PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.16 会場で気になったあれこれ

News

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.16 会場で気になったあれこれ

2019-07-11 掲載

txt・構成:編集部

美しい肌の色調と滑らかなボケ味を実現したPLプライムレンズ「Sumire Prime」

キヤノンは、NABで発表したSumire Primeをメインに展示していた。Sumire Primeを開発するうえでのキヤノンの試みとしては、「フレアが発生しない」などのエンジニアリングとして完璧なレンズとは方向製が異なる、個性をもったレンズを目指したという。

業界では、ビンテージレンズを求める声も多く、キヤノン製のプライムレンズであれば米国映画アカデミー科学技術部門賞受賞した35mm映画用レンズ「K-35」シリーズを復活する声も根強い。Sumire Primeはビンテージレンズの復活を実現したプライムレンズではなく、最新の技術を使って暖かみのある肌色を再現した映像描写を実現したとのことだ。

ブースではSumire Primeを一押しで展示 Sumire Primeと5.9Kフルサイズセンサーを搭載したEOS C700 FF PLを組み合わせて展示 ブース内に点光源を設置したSumire Primeの試写コーナーも用意されていた キヤノンブーススタッフが着ていたのはSumire PrimeTシャツ。Tシャツ前面にはSumire Primeの米国発音「Soo mee ray」の文字が大きく入っているのが面白い

フォーカス、アイリス、ズームを制御する新型ワイヤレスシステム「Heden Ymer-3」を展示

Hedénは、Cine Gearで新しいワイヤレスFIZシステム「Heden Ymer-3」を展示した。これまでは一軸対応だったが、Heden Ymer-3はフォーカス、アイリス、ズームに対応。Ymer-3を実際に触ってみると、動きがやっぱりいい。Heden Ymer-3でも、遅延のない直感的な操作を継承している。

フォーカス、アイリス、ズーム用のワイヤレスコントロールシステム「HedénYmer-3」 HEDEN YMER-3用レシーバー

武蔵オプティカル設計の初のシネズームレンズを展示-Duclos Lenses

面白かったのは、レンズ修理のデモンストレーションだ。Duclos Lensesといえば技術の高さで有名だが、治具まで使ってテクニックを公開している様子は必見だった。

ブース内でレンズ修理のデモンストレーションを公開

Duclos Lensesオリジナルのレンズ用のアクセサリーの展示も行われていた。例えば、PLエクステンションチューブは、PLマウントレンズでマクロ撮影を可能にするもので、15mmと20mm、35mmの3種類をラインナップしている。

マクロ撮影を可能にする「PLエクステンションチューブ」

ブースの展示でもっとも目を引いたのは、「Takumi 23.9-195mm T2.9」の展示だ。日本の光学メーカー、武蔵オプティカルシステムによって開発製造された初のシネマレンズで、Super 35をカバーし、PLマウント対応。

23.9-195mmという焦点距離の幅の広さが特徴で、ズーム1本である程度の使用範囲をカバーできる。幅広い焦点距離全体でありながらも、T値はランピングのないT2.9を実現している。

武蔵オプティカルシステムのスタッフによると、交換レンズはお客様のカスタム対応で作ったことはあるが、製品としてズームレンズを実現したのは初めだという。今後、市場の調査をして、武蔵オプティカルシステム独自の特徴を生み出し、レンズの開発に力を入れていく予定だという。

武蔵オプティカルシステムのTakumi 23.9-195mm T2.9 約10倍に迫る焦点距離を実現しながら、T値は全域で2.9を実現しているところも注目だ txt・構成:編集部
Vol.15 [Digital Cinema Bülow VIII] Vol.01

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-07-11 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Camera Preview 2020]Vol.03 C300 Mark IIとVideo Assist 12GでBlackmagic RAW収録を実現

txt:松盛俊道 構成:編集部 Video Assistにレコーダーを搭載。バックアップレコーダーとして活用可能 筆者は神戸や大阪を中心に、ブライダルの撮影や映像製作に... 続きを読む

[Camera Preview 2020]Vol.01 スキントーンが破綻しにくいDGOセンサー搭載シネマカメラ「C300 Mark III」登場。カメラマン手嶋氏に聞く

txt 構成:編集部 撮影:小山田有作 「フィッシュマンズ」のヒューマンドキュメンタリー制作をC300 Mark IIで撮影 今年の春に発表されたシネマカメラの中でも、... 続きを読む

[再現NAB2020]まとめ:キヤノン編

製品レポート EOS C300 Mark III CINE-SERVOレンズ 業務用... 続きを読む

[再現NAB2020:キヤノン]新開発センサー搭載により16+Stopsの高ダイナミックレンジと低ノイズを実現した「EOS C300 Mark III」

4K120P撮影に対応したデジタルシネマカメラ「EOS C300 Mark III」 キヤノンがNAB2020で展示予定だった新製品「EOS C300 Mark III」は、... 続きを読む

[再現NAB2020:キヤノン]1.5倍のエクステンダーをレンズ本体に内蔵したEFシネマレンズ「CINE-SERVOレンズ」シリーズ

CN10×25 IAS S/E1(EFマウント)、CN10×25 IAS S/P1(PLマウント) キヤノンがNAB2020で発表予定だったのは、8Kカメラに対応する光学性能... 続きを読む

[再現NAB2020:キヤノン]業務用4Kディスプレイ7製品のファームウェア発表

DP-V3120/V2421/V2420/V2411/V2410/V1711/V1710のファームウェア発表 キヤノンは、同社の業務用4Kディスプレイ7製品(DP-V3120... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.04 キヤノンはプロ向けとともにコンセプトカメラ展示を大プッシュ

取材・文:編集部 撮影:小山田有作 この緑のエリアは何?若者や女性に支持される新型カメラを本気で展示予定だった 毎年、CP+展示会場の中でも圧倒的な存在感のキヤ... 続きを読む

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

特集記事

Camera Preview 2020 Camera Preview 2020
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。

トップ > 特集 > [Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.16 会場で気になったあれこれ