[CES2019]Vol.03 自動運転から環境問題、「これから」のテクノロジースタートアップ6選〜Eureka Parkの台頭

「Eureka Park」もいよいよ商標登録されている! txt:西村真里子・編集部 | 構成:編集部 「これから」の時代に必要なプロダクトを展示した「Eureka Par... 続きを読む

特集記事

CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。

トップ > 特集 > [BIRTV2018]Vol.07 ブースレポートPart02 レンズメーカー編