PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [IBC2018]Vol.05 会場から気になるブースをピックアップPart2

News

[IBC2018]Vol.05 会場から気になるブースをピックアップPart2

2018-10-02 掲載

txt:猿田守一 構成:編集部

Blackmagic Design

Blackmagic Designは、昨年と変わらず大きなブースを構えソリューションを展示。中でもBlackmagic Pocket Cinema Camera 4KがIBCに合わせての発売と噂されたが(会期後しばらくしてリリースが始まった)、他の新製品で湧いた。新コーデック「Blackmagic RAW」を発表したことだろう。それに合わせ、Blackmagic RAWのサポートを追加するDaVinci Resolve 15.1アップデートもされた。

Blackmagic RAWは、効率的なエンコーディングと小さめのファイルサイズを実現する。 また3:1、5:1、8:1、12:1では、固定ビットレート・エンコーディングが使用され、予測通りの一貫したファイルサイズで、可能な限り優れたイメージが得られる。

本ブースから少しは離れた所に開発者向けブースを出展しており、そちらのセミナーも非常に盛り上がっていた。Blackmagic RAWが採用しているテクノロジーは、ソフトウェアデベロッパーが簡単にアクセス可能になっている。無償のデベロッパーSDKを使用すると、Mac、Windows、Linuxで、あらゆるサードパーティ製ソフトウェアアプリケーションにBlackmagic RAWのサポートを追加可能になる。

Vitec Group

去年発売されたFlowtech 75の上位バージョンであるボール径が100mmのFlowtech 100が発表となった。カーボンを角型に成形したヘビーデューティーな基本構造で機能はFlowtech 75と同じである。現在はミッドスプレッダー仕様のみなのだが、日本からの要望の多いグランドスプレッダーは現在新しい機能を盛り込んだ形で開発中であるという。

現在付属のミッドスプレッダーは脚の開角度を3段階に調整でき、また、アームの長さも調整可能。またミッドスプレッダーを外した状態でもボール基台大部分の脚の付け根部分で3段階のノッチにより角度調整ができる仕様となっている。最大に開いた場合、ハイハットより少し高い程度まで下げることが可能。今回はFlowtech単体の販売はまだなく、当面三脚システム購入時にFlowtechを選択可能ということの様だ。

■Vitec Group動画レポート

Dolby

Dolbyブースでは家庭用のDolby VisionとDolby Atmosの展示が行われていた。Dolby Visionの圧倒的なハイダイナミックレンジのモニターと家庭用ホームシアター3Dサウンドを5.1チャンネルのスピーカー配列で再現している。実際には四隅に配置されたスピーカーの天板面に天井に向けたスピーカーが配置されており、天井にスピーカーを吊り下げることなく天井反射を利用した上質な3D音響に浸れる仕様となっている。

既にBlu-ray Disc、Ultra HD Blu-ray、Kindle Fire HD、Windows10、Xbox One、Netflixがこの規格に対応しているそうだ。放送の場合はDolby AC4方式を推奨している。AC4方式は多様な再生システムに対応し、伝送レートも今までのものより50%圧縮することができる。

TERIS

会場の一角に中国企業が列をなしている通りがある。PRONEWS的には「長屋」という感じの所だ。NAB Showもそうだがこの一角は活気があるようにうかがえる。その中でも目についたのがTERISという三脚メーカー。NAB SHow 2018の時に私の「ぶらり」で紹介したE-EMAGEの三脚とよく似た感じのSachtlerの丸コピーといった外観の三脚だ。

展示してあった三脚は大型の150φのもので、ペイロードは35㎏という大型カメラ向けの三脚だ。触ってみた第一印象はとてもなめらかで本家の物とあまり変わらないイメージであった。ただ実際にカメラを載せてカウンターバランスを取ったり、細かい調整が可能なのかということを確認できなかったので、本来のポテンシャルを確かめることはできなかった。そのほかにも中型の物もいくつか展示してあった。今後の動静が気になるメーカーであった。

Zhiyun

Zhiyunからは新しいタイプの電動3軸ジンバルWEEBILL LABとCRANE 3 LABの展示があった。WEEBILLはミラーレスカメラに合わせたペーロードでおよそ3kgまでとなっている。またCRANE 3は4.5kgまで。特徴的なのは今までのスティック型とは違い独特な形でホールドするタイプだ。現地ではピストルグリップと言っていた。2か所のグリップ部分にはフォーカスコントロールやズームコントロールが出来るようになっている。

また、それ以外にも簡単にアクセスできるボタン類が装備されている。圧巻だったのはトランスフォーマー的に片手でぶら下げるモードに変えられる事だろう。デモとしてカメラサポーターを用い上からこのCRANE 3 LABを吊った状態で操作していた。ペイロードは4.5kgとRonin-Sよりも重いカメラを搭載できる。動作時間はおよそ10時間とまずまずの性能。今後の展開が楽しみだ。

txt:猿田守一 構成:編集部
Vol.04 [IBC2018] Vol.06

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-10-02 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。

トップ > 特集 > [IBC2018]Vol.05 会場から気になるブースをピックアップPart2