PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 編集部 > [年始イッキ読み!]Vol.01 2016年掲載の編集部オススメ記事 ピックアップ編

News

[年始イッキ読み!]Vol.01 2016年掲載の編集部オススメ記事 ピックアップ編

2017-01-01 掲載

2016年に掲載した注目の製品、話題の製品に関する特集やコラム記事をいくつかピックアップ!「普段なかなか記事を読む時間がない!」という読者の方も、再度この年始にPRONEWSアーカイブをじっくり読んでみませんか?まずは映像業界のトレンドとなった注目の製品を取り上げたオススメ記事をご紹介します。

Point of View

7月16日から新江ノ島水族館(えのすい)にて開催している、夜のスペシャルイベント「ナイトワンダーアクアリウム2016~月光に漂う水族館~」。同イベントは、パート1(7月16日~9月12日)、パート2(9月13日~10月31日)、パート3(11月1日~12月25日)の3つの期間で構成され、季節とともに内容も変化していく。

今回、その裏側を支えるキーマンのお2人、新江ノ島水族館の小宮雅純氏と、同イベントのプロデュースを務める株式会社タケナカの長崎英樹氏に話をお伺いした。


OnGoing Re:View

SonyよりNX5Jの後継機であるHXR-NX5Rが発売された。NX5Jは2010年1月に発表されベストセラーとなり、今でも多くの現場で使われている。昨今4K収録が可能なカメラは話題に事欠かないが、まだまだFHDで十分という現場が多い事は確かだ。そういう現場の声を真摯に受け止めSonyが出した答えがNX5Rなのだろう。今回の型番は、なぜNX6や7ではなくNX5Rとしたのか?Rがなぜ赤なのか?どういう意味があるのか知りたいところだ。


On Avid

ある程度の規模のプロダクションになると、分業作業になるのはもちろんだが、編集に携わる人達も複数になることもよくあることである。例えば、現場収録後ディレクターが現場でNG抜きやOKカットを並べて仮編を行ったり、ニュース取材では現場で取材した映像とともに取材したコメントなどと共にネットで収録素材を配信したり、ファイルベースでの運用になってからテープ(VTR)では不可能だった様々な運用がなされている。


イベント映像演出の世界

株式会社エージーエーコーポレーションは、平成2年に創業し、個人向けの機材レンタルからイベント設営・運営までと、映像音響に関わる幅広い分野で業務を展開している。ケーブル1本のレンタルから、大規模イベントの映像演出までと、あらゆるタイプの現場を見てきた同社だからこそ感じるイベント映像演出のポイントについて、技術部 部長 若井良治氏、技術部 テクニカルサービス課 主任 細田忠克氏、企画営業部 岩田弘道氏の3名にお話を伺った。


VJ再考〜イベント映像演出の世界 特別編

2015年、12月11日(金)と12日(土)にシンガポールで開催されたアジア最大規模のダンス・ミュージック・フェスティバル「ZoukOut(ズークアウト)」。2013年から同イベントに出演をしているVJ MANAMI氏に、海外を含めたVJシーンについてインタビューを行った。

──ZoukOutはどういったイベントなのですか?

MANAMI氏:シンガポールにZOUKというクラブがありまして、そのクラブが主催しているイベントになります。10年以上の歴史があるフェスティバルで、アジア圏だけではなく色々な地域から2日間で延べ6万人を越える来場者が集まっています。ZOUKが国際的にも評価が高いクラブということもあって、知名度と関係なく、呼ばれるアーティストの質が高いことで有名です。ZoukOutに出演したアーティストは、翌年より大きなフェスに呼ばれたり、話題になったりと、ある種、登竜門的なイベントとしても注目されています。


Canon UPs!

今回の最新機能ファームアップでは様々な改善と進化が行われている。とりわけC300 Mark IIでは、これまでのCanon Log、Canon Log 2に加えて、Canon Log 3が搭載されたことは、従来のEOS C300からのユーザーにとっては最も気になるところだろう。ここでは最新ファームウェア機で、Canon Log 3の検証のためのテスト撮影を試みたので、その結果からCanon Log 3のポテンシャルを分析してみたい。


[VARICAM Story]

今年の3月に発売となったVARICAM LTは、VARICAM 35と同じMOSセンサーを搭載しており、14+ストップのワイドレンジかつ広色域で4K解像度の映像を収録可能なカメラだ。今回、VARICAM LTユーザーである撮影監督 倉田良太氏と、パナソニック株式会社 AVCネットワークス社 イメージングネットワーク事業部 商品戦略企画部の岡林孝志氏に、カタログスペックに記載していないVARICAM LTの魅力的なポイントを交えてお話をお伺いした。


Back UP↑

4K収録が一般化しつつあるなか、ファイル容量の増加や記録デバイスの信頼性、ワークフローの効率化などが課題となっている。記録デバイスは大容量かつ高速なメモリーが開発され、収録での圧縮コーデックも効率の良いものを採用し、単純にHDの4倍というわけではないものの、HDより大容量かつ高速転送が必要なことには変わりはない。

番組制作では現状HDが基準とはいえ、番宣や衛星放送のために収録は4Kで行うことも増えているという。そこで今回、4Kワークフローにおける記録デバイスについて、数多くのテレビ番組を手掛けるマリモレコーズの江夏由洋氏にお話をお伺いした。


はじめてのEDIUS Pro 8

今回インタビューに答えてくれる江上さんは現在都内にある女子美術大学に通う4年生。専攻はプロダクトデザインであるがサークルでイベントの運営を行うため映像制作なども手掛ける。将来は絶対映像に関わる仕事に就きたいということで、テレビ制作会社などで制作のアルバイトも行っている。就職活動の最中、大手広告代理店にいくつか内定し、CM制作など夢に一歩近づいた。そんな映像が好きが高じて将来の道を選んだ一人として今回はEDIUS Pro 8を体験してもらった。


In Focus

今年上旬、中目黒の駅から歩いてすぐの場所に、映像プロダクション「エルロイ」の新オフィスがオープンした。話題の広告や様々なジャンルのムービーを数多く制作してきた同社は、まだ設立5期目。35歳の代表取締役・和田篤司氏を筆頭とする平均年齢28歳の若き制作集団だ。勢いに乗る彼らが目指すのは「映像の作り方を変えること」。従来の手法に縛られず、次世代を見据えてトライをくり返す彼らの変化と進化の過程は、刺激的だ。



[年末年始イッキ読み!] Vol.02

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


[ Writer : 編集部 ]
[ DATE : 2017-01-01 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[年始イッキ読み!]Vol.03 編集部オススメ記事 展示会・イベント2016年開催編

2016年に掲載した様々な展示会・イベントの特集記事を一挙にご紹介!「普段なかなか記事を読む時間がない!」という読者の方も、この年始、じっくり読んでみませんか? CES201... 続きを読む

[年始イッキ読み!]Vol.02 2016年掲載の編集部オススメ記事 連載コラム編

2016年に掲載した様々なコラム記事を一挙にご紹介!「普段なかなか記事を読む時間がない!」という読者の方も、この年始にPRONEWSアーカイブをじっくり読んでみませんか?コラムもま... 続きを読む

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
柳下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 編集部 > [年始イッキ読み!]Vol.01 2016年掲載の編集部オススメ記事 ピックアップ編