PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE 2017の歩き方]Intro:全館使用で過去最大規模のInterBEE 2017を勝ち抜け!
News

[InterBEE 2017の歩き方]Intro:全館使用で過去最大規模のInterBEE 2017を勝ち抜け!

#Inter BEE 2017の歩き方

2017-10-31 掲載

今年は11月15日(水)~11月17日(金)に開催

今年も映像機器、音響機器、放送・通信システム、コンテンツ技術などを一堂に会した展示会「InterBEE 2017」の季節がやってきた。今年は11月15日(水)~11月17日(金)の3日間、千葉県にある幕張メッセで開催される。昨年は幕張メッセの展示場7ホール分(46,700m2)を使用しての開催だったが、今年は1ホールから8ホール(54,000m2)の連結された会場をすべて使った過去最大規模で行われる。

今年もPRONEWSではInterBEEを盛り上げるべく、今年も「InterBEEの歩き方TV」や「PRONEWS Radio」などのライブ番組だけでなく、ディリーレポートやブースレポートで会場の様子を随時お届けしていく予定だ。会期中の3日間は余すところなくレポートを行うので、期待してほしい(詳しくは特設サイトを!)。

【InterBEE 2017 開催概要】

■会期
2017年11月15日(水)~11月17日(金)[3日間]

■会場
幕張メッセ(展示ホール1~8、イベントホール、国際会議場)千葉市美浜区中瀬2-1

■開場時間
11月15日(水)10:00-17:30
11月16日(木)10:00-17:30
11月17日(金)10:00-17:00

■入場料金
無料(全来場者登録入場制)

特別企画やコンファレンスにも注目

今年の展示会場の注目は出展社だけでない。8ホールでクリエイティブツールの展示やカンファレンスを行う「InterBEE CREATIVE」もチェックしたい。クリエイターの情報交換の場を目的とする大きな庭がInterBEEの会場に設置され、企業がブース展示を行う「Meet-Up」やコワーキング、ミーティングなどが行える「Open Lounge」、各種動画撮影の体験ができる「Hands On」などを予定している。Meet-UpエリアではPRONEWSもブース出展する。PRONEWSの紙媒体ともいえる「PRN Magagine Vol.07」や「Inter BEEの歩き方2017」マップを限定で配布するのでぜひ手にとってほしい。

6ホールではVRやAR、ホログラム等の新しい映像表現技術やコンテンツテクノロジーに関するプレゼンテーションや展示を行う「INTER BEE IGNITION」が今年も行われる。日本テレビ放送網の土屋敏男氏による「記憶の集合知で過去の都市を再現 ~土屋敏男×ライゾマ齋藤精一の新プロジェクトに迫る」や、石橋素氏による「コンテンツが導くテクノロジーの未来」など、新メディアに関するステージデモ&セッションが多数予定されている。

また、展示ホール5では厳選12店舗が3日間の合計販売数を競う「ロケ弁グランプリ」が今年も行われる。食事の機会に立ち寄ってみてはいかがだろうか。

今年も本特集で紹介する6コースを参考にしてInter BEEを勝ち抜いてほしい。ブースや情報が正式に確定後、スマートフォンやタブレットでも使用可能なPDF版オリジナルマップも開催直前に公開する。もちろん会期中は幕張メッセ内にて配布予定だ。

「InterBEEの歩き方」マップはA2サイズだが、ミウラ折りで折り畳めるようになっている。畳めば胸ポケットに入れて携帯することができ、マップを確認したいときは一瞬でA2サイズに広げることができる Inter BEE 2017の歩き方 オリジナルガイドマップ無料配布中!

今年の見逃せないブースはこれだ。編集部お勧めのコースに注目

今年のInterBEEは、幅が約500メートルにもおよぶ広大な会場に1,000社以上の出展社が並ぶ。この広い会場に着いてから見どころをチェックするのは困難だ。そこで、PRONEWSでは今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップした。6種類のコースを用意し、各コースに見逃せない約8ブースをピックアップ。限られた時間しか会場を見て回れないという人が2~3時間で回り切ることができるブース数を想定した。 このコースを参考に、InterBEE 2017を楽しんでほしい。


[Inter BEE 2017の歩き方] Aコース

[ Category : , ]
[ DATE : 2017-10-31 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[お知らせ]毎年恒例のPRONEWSオリジナル「Inter BEE 2017の歩き方」ガイドマップを会場配布します!

特集「Inter BEE 2017の歩き方」の内容や、順路を網羅したオリジナルのガイドマップを作成しました!簡単にコンパクトに収納できて持ち運びも便利です。InterBEE会場にお... 続きを読む

[InterBEE 2017の歩き方]Eコース:ポスプロ制作ツール巡礼 〜レコーダー/モニター/周辺機材コース

Eコース:ポスプロ制作ツール巡礼 2017年のポスプロ関連でもっとも話題になったニュースといえば、Blackmagic Designの「DaVinci Resolve 14」... 続きを読む

[Inter BEE 2017の歩き方]Dコース:三脚・スタビライザーの世界 〜ジンバル/スタビライザー/三脚コース

Dコース:三脚・スタビライザーの世界 カメラは放送局の取材でも2~3kgほどのカメラで十分なクオリティを発揮できるようになり、かなりの部分が小型ビデオカメラに置き換わっている... 続きを読む

[InterBEE 2017の歩き方]Cコース:スタジオ&配信機材の最前線 〜スイッチャー/コンバータ/音響コース

Cコース:スタジオ&配信機材の最前線 IP伝送は当初、ASPEN、AIMS、NMI、VSF、NDIなどいくつかの団体が規格を提唱していたが、現在ではIP Live Produ... 続きを読む

[InterBEE 2017の歩き方]Bコース:シネマレンズ・トレンド考 〜シネマカメラ用交換レンズコース

Bコース:シネマレンズ・トレンド考 レンズといえば放送用は2/3インチ、映画系はスーパー35mmかフルサイズというのが定番だった。実際の運用も放送と映画では大きく異なり、おの... 続きを読む

[InterBEE 2017の歩き方]Aコース:スタジオカメラやシネマカメラの最前線 〜スタジオカメラ/カムコーダ/デジタルシネマカメラコース

Aコース:スタジオカメラやシネマカメラの最前線 HDから4Kへ急速に製品が展開されてきたが、今年は視聴側も送出側も規格がほぼ決まり、スタジオカメラなど放送系に特化したカメラ... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE 2017の歩き方]Intro:全館使用で過去最大規模のInterBEE 2017を勝ち抜け!