PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Photokina2018]Vol.02 プレスカンファレンスからみる今年の動向02

News

[Photokina2018]Vol.02 プレスカンファレンスからみる今年の動向02

2018-09-28 掲載

txt:猪蔵・手塚一佳 構成:編集部

富士フイルムプレスカンファレンス

富士フイルムのプレスカンファレンスでは、和製ジョブズとの名も高い飯田年久事業部長の演出に凝った内容でプレゼンテーションが進行された。飯田氏は、二条城で「デジタルカメラの大政奉還」のプレゼンを行うなどして一気に同社製ミラーレス中判カメラ「GFX 50S」の名前を業界に知らしめた人物として知られる。

富士フイルム 代表取締役会長・CEOの古森重隆氏が高らかに富士フイルムの理念を謳い上げた「NEVER STOP」の演説から始まったプレゼンは、飯田氏にバトンタッチした後、放送用カメラのレンズを持ち出して磨き込みの精度を東京ドーム上に乗った一本の髪の毛に喩えて解説するなど、一気にエンタメ要素を多くした。余りに多数の製品が紹介されたので、動画関係部分だけをかいつまんで取り上げたい。

まず、同社製新型中判カメラ「GFX 50R」の新製品発表は、猿人から人への進化図を模倣して機材の軽量化の大切さを語る、大胆なプレゼンから始まった。同カメラは前述のミラーレス中盤カメラ「GFX 50S」と全く同機能ながら、外形サイズを厚さで25mmも大幅に縮小し、重量も145gも大幅に軽量化した上で、ノスタルジーを感じるお洒落なオールドカメラスタイルにまとめ上げた素晴らしいものだ。

動画機能こそフルHDまでと寂しいものの、中盤から来るその強烈なボケと高画質さは旧機種GFX 50Sで定評が高く、その映像は多くの場面で効果的に使われている。同性能を凝縮させた同社製新型中判カメラGFX 50Rにおいても、11月の発売日以降、必ずやその映像は多くの人の目を楽しませてくれることだろう。しかもお値段も4,500ドルと極めて安い価格帯だ。

しかし、旧機種の小型軽量化で手をこまねいている富士フイルムでは無い。「NEVER STOP」のテーマそのままに繰り出されてきたのが新型高画素中判ミラーレスカメラ「GFX 100」だ。GFX 100はその名の通り100Mピクセルの高画素センサーを持つ、超高精細の中判ミラーレスカメラである。

その高画素だけでもとんでもないことで、それだけではなく同カメラはボディ内手ブレ補正機構や像面位相差AFなど数多くの魅力を持つが、映像業界から見たポイントは二つ。GFX 100こそが、ついにシネマ4Kを撮れるミラーレス中判カメラであり、しかも元がミラーレスカメラであるだけに容易に扱えるハンディサイズである、ということだ。

GFX 100はまだ開発発表であり、実機は来年とのことだが、富士フイルムのシネマレンズでの実績とカラーグレーディング方面での定評を考えるに、ゲームチェンジャーになり得るカメラだと考えざるを得ない。発売が大変に楽しみだ。

また、プレスカンファレンスの最後には、富士フイルム製の新型3軸ティルトプロジェクターの開発発表がアナウンスされた。実機は持ち運びが可能なサイズながら様々な方向へと極近距離から映写を行う事が出来ており、これが発売になれば一気に映像の用途も広がると考えられる。こちらも合わせて、発売が楽しみだ。

シグマプレスカンファレンス

シグマ社のプレスカンファレンスは、近隣の植物園の宮殿風ガーデンハウスを借り切って優雅に執り行われた。プレゼンテーションは山木和人社長自らが行い、見事な演出と、同社工場がある会津への愛情溢れる映像の数々で、集まったプレス関係者の心を強く捉えていた。プレスカンファレンスでは互換レンズを多数製造するシグマの多くの製品が(余り関係のない同社製ビールも)紹介されていたが、その中から動画に関係ある部分だけをピックアップしてご紹介したい。

まず、シグマと言えば最近目立つのが、シネマレンズ群だ。これがついに28mm T1.5、40mm T1.5、105mm T1.5の三本のプライムシネマレンズを追加し、通常映画で使われるフルレンジが揃ったことが挙げられる。

続いて、やはり「Lマウントアライアンス」参加は外せない話題だ。シグマはSA-L、EF-Lのマウント変換アダプタを来年発売し、これと、ライカの持つPL-L、M-Lアダプタを組み合わせることで、Lマウント上での、ありとあらゆるオールドレンズ(ミラーレス時代以前の大半のレンズ)の利用を実現しようとしている。

もちろんそうした変換アダプタだけが同社の「Lマウントアライアンス」参加での仕事では無い。山木社長は「1、新しいフォベオンセンサーのフルフレームカメラ本体を2019年中に出す」「2、新規SAマウントカメラの開発は行わない予定」「3、SAマウントのレンズ生産は継続する」「4、SA-L、EF-Lの変換アダプターを2019年中に出す」「5、ネイティブなLマウントレンズを2019年中に出す」「6、最近発売したアートラインなどのレンズのLマウントへのマウント交換サービスを2019年にスタートする」という6つの目標を掲げた。

どれもこれも魅力的かつ、動画世界への影響が大きいものばかりだが、中でも、もし可能であればフォベオンセンサー搭載のフルフレームカメラの4K等の実用サイズでの動画対応が出来れば嬉しいところだ。もちろんフォベオンセンサーはかつての3板センサー並みのデータ量を持つため、高画素化された現在ではその処理が余りに膨大であり、困難なのは間違いがないところではある。いずれにしても、この6つの目標が無事に達成される事を強く願わざるを得ない。

txt:猪蔵・手塚一佳 構成:編集部
Vol.01 [Photokina2018] Vol.03

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-09-28 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.08 Leitz、プライムレンズのThalia-Tシリーズに新ラインナップを検討中

txt・構成:編集部 ライカユーザーならお馴染みのTHAMBAR 90mmがThalia-Tシリーズとして登場 2019年8月発売予定のThalia-T 90m... 続きを読む

[DSJ2019]Vol.03 気になる表示装置と気になるアナ・デジ変換技術

txt:江口靖二 構成:編集部 シブくて新しい展示たち DSJは言うまでもなく日本最大のデジタルサイネージのイベントだ。デジタルサイネージには何かしらの表示装置が必要だ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.07 カールツァイス小倉氏にラインナップが充実してきた「Supreme Prime」の魅力について聞く

txt・構成:編集部 Supreme Primeの拡充から見えてくること Cine Gear展示会場の見どころは、やはりほぼすべてが出揃っているレンズメーカーの展示だ。... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.09 ARRI、パンバータイプのコントローラー「DEH-1」やシグネチャープライムレンズの12mmと280mmを初展示

txt・構成:編集部 パンバータイプで操作できる「DEH-1」をCine Gearで初展示 ARRIブースでもっとも話題の展示はデジタルエンコーダーヘッドの「DEH... 続きを読む

[DSJ2019]Vol.02 オンラインとオフラインをCX(カスタマーエクスペリエンス)で溶かす

txt:江口靖二 構成:編集部 オンラインとオフラインが連携した未来 DSJ2019では、新たにリテール領域に特化したデジタルサイネージ周辺のテクノロジーや事例を集める... 続きを読む

[DSJ2019]Vol.01 基調講演~5G時代に向けたOOHメディアのデジタルトランスフォーメーション

txt:江口靖二 構成:編集部 国内最大となるデジタルサイネージの祭典開催 今年で12回目の開催となる、国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019(デジタルサ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.06 山木社長に聞く~シグマ、シネマレンズ次の一手と「シグマ・バーバンク・ショールーム」

txt・構成:編集部 Cine Gearのシグマブースで、シグマの代表取締役社長、山木和人氏と商品企画部の若松大久真氏にインタビューする機会を得られた。バーバンクオフィス開設... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.05 Sony DMPC(Digital Media Production Center)オープニングイベントレポート

新しいDMPCは、LA東北部の山中のMedia Center Driveにある txt:手塚一佳 構成:編集部 Sony DMPCがオープニングイベントを開催! 5月30... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.02 アンジェニュー、好みの描画に合わせて鏡胴内のレンズや絞り羽根を交換できるプライムレンズ「Optimo Prime」を開発発表

txt・構成:編集部 「なぜプライムを発売しないのか?」お客様の要望から発売へ 業界標準のズームレンズとして親しまれているAngénieuxは、Cine Gear Ex... 続きを読む

特集記事

DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。

トップ > 特集 > [Photokina2018]Vol.02 プレスカンファレンスからみる今年の動向02