PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [SXSW2019]Vol.02 SXSWでAmazon、Netflixら新興勢の巨大プロモ合戦〜VOD勢力図に動きあり

News

[SXSW2019]Vol.02 SXSWでAmazon、Netflixら新興勢の巨大プロモ合戦〜VOD勢力図に動きあり

2019-03-28 掲載

txt:萩原明子 構成:編集部

引き続きSXSW Film部門について見ていこう。「SXSW2019」3月8日から17日まで行われた期間中、会場の内外で目立った動きをみせていたのがNetflix、Amazonら新興勢のプロモーション合戦。番組タイトルがそのまま会場を貸し切りリアルな空間を演出をしていた。それは映像業界の立ち位置の変化を見せつけるようであった。

Amazonプライム新作引っ提げ、ニール・ゲイマン来場

Amazonプライムの新作「グッドオーメンズ」のニール・ゲイマン氏らが来場

SXSWは音楽、フィルム、インタラクティブとジャンルの幅が広く、世界から注目を集めるBtoBイベントである。オースティン・コンベンションセンターを中心に街全体が会場になって、カンファレンスやトレードショー、展示、スクリーニング、ライブが至るところで行われているのが特徴のひとつ。多くのクリエイターやプロデューサー、投資家が集まるイベントだ。

街をぶらぶらと歩いているだけで、思わぬ発見を得ることができるのもSXSWの特徴のひとつ。注目されているものは単純明快に長い列が作られる。今年のSXSWでは、開催序盤に長蛇の列があったのはHBOが誇るヒットコンテンツ「ゲーム・オブ・スローンズ」のプロモーションイベントだった。

今年4月15日に同シリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ 最終章」が全世界同時放送されることもあって打ち出されたもの。ドラマのセットさながらの世界観を表現した館「BLEED FOR THE THRONE」が設置された。館の中はドラマに登場するキャラクターたちがずらり。参加者も登場人物のひとりになった気分で王国の儀式や村で過ごすことができる大掛かりなファン向けイベントだった。

大手スタジオのプロモーション展開はRed Riverストリートに集中し、コムキャストNBCユニバーサルやショウタイムなども大型の企業ハウスを構えていた。そんななか、ひと際目立っていたのがAmazonプライムビデオだった。英国SF作家ニール・ゲイマン原作の「グッド・オーメンズ」をAmazonプライムビデオのオリジナルとしてドラマ化、5月31日から配信を予定していることから、「グッド・オーメンズ」の巨大プロモーションを行っていた。同作にはベネディクト・カンバーバッチが悪魔役として出演されることも発表されている。

会場内外にシャトルバスやポスターなどありとあらゆる番組プロモーション合戦が繰り広げられる。映画祭なのに

SXSWには原作者のニール・ゲイマン本人が来場し、出演予定のジョン・ハム(「マッドメン」)やデイヴィット・テナント(「ドクター・フー」)らと共に同ハウスのオープニングに顔をみせた。話題つくりに長けたAmazonの力の入れようを感じられる場面であった。

ケビン・コスナー舞台挨拶に登壇、Netflixフィルム新作上映&PR

Netflixフィルム新作「ザテキサスレンジャーズ」のオーディエンスチョイス用の投票用紙

新興勢の存在感はNetflixフィルムのワールドプレミア上映にも象徴されていた。3月29日に配信予定のNetflixフィルムの新作映画「ザ・テキサス・レンジャーズ(邦題)」が3月10日にパラマント・シアターで行われ、大きく注目を集めた。

同作は銀行強盗ボニーとクライド逮捕に駆り出された2人の元テキサス・レンジャーが悪党を追い詰める史実に基づく犯罪ドラマ。主演のケビン・コスナーをはじめほぼキャスト陣が揃った舞台挨拶も行われ、ケビン・コスナーは「テキサスが舞台のこの作品をSXSWでワールドプレミア上映スクリーニングを行うことができ、大変光栄だ」などと語り、会場は歓声に包まれた。

同作のプロモーション展開もRed Riverストリート内で行われ、「ザ・テキサス・レンジャーズ」ハウスの前にはやはり長蛇の列が作られていた。映画の舞台である1930年代のアメリカ南西部を再現したハウスの室内ではライブショーなどが行われた。こうしたかたちで上映とプロモーションを同時に打ち出すことで印象づけていたのではないか。映画「ROMA」でNetflixは監督賞初のオスカーを今年手にすることができたところ。抜群のタイミングに、映画スタジオとして抜かりなく攻める。そんなNetflixの戦略も目の当たりにすることができた。

Amazon、Netflixに続いて、同じくオリジナルコンテンツを広げているYouTubeも劇場上映を期間中に実施した。上映したのは映画「ベスト・キッド」シリーズの続編として、YouTube有料版で大ヒットを飛ばすドラマ「コブラ会」のセカンドシーズン。ラマー・シアターでスペシャルイベントとしてパネル講演やパーティーも企画しながら、話題を呼んだ。これら新興勢のSXSWにおける仕掛けは、映像業界における立ち位置の変化を表すものでもある。この5年でオリジナルコンテンツを一挙に増やし、賞レースの常連にもなりつつあるなか、今や欠かせないスタジオのひとつになっていることを明らかにさせていた。

ミッドナイトにホラー12作品が上映されたアラモシアター

一方、SXSWのフィルム部門はインディペンド映画にもこれまで力を入れてきた。次世代のスター監督輩出にも余念がない。そんななか、これからの活躍が期待される監督陣の作品が上映される企画も人気が高い。深夜0時からスタートする「ミッド・ナイト・シアター」ではトレンドのホラー系が揃い、短編映画12作品が一挙上映された。「DEEP Tissue」(アメリカ)や「One Side of the BOX」(同)など異彩を放っていた作品も多く、上映後に行われた舞台挨拶も拍手が巻き起こっていた。

グローバル展開で勢力を増すNetflixやAmazonのオリジナルコンテンツ展開もまだ歴史は浅く、ここ5年で増えてきたところ。インディペンド映画を支持するSXSWではある意味、新興勢は上映やプロモーション展開がしやすい場所なのかもしれない。業界の権威で伝統を守り続ける映画祭とは真逆の民意が制するSXSWで、今後も新興勢が大きく仕掛けていく可能性は十分にありそうだ。オリジナルコンテンツ制作はもはやOTTサービス事業の必須分野。大手OTTから地域OTTまで幅広く参加し、作品を扱うイベントとして、今後も期待できる。

txt:萩原明子 構成:編集部
Vol.01 [SXSW2019] Vol.03

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-03-28 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。

トップ > 特集 > [SXSW2019]Vol.02 SXSWでAmazon、Netflixら新興勢の巨大プロモ合戦〜VOD勢力図に動きあり