PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Film Shooting Rhapsody:はじめての16mm Film編]Vol.02 フィルムの購入、カメラの清掃方法を身につける

News

[Film Shooting Rhapsody:はじめての16mm Film編]Vol.02 フィルムの購入、カメラの清掃方法を身につける

2020-04-07 掲載

txt:荒木泰晴 構成:編集部

フィルムを注文する

2回目のフィルム装填体験の前に、本番用のフィルムを購入した。コダック社へ行って直接買う方法もあるが、ネットで注文するのが一般的。

例えば、「yahoo kodak」(写真1)のキーワードで検索すると、「KODAK Motion Picture Online Shop」(写真2)が出てくるので、「コダックモーションピクチャー公式オンラインショップ」(写真3)へ行くと、フィルムの種類と価格が載っている。

写真1 写真2 写真3

今回は、「16mm/100ftコダックVISION3 250Dカラーネガティブフィルム7207/スプール巻き片目」(写真4)を選択。

写真4

カード決済にして、数日待つと、実物が届く(写真5)。ネット通販の通常取引だ。

写真5

フィルム装填の復習

体験2日目。2月23日(日)、午後1時。石原麻里衣さんが来宅。

早速、石原さんからフィルム装填のおさらい。最初の1回は、明るい環境で、目視しながら、確実に装填して手順を思い出す。次に、ダークバッグで3回連続して同じ状態で装填できれば卒業。

石原さんは、ゆっくりだが確実に装填できるようになった。フィルムのたるみ(ループ)の状態も、毎回同じ大きさに装填できて、3回連続で成功。

写真6

遅れて到着した荒木亮君がおさらいした後、ダークバッグで装填。留学していた時の実習経験を思い出したらしく、装填時間は速い。

写真7

ところが、肝心なフィルム走行経路を閉じるレバーを押し忘れたり、ケアレスミスが数回続いた。

写真8

「ゆっくりでいいから、確実に」と、手順を踏むと、3回連続して成功。ループの大きさも同じになった。これで、二人ともフィルム装填はOK。2日目でここまで来れば順調以上の出来。

カメラの清掃と手入れ

カメラを手入れする用品を紹介する。

写真9

(1)ブロアー(写真10)で細かい埃やフィルムの切れ端を吹き飛ばす。いつでも使えるように数個持っている。

写真10

(2)クリーニングペーパー(写真11)メーカーは様々だが、細かい繊維が剥がれ落ちない材質の、吸湿性の良い紙でできている。

写真11

(3)レンズクリーナー(写真12)。これもメーカーは様々だが、成分はほとんど同じ。

写真12

(4)セーム皮(写真13)。ボディ外側の清掃に使う。セーム皮も繊維が剥がれ落ちない。

写真13

(5)綿棒(写真14)。溝や細かい隙間の清掃に使う。

写真14

(6)無水エタノール(写真15)。金属やガラス部分の清掃に使う。プラスチック部分には使わない。

写真15

(7)油脂類(写真16)。左から、ミッチェルオイル新型、ミッチェルオイル旧型(遥か昔に製造終了)、お馴染み呉工業の潤滑剤「5-56」シリーズ。この他にグリスを適宜塗布して錆止めに使う。

写真16

オイルを差す

アリフレックス16STには、日常にオイルを差すポイントが2か所(写真18、19)。フィルムゲート近くと、フィルム駆動メカの近くにある。1000フィート程度回した後、ミッチェルオイルを数滴給油する。銀色のボールベアリングの上に垂らし、竹串でボールを押すと、スプリングで押されているボールが引っ込み、隙間ができて、オイルが内部に入る。多めに差すと、フィルムに付着するので、適量が肝心。

写真17 写真18 写真19

ボディ内部とフィルムゲートの清掃

はみ出したオイルを拭き取ると同時に、ブロアーで埃を吹き飛ばしながら(写真20)、クリーニングペーパーで拭き上げる。ボディ内部とフィルムゲートを徹底的に掃除する(写真21、22)。

写真20 写真21 写真22

例えば、フィルムゲートに砂粒があると、100フィート全てに直線の傷が付く。また、フィルムゲートそのものの傷は指で触って確認する。傷はラッピングしないとカメラが使えないので、その点検も兼ねて丁寧に行う。

レンズマウントの清掃

レンズマウントに汚れがあると、レンズの付け外しがスムーズにできない。ロケから宿に帰ると、毎日清掃する。使えば清掃するのが基本。汚れていないようでも、クリーニングペーパーにはこんな汚れが付着する(写真23、24、25)。

写真23 写真24 写真25

レンズクリーニング

レンズは放置すると、埃や汚れを吸着する(写真26)。

写真26

まず、ブロアーで埃を吹き飛ばす(写真27)。

写真27

クリーニングペーパーにクリーナーを数滴垂らし、中心から円を描くように、優しく拭く。決して力を入れてはいけない(写真28)。

写真28

乾いたペーパーで、クリーナーを拭き取る(写真29)。

写真29

「レンズ拭き3年」、と言われるくらい、プロでも修業が必要。慣れない助手が拭くと、50回程度で傷が付く。

ヒゲのチェックと清掃

16mmフィルムで一番見苦しいのは、画面の上下に現れる通称「ヒゲ」と呼ばれる、細い繊維。これが出ると、現像所から「何フィートから何フィートまでヒゲが出ています」という警告書、通称「ラブレター」が付いてくる。撮影部全体がゾッとする瞬間だ。

防ぐには、「徹底した清掃」以外にない。

ボディを隅々までクリーニングし、徹底的にブロアーでゴミを吹き飛ばす。ダークバッグも裏返し、目に見えない小さなチリまで叩き落しておく。

写真30

ここまでしても、ダークバッグの繊維まで無くすことはできないので、フィルム装填後、数フィート回して、改めてフレームの周りを照明付きルーペで詳細に観察する(写真31)。

写真31

発見すると、楊枝や竹串を舐めて、フレームの周囲を清掃しながら、取り除く。(写真26、27)

写真32 写真33

再び、1フィートほど回して、出ていなければ、ほとんどの場合ヒゲは出ない。この手順を守ってもヒゲが出る場合は、最初のクリーニングが足りていない。

この作業は、デジタルカメラのセンサークリーニングと同じで非常に重要である。フィルムカメラの「清掃と手入れは、修行」というのがふさわしい。

これで、回す準備は整った。第3回は、三脚、レンズ選定、カメラ操作、テスト用フィルムを装填して、本番を想定して回してみる。

txt:荒木泰晴 構成:編集部
Vol.01 [Film Shooting Rhapsody] Vol.03

[ Category : ]
[ DATE : 2020-04-07 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Film Shooting Rhapsody:はじめての16mm Film上映編]Vol.07 16mmフィルムをデジタイズする

txt:荒木泰晴 構成:編集部 フィルムを編集する方法 (01)ラッシュポジフィルムを切り貼りする。 フィルムで撮影したのなら、ポジを編集機にかけて、切り貼りして仕上... 続きを読む

[Film Shooting Rhapsody:はじめての16mm Film上映編]Vol.06 フィルム現像引き取りと試写でチェック

txt:荒木泰晴 構成:編集部 現像されたフィルムを受け取る 最近、フィルムを試写する機会が少なくなった、というより、ほとんどない状況だ。 フィルムで撮影して... 続きを読む

[Film Shooting Rhapsody:はじめての16mm Film上映編]Vol.05 IMAGICA Lab.にカラーネガフィルムの現像を依頼する

txt:荒木泰晴 構成:編集部 フィルム現像出しの依頼方法 現在、映画フィルム現像を業務とするプロ向けの現像所は2か所。「株式会社IMAGICA Lab.」と「株式会社... 続きを読む

[Film Shooting Rhapsody:はじめての16mm Film編]Vol.04 桜の撮影本番

txt:荒木泰晴 構成:編集部 フィルム装填 第4回目は3月27日(金曜日)午前10時から、いよいよ、桜の撮影本番。天候は、明るい曇り。コントラストの柔らかい光で、穏や... 続きを読む

[Film Shooting Rhapsody:はじめての16mm Film編]Vol.03 三脚とカメラの操作。パンとティルトの実践

txt:荒木泰晴 構成:編集部 フィルム装填の確認 第3回目は3月15日(日曜日)午後1時から。筆者のアラスカロケのために2週間ほど間隔が空いた。 最終確... 続きを読む

[Film Shooting Rhapsody:はじめての16mm Film編]Vol.01 フィルムの装填を身につけるまで

txt:荒木泰晴 構成:編集部 未経験者が16mmフィルムを100フィート回すまで 16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はカメラへ... 続きを読む

[Film Shooting Rhapsody:メイキングストーリー編]Vol.04 16mmネガフィルムをCintel Scanner 2でデジタル化

txt:酒井洋一/編集部 構成:編集部 現像済みの16mmネガフィルムをスキャンしてデジタル化 Vol.02ではデジタルと16mmネガフィルムで撮影したANIME GI... 続きを読む

[Film Shooting Rhapsody:メイキングストーリー編]Vol.03 東京現像所に16mmカラーネガフィルム現像の手順を聞く

txt:酒井洋一/編集部 構成:編集部 16mmカラーネガフィルムの現像出しは個人や小規模プロダクションでも可能 Vol.02では、16mmカラーネガフィルムとデジタル... 続きを読む

[Film Shooting Rhapsody:メイキングストーリー編]Vol.02 ARRI ARRIFLEX 16SR2と16mmネガフィルムなどで制作~ANIME GIRLのMV撮影現場レポート

txt:酒井洋一 構成:編集部 ANIME GIRLのMVを16mmフィルムとデジタルで撮影 10月に公開したVol.01では、フィルム撮影の魅力やフィルムの種類、入手... 続きを読む

特集記事

AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。

トップ > 特集 > [Film Shooting Rhapsody:はじめての16mm Film編]Vol.02 フィルムの購入、カメラの清掃方法を身につける