PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE 2018の歩き方]Bコース:シネマレンズ・トレンド考 〜シネマカメラ用交換レンズコース

News

[InterBEE 2018の歩き方]Bコース:シネマレンズ・トレンド考 〜シネマカメラ用交換レンズコース

2018-11-01 掲載

ラージフォーマットセンサー対応プライムレンズや4K対応高倍率放送用レンズの展示に注目

REDのMONSTROセンサー搭載カメラやソニーのVENICE、ARRIのALEXA LFなど、ラージフォーマットカメラシステムの登場によって、カールツァイスやARRIなどからラージフォーマットセンサー対応プライムレンズの発売が相次いでいる。

放送用レンズは、2018年12月から始まる新4K/8K衛星放送を前にして、4K対応の高倍率ズームレンズの発表が盛んだ。Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kの登場によってマイクロフォーサーズ対応のレンズに注目が集まっている。今年のInterBEEでも、多数メーカーからレンズの新製品が展示されるので、各社ブースをじっくりチェックしてほしい。

01 シグマ[#8215]

写真は左から28mm T1.5 FF、40mm T1.5 FF、105mm T1.5 FF

SIGMA CINE LENS全ラインアップに加えSGVシリーズレンズをはじめとした、スチル用レンズを展示。各社最新デジタルシネマカメラとSIGMA CINE LENSシリーズの組み合わせによる描写を試せるモデル撮影デモンストレーションを行なう。

中でもIBC 2018の会期に合わせて発表された3本のシネマ用交換レンズの新製品「28mm T1.5 FF」「40mm T1.5 FF」「105mm T1.5 FF」の実機展示は注目だ。40mm T1.5 FFはシネマレンズとして要求される画角と性能を前提として開発がスタートした初のレンズで、スチル用交換レンズとしても発売。写真用としては馴染みのない焦点距離であり、楽しみなレンズだ。

02 ナックイメージテクノロジー[#6404]

写真はマルチフォーマットに対応した高倍率ズームレンズ「Optimo Ultra 12x」

取り扱いブランドのAngénieuxのラインナップを展示するだろう。9月のIBC 2018や10月のBroadcast India 2018では、Optimo Ultra 12x、Optimo Anamorphic 42-420 A2S、Type EZシリーズを中心に展示。InterBEEでもこのあたりの展示に期待だ。

Optimo Anamorphic 42-420 A2Sは今年のNAB 2018で発表した新製品で、ズーム範囲全域でT4.5を実現し、IROテクノロジーにも対応する。Optimo Ultra 12xは、IBC 2017で発表された高倍率のマルチフォーマットデザインズームレンズで、Cinec Award 2018ミュンヘンのオプティクス部門でアワードを受賞している。

03 カールツァイス[#6403]

写真はラージフォーマット対応のSupreme Prime「35mm/T1.5」

今年5月に発表したシネプライムレンズシリーズの「Supreme Prime」を展示するだろう。15mmから200mmをカバーする全13本で構成されるのプライムレンズ。イメージサークルは46.2mmを確保し、35mmフルサイズセンサー以上のセンサーサイズを持つカメラにも対応。2018年年末に100mm T1.5、2019年3月に65mm T1.5と続く予定。

9月のIBCでは、CP.3 Compact Primes、CZ.2 Compact Zooms、LWZ.3 Lightweight Zoomなども展示しており、このあたりもInterBEEでの展示が予想される。

04 キヤノン/キヤノンマーケティングジャパン[#4207]

4K放送用レンズは、「UHD-DIGISUPER 122」「CJ45e×9.7B」「CJ24e×7.5B」。EFシネマレンズは、「CN-E18-80mm T4.4 L IS KAS S」「CN-E20mm T1.5 L F」「CN-E14mm T3.1 L F」などを展示。

UHD-DIGISUPER 122は、広角端8.2mmから望遠端1000mmの焦点距離で122倍ズームを実現した放送用フィールドズームレンズ。4Kを超える高い光学性能を達成しており、画面中心から周辺部の隅々まで、高い解像力と高いコントラストを実現する高精細な映像撮影ができる。

EFシネマレンズの新製品は10月19日に発売したCN-E20mm T1.5 L Fに注目。スーパー35mm相当、35mmフルサイズ、APS-C、APS-Hのセンサーサイズに対応する広角単焦点レンズ。大口径非球面レンズや異常分散ガラスを採用し、画面中心部から周辺部に至るまで4K対応の解像度と高コントラストを実現している。

05 ケンコープロフェショナルイメージング[#4204]

写真はTokinaの「VISTA」シリーズのライムレンズ(左)とズームレンズ(右)

取り扱い製品のTokina「VISTA」シリーズのプライムレンズとズームレンズ展示する。VISTAシリーズは46.7mmの大型のイメージサークルやすべてのレンズでT1.5の明るさを特徴としており、18mm、25mm、35mm、50mm、85mmをラインナップ。さらに、NAB 2018では105mm T1.5を初公開。InterBEEでも展示を期待したいところだ。

ズームレンズには「VISTA 16-28mmT3 Mark II」をラインナップ。16-28mmフルフォーマットの広角レンズで、16mmから28mmまですべての画角で明るいT3.0絞り値を実現。フォーカス全域でブリージングの発生を抑制している。

06 三友[#4202]

写真は大判単焦点レンズ「Leitz THALIA」(左)と小型軽量が特徴の「Summicron-C」(右)

取り扱い製品のLeitz CINEのラインナップを展示。Full Frame、VistaVision、スーパー35までカバーした大判単焦点レンズ「Leitz THALIA」。径のサイズが95mmで小型軽量の「Summilux-C」は、16mmから135mmの12焦点距離をラインナップ。小型軽量を特徴としている「Summicron-C」は、高いASA/ISOデジタルカメラを念頭に構築され、コンパクトなサイズを維持しながら十分な被写界深度と性能を特徴としている。15mmから135mmまでの11の焦点距離をラインナップしている。

07 富士フイルム[#2116]

写真は46倍ズームを誇る「FUJINON UA46xシリーズ」

4K対応ポータブルレンズとして46倍ズームを誇る「FUJINON UA46xシリーズ」や、4K対応箱型70倍ズーム「FUJINON UA70x8.7」を中心に、高性能4K対応レンズを多数展示する。

UA46×9.5は、9.5mmから望遠437mmまでの焦点距離をカバーするポータブルレンズ。防振機構とドライブユニットの搭載により、スポーツ中継をはじめ、野生動物などを撮影するドキュメンタリー番組や報道取材などでの4K映像制作に貢献している。UA70x8.7は、広角8.7mmから望遠610mmまでの焦点距離をカバーし、スポーツ中継からコンサートやライブ中継などでの多様なシーンで4K撮影が可能。

また、スーパーハイビジョンコーナーを設け、今年12月から開始となる4K・8K実用化放送に向けて、スーパーハイビジョン映像制作に用いることができるFUJINONレンズの紹介も行われる予定だ。


Aコース[InterBEE 2018の歩き方] Cコース

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-11-01 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2018 360°VOYAGE]360°全天球動画でInterBEE会場をご紹介!

厳選360°全天球動画ブースレポート InterBEE2018の会場内で360°全天球動画をお届け!InterBEE2018に参加できなかった方も、会場の雰囲気を少しでも感じ... 続きを読む

[InterBEE2018]クラウディアンブース:容量無制限でデータを保存・管理できるオブジェクトストレージ製品「CLOUDIAN HYPERSTORE」を展示

■クラウディアンブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラ... 続きを読む

[InterBEE2018 ブース動画]会場から動画レポートをお届け!

厳選動画ブースレポート InterBEE2018から動画ブースレポートをお届け! キヤノン ソニー ... 続きを読む

[InterBEE2018]ImageVISIONブース(動画)

InterBEE2018のImageVISIONブース動画です。 ... 続きを読む

[InterBEE2018]PROTECHブース(動画)

InterBEE2018のPROTECHブース動画です。 ... 続きを読む

[InterBEE2018]ケンコープロフェショナルイメージングブース:LEDライトなどの照明機材やシネマレンズの新製品を展示

小型で強力な薄型モバイルLEDライト「mini10」シリーズ 一押しは、MISONICS社の小型で強力な薄型モバイルLEDライト「mini10」シリーズ。内蔵バッテリ... 続きを読む

[InterBEE2018]ATENジャパンブース:PCのコンソールをイントラネット経由で延長可能なIP-KVMエクステンダー「KE89」シリーズを展示

ATENジャパンブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラ... 続きを読む

[InterBEE2018]バイオスブース:8K映像編集に活用できる高速ストレージ「EP112TB3」を展示

バイオスブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[InterBEE2018]AJA Video Systemsブース:次世代の8Kソリューションを多数展示。ユーザーの要望を叶える製品を作り続けること

txt:山下大輔 構成:編集部 AJA Video Systemsブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視... 続きを読む

特集記事

10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。
NAB2018 スペシャルレポート NAB2018
世界最大の放送機器展覧会「2018 NAB Show(NAB2018)」をレポート。
Your Choice?GH5 or GH5S Your Choice?GH5 or GH5S
映像業界で活躍中のカメラマンやディレクターに聞く「GH5」と「GH5S」の選び方。

トップ > 特集 > [InterBEE 2018の歩き方]Bコース:シネマレンズ・トレンド考 〜シネマカメラ用交換レンズコース