PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [IBC2018]Vol.04 ブロックチェーンで映像ビジネスはこう変わる

News

[IBC2018]Vol.04 ブロックチェーンで映像ビジネスはこう変わる

2018-10-01 掲載

txt:江口靖二 構成:編集部

AI関連のセッションが18本もあったIBC2018では、もう一つ、日本ではほとんど扱われていないブロックチェーン関連のセッションが少なくとも6本実施された。日本ではブロックチェーン=仮想通貨=怪しいものというイメージがあるのかもしれないが、IBCでは真剣に映像やコンテンツビジネスにおけるブロックチェーンの可能性を議論する機会が数多く設定されていたのである。

映像業界的に見たブロックチェーンとは何か

ブロックチェーンは放送・映像業界には正直馴染みのない、あるいはよくわからない、関係ないと思われがちである。いったいどういうものなのかを簡単におさらいしておこう。

Wikipediaには次のように記載されている。

(以下、Wikipediaより引用)

ブロックチェーンとは、分散型台帳技術、または、分散型ネットワークである。ビットコインの中核技術(サトシ・ナカモトが開発)を原型とするデータベースである。ブロックと呼ばれる順序付けられたレコードの連続的に増加するリストを持つ。各ブロックには、タイムスタンプと前のブロックへのリンクが含まれている。理論上、一度記録すると、ブロック内のデータを遡及的に変更することはできない。ブロックチェーンデータベースは、Peer to Peerネットワークと分散型タイムスタンプサーバーの使用により、自律的に管理される。フィンテックに応用されるケースでは独占や資金洗浄の危険が指摘されることもある。

わかりにくい。そしてビットコインという単語がいきなり登場し、P2Pとか資金洗浄などというマイナスイメージを持つ単語が並んでしまう。間違いではないが、これを読む限り、映像とは関係ないと感じるのは当然である。

もう少しわかりやすく言い換えてみよう。ブロックチェーンとは、トランザクションをほぼリアルタイムで時系列に記録する、変更不可能で、中央集権型ではない、分散型のデジタル台帳である。台帳に新たなトランザクションを追加するには、その都度ネットワーク全参加者(ノードという)のコンセンサスが必須であり、これによって、操作、エラー、データ品質の管理を連続的に行う仕組みができあがる。

まだわかりにくい。完璧で精緻な説明ではないが、あくまでもわかりやすく書く。ブロックチェーンとはP2P技術のひとつである。ネットワークがスター型やツリー型ではなく、フルコネクト型である。下の図を見ていただくと一目瞭然だと思う。

ネットワークトポロジーの図(Wikipediaより引用

そしてブロックチェーンでは、各ポイント(ノード)に分散して管理され、履歴は全ノードに記録(これが前述の台帳のこと)され、書き換えには全てのノードの合意が必要であるため改ざんができない。また特定の管理機関がないため、権限が一箇所に集中することはない。そのためシステム障害に強く、かつ低コストで運用できる。ブロックチェーンのブロックとは、個々のコンテンツの取引台帳のことで、この取引台帳が相互にフルコネクト型でチェーンしている(繋がっている)ことを示している。

ブロックチェーン視点で見た映像ビジネスの課題とその解決策

現時点では、ケーブルテレビはもちろん、NetflixやHuluも、結局は放送と同じく、まだ中央集権的なアグリゲーターである。コンテンツ制作者はこうしたプラットフォーマーとビジネス契約をしなければ、ユーザーにコンテンツを提供することができない。つまり従来型のテレビ局のネットワークと、OTTサービスの本質的な違いはさほどなく、次のような課題がある。

■プラットフォーム巨大化の弊害

  • クリエイターに分配比率の主導権がない
  • サーバーコストの増加を中央集権モデル(Netflix、YouTube、AWSなど)では支えきれない

■広告モデルでの持続的な成長の限界

  • SEOやアドブロックなど、広告モデルでの発展に限界がきている

これに対しブロックチェーンによって分散化された世界では、リアルタイムでもオンデマンドでも、世界中に点在する数千台数万台のコンピューターが、分散型アプリケーション(Dapps,Decentralized Apps)を介することで、階層型ではない配信システムを構築できる。すでに分散型の動画配信インフラとして、既存のブロックチェーン(ビットコインやイーサリアム、ネムなど)か、全く新たなブロックチェーンを使ったプロジェクトが、以下のようにすでに続々と登場している。このあたりについて日本では情報が皆無に近い。

映像領域におけるブロックチェーンの利用例 ブロックチェーンを利用したプレイヤーの例

そしてブロックチェーンでは、不正・改竄できない台帳を著作権管理に利用し、「トークン」を利用した報酬分配システムを利用できる。トークンとはブロックチェーン上で企業・個人によって発行・流通されている価値交換可能な代替貨幣(引換券)のことである。

映像ビジネスでの利用はeスポーツや実況系のコンテンツから?

IBC2018では、ブロックチェーンの世界で新たなコンテンツとして想定されるのは、いきなりレガシーな放送的なビジネスに利用するのは現実解ではなく、まずはeスポーツやライブイベントのような実況系のものだろうという議論があった。その次にはニュースのようなもので、かつてCGMとかUGMと言われたものに近い。今でも一般人が撮影した現場映像を既存のテレビ局がニュース素材として収集して放送する例が非常に多いが、これらがシステム的に収集、配信され、報酬が支払われるといったものだ。

こうしたコンテンツは、これまでのような受信料や月額料金という考え方ではない、デジタル権利証であるトークンを使うことで、有料でも無料でも、広告主を介在させることで広告モデルにもできる。このトークンはユーザへのインセンティブにも、コンテンツ制作者への報酬にもなり得る。下の図はIBMの子会社であるALPHANETWORKSのブロックチェーンにおける映像ビジネスの概念図である。

ALPHANETWORKSのブロックチェーンにおける映像ビジネスの概念図

インターネットは新たなコンテンツの流通経路にはなったが、結局は中央集権型の構造に本質的な変化はもたらされていない。ブロックチェーン技術は、こうした閉塞感が高まる一方のインターネットに、P2Pによる真の分散構造におけるコンテンツの流動に大きく貢献すると思われる。この点について日本では、ほとんどと言っていいほど議論さえ生まれていない点がひたすら気がかりである。

txt:江口靖二 構成:編集部
Vol.03 [IBC2018] Vol.05

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-10-01 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。

トップ > 特集 > [IBC2018]Vol.04 ブロックチェーンで映像ビジネスはこう変わる