PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE 2019の歩き方]Eコース:ポスプロ制作ツール巡礼 ~ポストプロダクション/ソリューションコース

News

[InterBEE 2019の歩き方]Eコース:ポスプロ制作ツール巡礼 ~ポストプロダクション/ソリューションコース

2019-11-11 掲載

主にポストプロダクションで使用されるノンリニア編集ツールやソリューション、周辺器機を巡るコース。斬しくBlackmagic RAWやProRes RAWに対応した編集ソフトや、HDRコンテンツ作成のソリューションを見て回ることができる。

01 EIZO[#7510]

今年はグループ会社のカリーナシステムと共同出展。EIZOの主な展示製品は、ColorEdge PROMINENCE CG3145-BSや、ColorEdge CG319X、ColorEdge CS2740、FORIS NOVA。

カリーナシステムからは、追っかけ編集システム「MEDIASYNERGY CLIPPER」、LAN/RS-232C制御リモート雲台「PT-LAN50」、4K60p対応IPネットワークカメラ、オンエア映像局内同時配信システムを展示する。

展示の目玉は、新型HDRリファレンスモニターだ。入力端子にSDI端子を搭載し、HDR画質の再現性や操作性も大きくバージョンアップしたCG3145-BSの後継機種が展示される。

02 さくら映機[#7413]

ワークステーション1台で収録からファイル出力までをカバーする8K/60p対応のリアルタイム編集システム「8K Prunus」を展示。

4K60p×4回線収録のリアルタイム追っかけマルチカム編集システム「Super 4K Prunus」の特別展示や、各種カメラによるHEVCコーデックにネイティブ対応し、4K/HD-SDIからの編集プレビュー同時出力に対応した「4K Prunus Ver2.0」の展示も行われる。

ブースでは、実際の8K番組を制作する8K番組制作ワークショップを開催。タイムテーブルは同社Webサイトを参照してほしい

(以下、さくら映機Webページより引用)

  • 日程:11/13、11/14、11/15、11:00〜、13:00〜、14:30〜、16:00〜
  • 8K番組制作ワークショップ「8K映像がみた東京の今 -MIXTURE TOKYO 2019- 」
  • 演出:時蔵株式会社 / 技術協力:株式会社NHKテクノロジーズ / 企画支援:清原 潤

03 グラスバレー[#7313]

報道編集で高いシェアを誇る「EDIUS」、カラーグレーディングを含むポストプロダクションツールの「Rio」を展示。共に日本で開発する両編集システムの最新バージョンをリリース。さらに、8Kに対応するEDIUSの最上位モデルも紹介する。

また、ライブ中継の現場と局内設備をIPで接続、現場に持ち込む機材とライブ制作の効率をアップするEnd to End のIPソリューションを展示。海外のリモートプロダクション事例も紹介する。

04 AJA Video[#7312]

IBC 2019で発表された3G-SDI HD/SDビデオ信号のフレームシンクロナイザー「FS-Mini」や、12G-SDI接続対応でHDR/SDRのモニタリングとアナライズに対応する「HDR Image Analyzer 12G」などの新製品を展示。

今年4月に発表されたマルチチャンネルH.264HD/SDレコーダー&プレイヤー「Ki Pro GO」、openGear準拠でビデオフレーム同期に対応する「OG-FS-Mini」、スケーリング/スキャニング変換を拡張する「OG-ROI-DVI/OG-ROI-HDMI」、H.264の収録/配信にボタン一つで対応する「HELO」など、最新の製品群を組み合わせたソリューションを見ることができる。

05 アビッドテクノロジー[#6210]

ブース内のビデオステーションでは、最新のMedia Composer 2019、Avid Cloud SolutionおよびFastServe Streamなど最新のクラウドソリューション、J-Newsのデモ実演を行う。

Media Composer 2019は、フリーのエディターからCMや番組・映画製作者向け業界スタンダードのノンリニアビデオ編集ソフトウェア。プロ仕様のビデオ編集、エフェクト、タイトル作成、カラー、オーディオの各種ツールが幅広く備わっており、ストーリーを完璧に磨き上げることができる。

ブース内ステージにて、ハリウッドから海外スピーカーゲストによる講演、国内スピーカーゲストによる様々な事例紹介の他、製品最新情報のご紹介などを行う。タイムテーブルはアビッドWebページを参照してほしい

(以下、公式サイトより引用)

  • 【海外ゲスト講演】Guest Speaker: 映画 ゾンビランド:ダブルタップ編集
  • 【国内ゲスト講演】8K HDRショートフィルム「Three Trees」 制作ワークフローの紹介
  • 【国内ゲスト講演】高校野球の臨場感を伝える、Pro ToolsとFlux Spat Revolutionを使ったケーススタディ
  • 【国内ゲスト講演】WOWOWのイマーシブサウンドへのアプローチ
  • 【国内ゲスト講演】過去のREBECCAライブコンテンツを利用した、最新イマーシブサラウンドミックス制作秘話とテクニックの紹介
  • 【アビッドテクノロジー】Avid Edit on Demand & 最新情報
  • 【アビッドテクノロジー】Media Composer Beginner Session

06 朋栄[#4206]

ブース内を7つのエリアに分けて展示。キー局や準キー局だけでなく、地方局やケーブル局のIP化、4K化に向けた最新ソリューションや、既存ワークフローを改善可能なシステムを出展。

中でも興味を引かれるのは、プロセッサーコーナーに展示される12G-SDI対応シグナルプロセッサー「FA-9600」。標準でHD2系統、オプションで4K+HDの処理が可能。SR Live for HDRに対応するほか、SFP+オプションも登場。4K HDRディスプレイの設定を連動させるVideo Payload ID連動機能を搭載している。

輸入品コーナーでは、ライブ配信環境を提供するDejero社のソリューションに注目。映像伝送用の簡易中継ソリューション「Dejero EnGo「Dejero PathWay」や、各種データ転送も可能にするインターネット接続ゲートウェイ「Dejero GateWay Router」を紹介する。

07 アストロデザイン[#3114]

「さまざまな産業分野への8K応用」をメインテーマに、超高精細映像技術とその応用事例を展開。8K産業利用ゾーンでは、小型8K120Hz対応カメラとTamazone Workstationの組み合わせによる8K映像解析アプリケーションや8KVRシステム、8K伝送システムなど、8K映像の活用方法を提案。

8K放送ゾーンでは、8Kカムコーダーや光伝送装置などのカメラ周辺機器、スロー再生に対応した8Kビデオサーバといった8K映像制作に欠かせない機器を紹介。

8Kシアターでは、NHKエンタープライズとNHKテクノロジーズの共同制作による8K 3Dインタラクティブ映像作品「カナシミの国のアリス」を上映する。

08 オタリテック[#2413]

LAWO社、Riedel社のビデオ、IP/ST2110関連製品を多数展示予定。 またモニタースピーカーのPMC、ライブサウンド/設備向けラウドスピーカーのd&b audiotechnikは規模を拡大した展示を予定している。

LAWO社では、コンソールの中でも最大の導入数を持つmc56が目玉となる。SMPTE ST2110、AES67/RAVENNAへネイティブにフルサポートし最新第3世代ヴァージョンを展示予定。Riedelからは、インカム・パネルをはじめ,様々なアプリケーションに対応するハイブリッド・レバー・キー搭載の多機能インターフェイス「RSP-1232HL」を展示。PMCからはアクティブ・ラージ・スタジオ・モニター「QB1-A」を展示する。


Dコース [InterBEE 2019の歩き方] Fコース

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-11-11 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE 2019の歩き方]Gコース:AWSクラウドベースのメディアソリューション

放送業界のクラウド、IP化が叫ばれて久しいが、いよいよここに来てそれが本格化したように思われる。今回はそのトレンドを受けクラウドやIPに関して最前線であるAWSクラウドを中心に巡る... 続きを読む

[InterBEE2019]Inter BEE 2019の歩き方.tvデイリーレポートDay02:各人の視点でみた今の映像制作、あり方を考える

Inter BEE 2019 11月14日 ふるいちやすし 今回は2日目の朝イチから歩き方.tvだったので初日に下見... 続きを読む

[InterBEE2019]Inter BEE 2019の歩き方.tvデイリーレポートDay01:令和最初の祭典はどうだった?

Inter BEE 2019 11月13日 岡英史 映像業界1年の締め括りとも言えるInterBEEが今日から開催された。今年はオリ... 続きを読む

[お知らせ]新企画PRONEWSスタンプラリー開催中。Mavic MiniやSamsung SSDなど豪華商品も!

展示会場でスタンプラリーInterBEE 2019を開催 PRONEWSでは、InterBEEの展示会場を見ながらも、豪華商品が当たる「スタンプラリーInterBEE 201... 続きを読む

[お知らせ]毎年恒例PRONEWSオリジナル「Inter BEE 2019の歩き方」ガイドマップを会場配布します!

特集「Inter BEE 2019の歩き方」の内容や、順路を網羅したオリジナルのガイドマップを作成しました!簡単にコンパクトに収納できて持ち運びも便利です。InterBEE会場にお... 続きを読む

[InterBEE 2019の歩き方]Dコース:カメラアクセサリーの世界 ~ジンバル/スタビライザー/三脚コース

カメラと一緒に使うアクセサリーを巡るコース。このコースで、SSDや三脚、スタビライザー、レコーダーなどをチェックすることが可能だ。 01 アイ・ディー・エクス[#8503... 続きを読む

[InterBEE 2019の歩き方]Cコース:スタジオ&配信機材の最前線 配値/スイッチャーコース

※写真は昨年の様子 配信機材やスイツチャー、メディアコンバーターを巡るコース。ライブ配信ニーズの高まりで、配信機材やスイッチャーの新製品が増えている注目のジャンルだ。 ... 続きを読む

[InterBEE 2019の歩き方]Fコース:ソフトウェア駆動IPビデオ技術を巡る〜NDIパートナー編

今年のInterBEEも、例年以上にNewTek社によって開発されたNDI対応製品が見どころだ。NDI(ネットワークデバイスインターフェイス)とは、ネットワークを介したライブ中継映... 続きを読む

[InterBEE 2019の歩き方]Bコース:シネマレンズ・トレンド考 ~シネマカメラ用交換レンズコース

デジタルシネマカメラ用の交換レンズについて考えるコース。InterBEEはなかなか手に取る機会の少ないシネマカメラ用交換レンズに触れられる絶好の機会だ。 01 サイトロン... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE 2019の歩き方]Eコース:ポスプロ制作ツール巡礼 ~ポストプロダクション/ソリューションコース