PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [4K・8K映像技術展Report]Vol.05 ソリトンシステムズブース:クラウドを活用したスイッチャーや情報共有ソリューション、短遅延伝送ソリューションを展…

News

[4K・8K映像技術展Report]Vol.05 ソリトンシステムズブース:クラウドを活用したスイッチャーや情報共有ソリューション、短遅延伝送ソリューションを展示

2019-07-30 掲載

txt・構成:編集部

クラウド上のVideo/Audioスイッチャー「Cloud Video Switcher」

ソリトンシステムズは、主に3つのソリューションを展示。1つ目が、クラウド上のVideo/Audioスイッチャー「Cloud Video Switcher」。通常の映像切替は、物理的なスイッチャーを使って切り替えを行うのが一般的だが、Cloud Video Switcherはすべての操作をクラウドで行うことが可能。物理的な機材を用意する必要がなく、IP系の映像をクラウドに取り込んで、ブラウザのUIから切り替えられるのが特徴だ。そのままYouTubeやFacebook Liveに配信したり、RTMP、RTSPのプロトコルにも対応する。

また、事前に準備をしたムービーや、JPEGの画像イメージ、オーディオのファイルを入れてオーディオミキシング、テキストの機能で「ライブ配信中」のようなテロップを入れることも可能。ウォーターマークにも対応し、企業ロゴなどを入れたいときにも使える。

Cloud Video Switcherは、週末のイベントで、4~5カメの入力をすべてクラウドに取り込んで、映像の知識がないオペレーターでもブラウザのUIから切り替えるといった使い方が可能。そのままYouTubeに配信したり、イベント会場などのパブリックビューイングで配信が可能とのことだ。

画面左下に注目。最大6入力に対応し、切り替えが可能 画面左下で、テキストを設定。「live配信中」という文字を設定して、映像左下に重ねることができる 画面左下で、ウォーターマークを設定。企業のロゴマークを映像に重ねるのに使われる

中継映像や送信機の位置情報を複数拠点で閲覧する情報共有ソリューション「Zao Cloud View」

2つ目が、映像配信クラウドサービス「Zao Cloud View」だ。Zaoからの画やZao-Sからの映像はこれまで1対1で確認していたが、Zao Cloud Viewを使うことで複数同時や複数の拠点から同時に確認することが可能になる。過去の映像もすべてアーカイブで溜めることが可能。GPSの情報と連動できるので、歩いた位置などの軌跡が辿れる。

これまでの事例としては、複数拠点でドローンを飛ばし、そのドローンの映像を一箇所(本部みたいなところ)で同時に画の確認を行う際に使用され、「もうちょっとこっちの画がほしい」など、画を見て指示を出す用途で使われているという。また、一斉に数拠点の画を確認する需要があり、監視警備などにも需要が高いとのこと。

入力された映像はZao Cloud Viewで一覧できる GPSと連動が可能で、入力された映像の移動した位置情報を視覚的に振り返ることが可能

次世代プロトコルRASCOW2で超短遅延伝送を実現した「Zao-SH」

3つ目が、短遅延映像伝送の「Zao-SH」だ。これまでのZaoの中身のソフトウェアをスクラップ&ビルドすることで短遅延対応にカスタマイズしたモデル。Zao-SHのデモではほぼ遅延がなく、テレビの生中継を見ている感じだ。しかも解像度を落とすことなく、フルHDのまま短遅延を実現しているという。

Zao-SHは、自動運転やリモート操縦に使われる。遠隔地の操縦を行う際には、画はリアルタイムでこないとすべての操縦が遅れてしまう。Zao-SHは、こうした遅延を極力抑えたい現場で使われているという。

ドローンにそのまま搭載可能だが、現状では電波法の関係上、Zao-SやSHをドローンに載せてLTE経由で電波を送受信すことができない。しかし今後、電波法が改正されれば、上空からLTEで飛ばせるようになり、活躍の場がでてくるだろうとのこと。

そのようになれば、自動航行で北海道上空を飛んでいるドローンから、100msecや50msecの遅延で送られてくる映像を東京で確認することも可能になる。

短遅延を特徴とするZao-SH。カメラの入力とディスプレイの表示の短さを比べられるデモが行われていた txt・構成:編集部
Vol.04 [4K・8K映像技術展Report] Vol.06

[ Category : ]
[ DATE : 2019-07-30 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

[CES2020]Vol.02 TOYOTA、メルセデス・ベンツ、Sony~それぞれの「その次」の示し方~ MediaDay02

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 各社が次に問うモビリティとは? CESには世界160カ国から6,000人以上のメディア関係者が集まる。そのメディア関係者... 続きを読む

[CES2020]Vol.01 データの時代へようこそ!テック・トレンド〜IoTは知性化し、ストリーミング・AR/VRマーケットは拡大する〜 MediaDay01

txt:西村真里子・編集部 構成:編集部 CES2020開催直前2020年のテックトレンドを追う CES 2020がいよいよ始まる。今年も17万人強が世界160カ国以上... 続きを読む

特集記事

CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。

トップ > 特集 > [4K・8K映像技術展Report]Vol.05 ソリトンシステムズブース:クラウドを活用したスイッチャーや情報共有ソリューション、短遅延伝送ソリューションを展示