PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [BIRTV2018]Vol.07 ブースレポートPart02 レンズメーカー編
News

[BIRTV2018]Vol.07 ブースレポートPart02 レンズメーカー編

#Report NOW! #BIRTV

2018-09-11 掲載

txt・構成:編集部

ブースレポートPart01に引き続き、BIRTVに出展していた主要なレンズメーカーをレポートしよう。

FUJIFILM (China) Investment

■4K対応の放送用ポータブルレンズ「UA46×9.5BERD」
世界最高46倍ズームを実現したUA46×9.5BERD

富士フイルムは今年のNABで4K対応の放送用ポータブルレンズ「UA46×9.5BERD」を発表したが、その当時はモックアップの展示であった。8月20日に正式発表が行われ、BIRTVでは実機が初展示された。同クラスで世界最広角となる9.5mmからの焦点距離をカバーする46倍ズームで、駆動部も新規設計により約20%の小型化を実現している。

新しい駆動部を開発して小型化を実現している
■改造サービスによってマイクロフォーサーズマウントに対応したMKレンズ

MKレンズは、ソニーのFS5やFS7、α7シリーズのミラーレスカメラと組み合わせて使われているEマウント対応のシネマレンズだ。対応マウントはEマウントのみでなのが悩ましいところであったが、イギリスのMTFサービスではMKレンズをロンドンのワークショップに送ることでマイクロフォーサーズマウントに改造するサービスが行われている。

その改造後の実機がGH5と組み合わさせてブースに展示されていた。これは富士フイルムのサービスではなく、あくまでもサードパーティが行っているサービスの展示とのこと。MKレンズをもっと幅広く活用したいという人には、気になるサービスとなるだろう。

■フルサイズセンサー搭載カメラにスーパー35フォーマット対応PLマウントレンズを結合させる「OptMag for Full-Frame」

ソニーのラージフォーマットのカメラVENICEとフジノンシネレンズのフラグシップ望遠ズームレンズ「HK5.3 x 75」の組み合わせも気になる展示だ。VENICEのようなラージフォーマット対応のシネマカメラが増えてきているが、ラージフォーマット対応のレンズは選択肢はまだ少ないのが現状だ。武蔵オプティカルの「OptMag for Full-Frame」は、スーパー35mmでPLマウントレンズのレンズをフルフレーム対応カメラに結合させるアダプターで、今後もスーパー35のPLレンズを選びたいという人には重宝しそうなアダプターとなりそうだ。

Shriro Trading

■Supreme Prime

カールツァイスの中国現地販売代理店シュリロイメージング・ブースでは、Supreme Primeをはじめとする各種シネマレンズが展示されていた。注目は、中国の展示会で初展示のラージセンサー対応のシネマレンズ「Supreme Prime」だ。

ラージフォーマット対応でありながら、小型・軽量のハイスピードレンズシリーズで、18mm、21mm、25mm、29mm、35mm、50mm、65mm、85mm、100mm、135mmはT1.5に揃えられている。Cine Gearで実機が公開された100mm T1.5は10月ぐらいにリリース予定で、その後は2019年春に65mm/T1.5が登場予定となっている。

■ZEISS CP.3 XDを使ったディストーションの補正を確認できるデモ

ZEISS CP.3 XDは、映像データとレンズデータとタイムコードを同列に保存することが可能。その中のレンズデータを使ったディストーションを補正して確認できるデモが行われていた。

これまで撮影部は、撮影中の映像が撮影後のポストプロダクションでどのように修正されるのかわからなかったが、CP.3 XDから出力されるレンズデータを使えば現場で確認できるようになる。その様子をブースで体験できるようになっていた。

SIGMA

シグマは、製品の展示とテストショットコーナーを設けた広めのブースで出展していた。シネレンズとEマウントに対応したレンズを中心に展示。Eマウントのレンズは105mm F1.4 DG HSM、シネレンズは35mm、50mm、85mm F1.4などの焦点レンズが人気だという。また、展示されていた中でも14mm T2 FFの展示に注目が集まっていたようだ。

NiSi

NiSiは、NABやCine Gearで展示と同じプライズシネマレンズの「F3」を展示。ラインナップは25mm、35mm、50mm、75mm、100mmの5本。25mmはT2.1だが、ほかはT2を実現しているのも特徴だ。46.5mmフォーマットのセンサーをカバーし、ARRIのAlexia LFやRED Monstro VV、ソニーのVeniceに対応。マウントはPL、キヤノンEF、ソニーのEに対応。フロント径はすべて95mmに統一されている。

25mm、35mm、50mm、75mm、100mmの5本をラインナップ ブースにはソニーのシネマカメラと組み合わせて展示 点光源の描画が確認できるようになっていた txt・構成:編集部
Vol.06 [BIRTV2018] Vol.08

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-09-11 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [BIRTV2018]Vol.07 ブースレポートPart02 レンズメーカー編