PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2015]Vol.00 International CES 2015開会直前に思う今年のトレンドは?

News

[CES2015]Vol.00 International CES 2015開会直前に思う今年のトレンドは?

2015-01-06 掲載

いよいよ開催直前のCES2015

世界最大の国際家電見本市、2015 International CES(Consumer Electronics Show)が米国現地時間1月6日から9日の4日間、米国ラスベガスで開催される。1月4日(米国現地時間)より展示会前のプレス向けカンファレンスや招待制イベントが2日に渡り行われている。会場は、大幅に増床され、今年から3つのエリアに分かれた。TechEast[LVCC(ラスベガスコンベンションセンター)周辺]とTechWest[Sands Expo、Venetian、Wynn、Encore周辺]、そしてC Space at ARIA。そしてプレス日は、MandalayBayコンベンションセンターがフル稼働。ラスベガス・ストリップ地区はの施設は、ほぼCES一色に。まだ何も始まってはいないが、例年に増して、期間中、ホテルが高騰(今年はairbnbで宿を確保する人も多い)、飛行機等予約の取れない具合を見ると、過去最高の盛り上がりを見せるのではないのか?と予想している。

CES2015_00_03 混雑の緩和の為に空港をはじめラスベガスの街中でバッジピックアップ可能だ

開催日を前に各社多くのプレスカンファレンスが行われる。CESでは、デジタル家電や、オーディオ機器だけではなく、自動車分野、ヘルスケアに加え、今や世の中の生活を支えるインフラとなったインターネットやスマートフォンに関連する様々なソリューションが複合した世界最大の展示会へと様変わりしている。

曖昧になる領域と様変わりする出展者 〜CES Unveiledで感じた新たな動き

CES2015_00_00 “CES Unveiled”の様子。身動きが取れない… ©CEA.

毎年開催前に思うのが「全体のテーマは何なのか?」ということだ。事前情報や“CES Unveiled”などの事前イベントから毎回感じるのはいつもながら“混沌”とした状況だ。期間中足を運ぶ事で、おぼろげながら初めてテーマが見えてくる。ここ数年と言葉を同じとするがシームレスをテーマとして再度挙げておきたい。それは、プロ用、コンシューマー用などプロダクトのカテゴリーや領域が曖昧になっている事を実感せずにはいられないからだ。曖昧な線引きこそ何かが生まれる証拠でもある。

CES2015_00_04 名物のCES Unveiled氷柱。上からリカーが注がれカクテルが完成する…

開催に先立ち1月4日(米国現地時間)よりクローズドなプレスイベント“CES Unveiled”が行われた(詳細はレポートにて)。参加はプレス限定だが、一般の人もいるのかと思うほど参加するプレス数が多い!16時スタートでほぼ1時間かけて入場。“CES Unveiled”は、展示会で注目されるサービスや製品を会期前に選びUnveiled(ベールをはがしていく)される、今年のトレンドが分かるサマリーのような濃縮還元イベントだ。

CES2015_00_01 今回から入場バッジにはNFCタグを採用、ペーパーレスをはじめ効率化が図られている

社会インフラとして浸透し、我々の生活にはデジタルが欠かせない事が実感できる。その流れがありとあらゆる物がインターネットと繋がるようになるようだ(「IoT」Internet of Things)。CES Unveiledの会場では、いずれもスマートフォン連携したIoT機器がもっとも数の多いジャンルとなった。最近のスタートアップブームやメイカーズを受け、もちろん新しい技術にも事欠かないが、突破欲のある小粒でもピリリと辛い山椒のような出展者が多くなっていると感じる。

CES2015_00_8 DJIは「Inspire1」に搭載されたカメラとジンバル機能部分だけを商品化し「Inspire1 Camera Mount」を発表。カメラは4K対応

今回の“CES Unveiled”では、映像関連が少なく、ほぼヘルス、ホームそしてIoTで占められていたのが印象的だ。自動車を作る体力は無くてもセンサーの取り付け電化させるだけで、いくつもの分野のプロダクトが生まれ変わる瞬間は、数多くのスタートアップ企業にはチャンスである。

CES2015_00_06 Cerevo社がXON SNOW-1を発表。LiveWedgeとは全く違う方向だがIoT分野への挑戦となる

HDMIミキサー”LiveWedge”を出しているCerevo社がその良い例だろう。メーカーズの潮流とIoT分野に果敢に挑戦し、各種センサーを搭載した自分の滑りを分析できるスノーボード・バインディングXON SNOW-1を発表。まさに小さなスタートアップが数多く出展しているのだろうと予想され、PRONEWSがカバーするプロ映像機器だけにとらわれる事なく、様々な機器やサービスを展示会場で見る事ができる。

会場を湧かす物とはなんだろうか?〜キーワードで見るトレンド

例年の通り、CESは各分野での既存のプロダクトやサービスだけではなく、未発表のプロダクトやサービスが数多く投入されるため、全てをここで語る事は出来ない。やはりCESに足を運ばないと分からないことばかりなのである。会場にはまた起業間もない若い世代が一旗上げるべく多く参加している。“Eureka Park”や、“StartupDebut”など、アーリーステージからCES本会場へステータスを上げて行くメーカーも多い。

聞いた事が無いメーカーが、家電領域に参戦し、市場を塗り替えて行くその勢いは、IoTによってさらに加速されそうだ。様々な部分で線引きする事は無意味になっている。清濁合わせ飲む部分もありそれが非常にダイナミックで面白いと言う事だ。

このような潮流の中で今年のキーワードを探ってみると、昨年Googleグラスをはじめとしたウェアラブルについての再定義が行われるだろう。またOculusでバーチャルリアリティーが再燃したが、さらに今年は進化したソリューションが出てくる物と思われる。ヴァーチャルリアリティーとリアルもシームレスになるのだろうか?

そしてテレビはどうだろうか?昨年は、SmartTVと4KTVが会場を賑わせた。SmartTVで言えば、そのOSが何になるのかで注目されている。また4KTVが市場に並び始めて久しいが、次に何が来るのか?昨年は4Kや曲面ディスプレイがトレンドであったが、今年は色再現に注目が浴びそうだ。その先鋒がQuantum Dot TV(量子ドットテレビ)だ。量子ドットテレビは、ディスプレイのバックライトとカラーフィルターの間に量子ドットの層を追加すること実現され、精密さ、色彩の幅が広がる技術だ。

■全ての物が繋がるIoT
■Drone市場の拡大と商品の多様化
■Oculusヴァーチャルリアリティー
■新しいTVの行方Quantum Dot TV

業務用と民生用の線引きが非常に曖昧になっており、この混沌さが実は明日へのビジネスチャンスとも言える。そこに何かが生まれるはずなのだ。PRONEWSでもその現場に立ち会うべくCESの会場に降り立っている。展示会の始まる6日から現場で見られる面白い物を逐次取り上げていきたいと思う。今年は、少し変わった領域もとらえるように視野に入れている。いよいよ明日から展示会が始まる。CES 2015からニュースを随時お届けする。

■特集:CES2015 Index

恒例となった“プレスカンファレンス”ライブ配信

今年も1月5日午前10時(日本時間では1月6日午前3時)のPanasonicを皮切りに各社が会場からプレスカンファレンスをライブ配信する。

Sony CES Press Conference 2015
Panasonic Live @ CES
Panasonic Live @ CES

[CES2015] Vol.01

txt: Tom INOKAWA


[ Category : , ]
[ DATE : 2015-01-06 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[IBC2019]Vol.08 聞こえてくる脱地上波への足音、OTTへのさらなる進展

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 OTT普及による映像業界への影響 IBCがいま最も先端の映像事情を垣間見れる展示会であることは本特集Vol.01でも言及... 続きを読む

[IBC2019]Vol.06 メディアやエンターテインメント領域のAIと機械学習

txt:江口靖二 構成:編集部 カンファレンス、セッションからみる現状と近未来 IBC2019ではブロックチェーンと同様に、AIや機械学習(マシンラーニング、ML)... 続きを読む

[IBC2019]Vol.04 IP、リモートカメラが変える映像現場の未来

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 急激に進むIP化の波 このIBCで特に目立ったのが、IPとリモートカメラによる各種制作ソリューションだ。特にライブイベント、リモ... 続きを読む

[IBC2019]Vol.03 今後の映像業界を牽引するのはGAFAではなく中国勢になる

txt:江口靖二 構成:編集部 今年注目のキーワードは“8K+AI” IBC2019での注目キーワードは「8K+AI」だ。そしてそれらのほとんどは中国企業によって先導さ... 続きを読む

[IBC2019]Vol.02 豊作の秋を感じる賑わう会場から〜カメラ、レンズなど注目の新製品と動向

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 豊作の秋を感じさせる賑わう会場より この秋のIBC2019のタイミングでは、Vol.01で紹介したソニーのFX9、Z750をはじ... 続きを読む

[IBC2019]Vol.01 欧州放送展示会IBCに異変あり!今年の印象と目立つ新製品発表から

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 今年のトレンドを探る 毎年9月にオランダ・アムステルダム市街地にある、RAI会場で開催される、欧州最大の業務用映像・音響... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.09 DJI、Zhiyun Tech、FeiyuTech、MOZAの4大ジンバルメーカーに注目

txt・構成:編集部 FeiyuTech、未発表のジンバル「AK3000」を参考展示 BIRTVの展示会場で見逃せないのは、DJI、Zhiyun Tech、Feiy... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.08 Pilotfly、カメラをあらゆる方向に向けてもモニターの角度は保てるスマートトラッキングローラー「Pilotfly Cavalier」を展示

txt・構成:編集部 モニターやライトを一定方向に固定可能な「Pilotfly Cavalier」 Pilotflyは2013年設立の台湾を拠点とするブランド。主力... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.07 Aputure、LS C300dより20%明るくなった人気のLEDライト「LS C300d II」を展示

txt・構成:編集部 人気のLEDライトが更に明るくなって新登場 LEDライトメーカーのAputureは、ここ数年間で世界中のクリエイターが注目する急成長中のブラン... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。

トップ > 特集 > [CES2015]Vol.00 International CES 2015開会直前に思う今年のトレンドは?