PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編]Vol.00 シネレンズに新規参入メーカーやフルフレームに対応の新製品が続々と登場

News

[新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編]Vol.00 シネレンズに新規参入メーカーやフルフレームに対応の新製品が続々と登場

2018-02-14 掲載

txt・構成:編集部

新世紀シネマレンズ漂流再び、最新の単焦点レンズを追いかけて

2017年は各社からシネレンズのリリースが相次いだ。カールツァイスはCP.3、CW Sonderoptic社はLeica THALIA、シグマはSIGMA CINE LENSシリーズ、KPIはサムヤンが2015年にリリースしたXEENブランドを国内でリリース開始し、シネマレンズの選択の幅が広がってきている。一方、シネマカメラは、キヤノンからEOS C200、パナソニックからAU-EVA1など100万円以下のカメラが相次いで発売され、シネマカメラ導入のハードルも下がってきているといえるだろう。

そこでPRONEWSでは、2017年から2018年にかけて発売する単焦点シネレンズに焦点を当てた特集を行う。特にカールツァイスは、OTUSやMilvusシリーズといったスチルカメラ用レンズのラインナップも充実させて話題になりつつある。映像製作で人気のスチルカメラ用レンズも含めて、最新の単焦点シネレンズを紹介しよう。

最新単焦点レンズ編Index

■Vol.01 カールツァイスにCP.3シリーズとOtus/Milvusの特徴を聞く
■Vol.02 シネプライムレンズの「CP.3」とスチルカメラ用レンズ「Otus」、「Milvus」の違いを解説
■Vol.03 ALEXA 65にも対応する大判単焦点レンズ「Leica Thalia」とは?
■Vol.04 滑らかなフォーカシングや優秀な光学性能を実現するコシナの交換レンズの秘密に迫る
■Vol.05 KPIにラージフォーマット対応やT1.5の明るさを実現したシネマプライムレンズ「VISTA」の魅力を聞く
■Vol.06 私の選んだ交換レンズ(前編) タカザワ氏と照山氏に聞く
■Vol.07 私の選んだ交換レンズ(後編) Hiro Matsuzaki氏とヤギシタヨシカズ氏に聞く
■Vol.08 ミュージックビデオの制作現場からシグマの単焦点シネレンズの魅力を聞く
txt・構成:編集部
[新世紀シネマレンズ漂流記:最新単焦点レンズ編] Vol.01

[ Category : ]
[ DATE : 2018-02-14 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[新世紀シネマレンズ漂流:モノ作りの現場から編]Vol.02 会津工場見学でわかった、シグマの交換レンズが選ばれる理由

txt・構成:編集部 シグマレンズが選ばれる理由を探しに行く 最近、撮影現場でよく耳にするのが、「シグマのレンズを選んだ」という会話だ。描写性能にこだわった「SIGMA... 続きを読む

[新世紀シネマレンズ漂流:モノ作りの現場から編]Vol.03 会津から日本全国で活躍中のグリッド椿氏に交換レンズ選びについて聞く

txt・構成:編集部 福島県会津若松市から全国を駆け回って活動するグリッドの椿英明氏は、ウェディングからテレビCM、エクストリームスポーツまで、幅広いジャンルで活躍中だ。そん... 続きを読む

[新世紀シネマレンズ漂流:レンズ作りの現場から編]Vol.04 富士フイルムに4K/8Kレンズを支えるナノレベルの独自製造技術を聞く

txt・構成:編集部 富士フイルムのFUJINONレンズは、1962年にカラー放送向けテレビカメラ用レンズを開発して以来、驚くような製品開発を続けている。1979年世界初HD... 続きを読む

[新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から]Vol.05 FUJINONのMK50-135mm T2.9に最適化されたSLR Magic Anamorphot-65 1.33x Anamorphic Adapter試用レポート

txt:ヤギシタヨシカズ 構成:編集部 アナモフィックレンズアダプターとは? 手軽にシネスコが試せるアダプター「SLR Magic Anamorphot-65 1.33... 続きを読む

[新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から]Vol.06 興和光学に超広角でも歪みを抑えたマイクロフォーサーズ用PROMINARについて聞く

txt・構成:編集部 歪みを抑えたファクトリーオートメーション用レンズをマイクロフォーサーズ用レンズで実現 興和光学がマイクロフォーサーズ対応レンズで30年ぶりにカメラ... 続きを読む

[新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から]Vol.01 シグマのシネレンズへの「本気の取り組み」を開発担当者が語る

txt・構成:編集部 今年の2月に掲載した特集「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」は、さまざまなメーカーや読者の方々から反響を頂いた。そこで今回は、前回の特集でまだ... 続きを読む

[新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編]Vol.08 ミュージックビデオの制作現場からシグマの単焦点シネレンズの魅力を聞く

txt・構成:編集部 REDカメラを使った映像技術と環境を提供する「dittok」 2016年9月、シグマはオランダのIBC 2016の会期に合わせてシネマ用レンズ「S... 続きを読む

[新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編]Vol.07 私の選んだ交換レンズ(後編) Hiro Matsuzaki氏とヤギシタヨシカズ氏に聞く

txt・構成:編集部 Matsuzaki氏が選んだ交換レンズ「Loxia」シリーズ Hiro Matsuzaki 2007年渡米後、ロサンゼルスにある... 続きを読む

[新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編]Vol.06 私の選んだ交換レンズ(前編) タカザワ氏と照山氏に聞く

タカザワ氏が所有する「URSA mini 4.6K EF」モデルにMilvus 1.4/85を搭載 txt・構成:編集部 タカザワ氏が選んだ交換レンズ「Milvus」シ... 続きを読む

特集記事

10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。
NAB2018 スペシャルレポート NAB2018
世界最大の放送機器展覧会「2018 NAB Show(NAB2018)」をレポート。
Your Choice?GH5 or GH5S Your Choice?GH5 or GH5S
映像業界で活躍中のカメラマンやディレクターに聞く「GH5」と「GH5S」の選び方。

トップ > 特集 > [新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編]Vol.00 シネレンズに新規参入メーカーやフルフレームに対応の新製品が続々と登場