PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Photokina2018]Vol.01 会期前に大きな発表が行われたプレスカンファレンスから01

News

[Photokina2018]Vol.01 会期前に大きな発表が行われたプレスカンファレンスから01

2018-09-27 掲載

txt:猪蔵・手塚一佳 構成:編集部

会期前に流れる大きな話題はプレスカンファレンスから

Photokinaはドイツ、ケルンメッセで行われるスチルカメラの祭典だ。今年は、9月26日から29日の4日間開催される。時代とともにその潮流に合わせ柔軟に変化してきた展示会の一つでもある。現にスチルカメラとはいえ、一眼動画の原点はこのPhotokinaでの発表にあり、また、スマートフォンのカメラ機能の発表なども行われるなど、今や動画系イベントとしても欠かせないものになっている。

Photokinaは、長らく2年に1度9月に開催されていたが、それも今年までとなり、来年以降は毎年5月開催となることが決定した(来年5月はケルンで開催、それ以降は未定だという)。またAI、VR、MR、ブロックチェーンなどに特化した「Digility 2018」と同時開催となった。実際に会期前に準備追われる会場をに足を踏み入れたが、2年前に比べ展示会城規模が実に約半分となっており、「秋開催は最後なのに縮小傾向なのか?」という驚きを隠せなかった。実際にブース出展を控え、独自に会を設けるメーカもあるという。

開催前日にプレスプレビューデーが開催された。隔年9月開催最後にふさわしく、会期前に大きなニュース発表がいくつか飛び込んできたのでいくつかピックアップしてお知らせしたい。

Sony

Sonyのプレスカンファレンスでは、動画系の新機種の発表こそ無かったが「G Master FE 24mm F1.4 GM」など一眼動画でも使えそうないくつかのスチル用レンズの発表もあり大変に盛況であった。

同社αシリーズがミラーレス部門で2011~2017年まで一位、2018年前半ではついにフルフレームカメラ全体の売り上げで一位となったことがアナウンスされ、ついにSonyが追う側の挑戦者ではなく、追われる側の王者となった事が示された。

Sonyのカメラは「αシリーズ」のようなアマチュア向け一眼からプロ向け一眼、「FS7 II」などのビデオ機、そして「VENICE」のようなシネマカメラまで全てがEマウントで互換性が保たれているのが特徴であり、このクリエイターの全てのプラットフォームを横断する「1マウント」の力がこうした王者への格上げを後押ししたと言って良いだろう。Photokinaブースではこうした機器に直接触れるコーナーが充実しているということで、Photokina本番が楽しみなプレスカンファレンスであった。

Leica

Leicaのプレスカンファレンスでは、インスタントカメラゾフォートや、カメラコントロールアプリの一本化が発表された。今までLeicaのカメラアプリは機種毎に出ていたのだが、このため複数機種所持者には非常に煩雑であり、またアプリの更新タイミングも機種毎にばらばらで保存方法もまちまちであったため、この一本化でのメリットは大変大きいものとなる。Leicaはプロユーザーやハイアマチュアユーザーも多いため、遠隔操作が強化されるメリットは非常に大きい。

続いて、中判カメラ「Leica S3」の発表も大きい。フルサイズとされる今の感光部サイズは、元々ライカのオスカー・バルナックが映画用フィルムを横に使う事で高性能を保ったまま持ち運びの出来るカメラを作ろう、としたときに誕生したものだ。

そこからライカ判、と呼ばれている。それよりも大きい受光部を持つカメラが中判カメラであり、LeicaのSシリーズは中判カメラを代表する1台だ。このLeica S3は中判カメラとして初めて4K撮影機能を搭載する予定であり、2019年春の発売が待たれる。

さて、しかしこうした商品発表よりも、今年のLeica最大のニュースは「Lマウントアライアンス」の誕生に尽きるだろう。会場には予め右前方にSIGMA、Leica、Panasonicそれぞれのロゴが入った演台が置かれ、集まったマスコミ陣の期待を煽っていた。

各社のプロジェクトリーダーがLマウント採用の意義を語るムービーが流れた後、演壇に現れた、ライカのカウフマン博士、Panasonicの北川海外マーケティング本部長、SIGMAの山木社長が現れると、会場は一気に湧き上がった。フルサイズ(ライカ判)の「Leica SL」やAPS-Cサイズセンサーの「Leica TL/CL」などに採用されていた「Leica Lマウント」がこの3社の共通マウント「Lマウント」となった瞬間であった。

Panasonic 山根洋介氏とLeica アンディー・カウフマン博士

詳細はまた続報でお伝えするが、「Lマウント」はフランジバック20mm、直径51mmとミラーレスカメラにしてはやや大きい。

しかし、この大きさに実はオールドレンズやシネレンズを使う場合にレッドシフトやパープルフリンジを減らす効果がある事がわかってきており、その為、オールドレンズを敢えて使いたい撮影者にとっては「Leica SL」は外せないカメラの1台となっていた。

こうした余裕のあるマウントを採用した「Lマウントアライアンス」各社には、ユーザーの現場をきちんと見て居るからこその判断、という実感がある。

さっそくLeicaからは2019年中の「APO-SUMMICRON-SL 35 f/2 APSH.」や「APO-SUMMICRON-SL 50 f/2 APSH.」さらには2020年予定のレンズ群ロードマップも発表され「Lマウント」の将来性を強く打ち出していた。各社製品の実売は来春からになるようだが、事実上のミラーレスカメラの標準規格の誕生であり、大いに歓迎したい。

Panasonic

Panasonicのプレスカンファレンスでは、同社100周年、そしてミラーレス参加10周年として、同社の山根氏による過去のLumixシリーズの流れがプレゼンされ、そして、光の線と共にPanasonic製「Lマウント」カメラ「LUMIX S1/S1R」の開発が発表された。

LUMIX S1が24Mピクセルの動画兼用ハイブリッド機、LUMIX S1Rが47Mピクセルの高精細スチル機と位置づけられ、それぞれ、4K60Pでのシネマ4K撮影、高速AF、ボディ内手ぶれ防止、高性能大型EVF、XQDとSDのデュアルスロット収録、3軸ティルト背面モニタ、全周防滴防塵、極低温耐性の機能が搭載される。

同カメラに、はじめから24Mピクセル機がラインナップされてのは、動画人としては大変に嬉しい。動画機ではどうしてもピクセルあたりの光量が必要なため、同面積あたりで光量の増える低画素センサーは必須といえる。この辺も非常に「わかっている」内容で、さすがはPanasonicという発表であった。

また、2020年に向けて8Kのロードマップも発表され「Lマウント」に賭けるPanasonicの本気が良く伝わるプレスカンファレンスであった。

txt:猪蔵・手塚一佳 構成:編集部
[Photokina2018] Vol.02

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-09-27 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。

トップ > 特集 > [Photokina2018]Vol.01 会期前に大きな発表が行われたプレスカンファレンスから01