PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2012]Vol.00 今年は何かが起こる!再編される映像世界。CES2012開会直前に今年のトレンドを考える

News

[CES2012]Vol.00 今年は何かが起こる!再編される映像世界。CES2012開会直前に今年のトレンドを考える

2012-01-09 掲載

CES PRE-Conferenceに並ぶ人々。どこまで行っても長い列…

いよいよはじまるCES2012

CES2012が開催間近だ。CESは、言うまでもないが米国ラスベガスで開催されるInternational CES(International CES(Consumer Electronics Show)。本日1月8日(米国現地時間)、日曜日ののんびり気分を吹き飛ばすような人の熱気と共に展示会前のプレス向け事前カンファレンスや招待制イベントが念入りに行われている。

CES2012unveid.jpg PRESSだけで1000人以上はいる…。

例年、開催期間が1月の第一週であったが、今年は少し遅く展示会は1月10日から1月13日まで開催される。CESでは、デジタル家電、オーディオ機器だけではなく、今や世の中の生活を支えるインフラとなったインターネットに関連する様々なソリューションが複合した世界最大の見本市だ。PRONEWSの領域であるプロユースの映像機器だけではなく、レンジをまたいだ様々な機器やサービスが展示会場でしのぎを削っている。

今年のテーマは?

CES2012smartTV.JPG 空港でいきなりの登場。SMART TV

例年、CESで取り上げられるテーマはその年のトレンドを占う重要な要素だ。一昨年は3Dと電子書籍、昨年は「テレビのスマート化」と「カムコーダーの3D化」だった。さて今年はどうだろうか?

昨年は事前カンファレンスで早々にその方向が示された。「The Year of the Interface(インターフェース)」だ。近年、タブレットデバイスだけではなく、様々なデバイスでインターフェースの変化が急激に起きた。例えば何かを入力するという行為においても、タッチパネルだけではなく、さらに音声やジェスチャーによる入力機器が出てきた。今年はさらにその流れが加速し、さらに増えるであると漏れ聞く。またその活躍の場が、SMART TVという形で集約されそうだ。このことからも2012年は、一昨年語られていたSMART TVが再定義される事は言うまでもない。

LG社では、CINEMA 3D Smart TVと銘打ち、これまで培ってきたスマートTV技術、3D映像技術を組み合わせ、全部入りのSMART TVを標榜する。同様にサムスン社もSMART TVの流れを強く推す。さらに12日行われるGoogle/YouTube社のRobert Kyncl氏によるKeynoteで何が発表されるのか注目されている。

GoogleTVを取り入れた製品をLG、Sony、Vizio等が展示を会場で行う予定だ。サムスンやパナソニック等も後日製品発表があるという。PRONEWSでも制作された映像が活躍する場としてのSMART TVに関しては追いかけていく。

ただ、例年の通り、CESは各分野での既存のプロダクトやサービスだけではなく、未発表のプロダクトやサービスが数多く投入されるため、決してこれだけとは限らない。特に今年はCES直前に耳に入るはずのリークが殆ど無いのだ。逆にCESに足を運ばないと分からないことばかりなのである。

避けては通れない手法となったライブ配信

一昨年から主要なプレスカンファレンスはUSTREAMでライブ中継が行われている。近年ライブ配信はさらにプロモーション要素が加速し、各社がCESに向けたエネルギーをライブで届けるとともに、その企業・そのプロダクトに対しての期待感を集める要素の一つとして確立したように思う。CESでのUSTREAMの使い方で今年のUSTREAMのトレンドがいち早く把握できるかもしれない。例年通り、CESのUSTREAMはPanasonicとSONYの2社が配信を行う事になっている。

Sony CES Press Conference 2012
Panasonic Live @ CES

またUSTREAMオフィシャルサイトでは、上記を含め配信されるLiveがCES専用ページにまとめられているので参照されたし。

ces2012ustreambanner.jpgces2012Bag300.jpg

さて、今年も変わらずプレスにはプレスバッグと呼ばれるCESにプレスで入場したメンバーだけに配布されるバッグがある。昨年10年来のスポンサーだったTOSHIBAからPanasonicに変わったことを取り上げたが、今年はなんとスポンサー無し!全世界的な不況の影響か、はたまたスポンサーバッグのスポンサード制度がなくなったのかは定かではないが、気になる出来事である。


何が飛び出してくるのか?期待に満ちた展示会に思う

業務用と民生用の線引きが曖昧になった今こそ、さらなるビジネスチャンスが生まれる。

昨年も同様のことを述べたが、PRONEWSでは、敢えてこの言葉を繰り返し、CES2012に臨みたい。近年、映像機器には業務用と民生用の線引きはほぼ無いに等しいと言えるだろう。さらに、その機器にインターネットとインターネットに接続するためのテクノロジーや新しいインターフェーステクノロジーが結びつくことで、ハイスペックモデルがさらに業務用・民生用の「ユーザー(Consumer)」に対して身近な物になってゆくことはいうまでもない。

そのビジネスチャンスの可能性と、展示される様々な製品から、PRONEWSは読者へ出来る限りの熱量と新しい視点を踏まえながらレポートを行うべく今年もCESの会場に足を運んでいる。出来る限りレポートをしていきたいと思う。


[CES2012] Vol.01

[ Category : , ]
[ DATE : 2012-01-09 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[IBC2019]Vol.08 聞こえてくる脱地上波への足音、OTTへのさらなる進展

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 OTT普及による映像業界への影響 IBCがいま最も先端の映像事情を垣間見れる展示会であることは本特集Vol.01でも言及... 続きを読む

[IBC2019]Vol.06 メディアやエンターテインメント領域のAIと機械学習

txt:江口靖二 構成:編集部 カンファレンス、セッションからみる現状と近未来 IBC2019ではブロックチェーンと同様に、AIや機械学習(マシンラーニング、ML)... 続きを読む

[IBC2019]Vol.04 IP、リモートカメラが変える映像現場の未来

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 急激に進むIP化の波 このIBCで特に目立ったのが、IPとリモートカメラによる各種制作ソリューションだ。特にライブイベント、リモ... 続きを読む

[IBC2019]Vol.03 今後の映像業界を牽引するのはGAFAではなく中国勢になる

txt:江口靖二 構成:編集部 今年注目のキーワードは“8K+AI” IBC2019での注目キーワードは「8K+AI」だ。そしてそれらのほとんどは中国企業によって先導さ... 続きを読む

[IBC2019]Vol.02 豊作の秋を感じる賑わう会場から〜カメラ、レンズなど注目の新製品と動向

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 豊作の秋を感じさせる賑わう会場より この秋のIBC2019のタイミングでは、Vol.01で紹介したソニーのFX9、Z750をはじ... 続きを読む

[IBC2019]Vol.01 欧州放送展示会IBCに異変あり!今年の印象と目立つ新製品発表から

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 今年のトレンドを探る 毎年9月にオランダ・アムステルダム市街地にある、RAI会場で開催される、欧州最大の業務用映像・音響... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.09 DJI、Zhiyun Tech、FeiyuTech、MOZAの4大ジンバルメーカーに注目

txt・構成:編集部 FeiyuTech、未発表のジンバル「AK3000」を参考展示 BIRTVの展示会場で見逃せないのは、DJI、Zhiyun Tech、Feiy... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.08 Pilotfly、カメラをあらゆる方向に向けてもモニターの角度は保てるスマートトラッキングローラー「Pilotfly Cavalier」を展示

txt・構成:編集部 モニターやライトを一定方向に固定可能な「Pilotfly Cavalier」 Pilotflyは2013年設立の台湾を拠点とするブランド。主力... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.07 Aputure、LS C300dより20%明るくなった人気のLEDライト「LS C300d II」を展示

txt・構成:編集部 人気のLEDライトが更に明るくなって新登場 LEDライトメーカーのAputureは、ここ数年間で世界中のクリエイターが注目する急成長中のブラン... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。

トップ > 特集 > [CES2012]Vol.00 今年は何かが起こる!再編される映像世界。CES2012開会直前に今年のトレンドを考える