PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.08 Leitz、プライムレンズのThalia-Tシリーズに新ライン…

News

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.08 Leitz、プライムレンズのThalia-Tシリーズに新ラインナップを検討中

2019-06-20 掲載

txt・構成:編集部

ライカユーザーならお馴染みのTHAMBAR 90mmがThalia-Tシリーズとして登場

2019年8月発売予定のThalia-T 90mm T2.2。ボディはLEICA SL(Typ 601)

ブースの目玉は、Thalia-T 90mm T2.2だ。まず、Thaliaから今一度紹介すると、ThaliaはARRI ALEXA 65のような大判センサーをカバーするイメージサークルをもち、24mmから180mmの9本(24、30、35、45、55、70、100、120、180mm)をラインナップする大判単焦点レンズシリーズだ。そこに新しく登場したのが、Thalia-T 90mmだ。Thalia Tの「T」はタンバールのT。ライカM用のTHAMBAR-M 90mmの光学系を使って実現している。

タンバールは、意図的に球面収差を残した個性的なプライムレンズだ。球面収差は取り除くのが一般的だが、あえてそれを残す。その効果を楽しむとレンズとなっている。そのため、開放付近では、光が滲んだ柔らかいビンテージな描画となる。一般的なシャープな画がほしい場合は、絞ればシャープになる。わずかに絞っても効果の出方は変わる。この効果が出る範囲の好みを見つけるという使い方もできる。

タンバールの効果はフィルターでも得られない、ポスプロで実現しようとするならば大変な時間がかかってしまう。レンズで引き起こされる球面収差でしかできない効果で、大変貴重なレンズといえるだろう。

Thalia-T 90mm T2.2とLEICA SL(Typ 601)の描画の例。シャッター速度は1/8000で絞りはF2.4 シャッター速度は1/3200で絞りはF4 シャッター速度は1/1000で絞りはF6.8

Thalia-Tはミニシリーズとなり、50mmや120mm近辺、70mm付近のラインナップを検討中

左から、レンズ開発担当のAurelian Dodoc氏と話を聞かせて頂いたアジア地域セールスマネージャーの塚田理氏

Thalia-T 90mmの特徴や今後の展開について、塚田氏に話を聞くことができた。その内容を紹介しよう。

――Thalia-T 90mmの発売はいつぐらいを予定されていますか?

8月に発売を予定しています。

――Thalia-T 90mmの光学系はタンバールの移植でしょうか。

90mmに関しては、Mレンズ用として発売されていますタンバールの光学系を使っています。

――90mm以外のラインナップは予定されていますか?

当初ラインナップの拡充は予定していなかったのですが、90mm以外の要望をたくさん頂きまして、2~3本を検討中です。50mm近辺を1本、120mmか135mm近辺を1本、もしかしたら70mm近辺で1本を検討しています。

――タンバールは90mmしかありません。新しい焦点距離は、どのようにして実現するのでしょうか?

Thaliaをベースにして作ります。Thaliaの存在するエレメントを使って、球面収差と呼ばれるエフェクトを再現します。

――タンバールで90mm以外を作るということですか?初めてではないでしょうか?

はじめてですね。ライカもやっていません。Thalia-Tシリーズと呼ぶミニシリーズになりまして、Thalia-Tの50mmとなる予定です。発売時期などは決まっていません。

――Thalia-Tシリーズはどのようなシーンで使われそうですか?

実は90mmのプロトタイプは今、ハリウッドの大作の撮影に使われています。Thalia Tを使いたいという要望を頂いて、貸し出し中です。ALEXA 65とThaliaで撮影されていて、公開は1~2年後になるでしょう。

球面収差は、レンズの設計でしか得られない効果です。フラッシュバックや回想シーン、夢の中、そういったところでフィルターやポスト処理では得られない効果に使われるのではないかと思います。

ASC100周年記念モデルのM10もブースに展示されていた。金色のSummicron 35mmと一緒のセット販売のみ。台数は100台の限定となっている
txt・構成:編集部
Vol.07 [Digital Cinema Bülow VIII] Vol.09

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-06-20 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.16 会場で気になったあれこれ

txt・構成:編集部 美しい肌の色調と滑らかなボケ味を実現したPLプライムレンズ「Sumire Prime」 キヤノンは、NABで発表したSumire Prim... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.15 SmallHD/Teradek:ワイヤレスプロダクションモニターやカメラコントロール対応モニターを展示。両社の技術が新製品に集結

txt・構成:編集部 撮影現場での映像確認やDITに最適な17インチワイヤレスプロダクションモニター「17RX」 TeradekやWooden Camera、Sma... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.14 Cine Gear Expo 2019〜ATOMOS:オンセットやスタジオ用HDRシネマモニター/レコーダー「NEON」を展示

txt・構成:編集部 オンセットやスタジオ向けのHDRシネマモニターレコーダーが登場 ATOMOSは、Cine GearでHDRシネマモニター/レコーダー「NEON」を... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.13 富士フイルム、100メガピクセルのラージフォーマットミラーレス「GFX100」やシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」を展示

txt・構成:編集部 話題のラージフォーマットミラーレスカメラとシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」との組み合わせがユニーク 富士フイルムブースの注目は、... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.12 きれいなフレアとボケ味が特徴のプライムレンズの新製品「Tokina Vista One」シリーズを展示

txt・構成:編集部 シングルコートが特徴のフレアを実現したVista Oneシリーズをデモ 今年のTokina Cinemaブースは、昨年よりも大きくなっている。メイ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.11 ニコン、フルフレームミラーレスカメラで12ビットProRes Raw出力対応「Z 7」を展示

txt・構成:編集部 3:2のフルフレームセンサーを16:9に上下カットした形で収録可能予定 Cine Gear展示エリアに、ニコンはブース出展していない。しかし、AT... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.10 パナビジョン、NDフィルターの度合いを調整できる6ストップ「LCND」フィルターシステムを展示

txt・構成:編集部 スタンドアロンでもワイヤレスでも濃度の調整が可能な「LCND」 パナビジョンは、レンズ、カメラ、フィルターから制作ワークフロー、ポストプロダクショ... 続きを読む

[DSJ2019]Vol.03 気になる表示装置と気になるアナ・デジ変換技術

txt:江口靖二 構成:編集部 シブくて新しい展示たち DSJは言うまでもなく日本最大のデジタルサイネージのイベントだ。デジタルサイネージには何かしらの表示装置が必要だ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.07 カールツァイス小倉氏にラインナップが充実してきた「Supreme Prime」の魅力について聞く

txt・構成:編集部 Supreme Primeの拡充から見えてくること Cine Gear展示会場の見どころは、やはりほぼすべてが出揃っているレンズメーカーの展示だ。... 続きを読む

特集記事

DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。

トップ > 特集 > [Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.08 Leitz、プライムレンズのThalia-Tシリーズに新ラインナップを検討中