PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [SIGGRAPH2010]Vol.06 今年で20周年を迎える3ds Max関係者に独占インタビュー

News

[SIGGRAPH2010]Vol.06 今年で20周年を迎える3ds Max関係者に独占インタビュー

2010-08-04 掲載

1 2
text :PRONEWS特別取材班

今年で20周年を迎えた3ds Max。PC初の3Dアプリケーションとして産声をあげ、今日に至るまでの功績を、オートデスク メディア&エンターテインメント部門ディレクターであるケン・ピメンテル氏、シニア・プロダクト・マーケティング・マネージャーであるシェイン・グリフィス氏に伺った。

3ds Maxの歴史を振り返る

Max_Interview.jpg
左から、シェイン・グリフィス氏、ケン・ピメンテル氏

-3ds Max 20周年おめでとうございます。これまでの歴史をお聞かせください。

丁度20年前、1990年のシーグラフ、Maxは当初「3D Studio DOS」という商品名で、北米で初めてのPC上で動作する3Dアニメーション・パッケージとしてリリースされました。これは、ゲリー・ヨスト率いる6人の開発チームから成る、オートデスクとは別の独立した会社ヨスト・グループによって開発され、オートデスクがこれをパブリッシュする形でリリースされました。

1990年10月末、ハロウィンの時期に合わせて、記念すべき3d studio DOS Version1.0がリリースされました。これは、アニメーション、モデリング等の5つのモジュールから成っていました。この当時、シリコングラフィックスのワークステーション上で動作するCGアプリケーションは沢山ありましたが、MS-DOSの環境で動くPCアプリケーションは3D Studioだけでした。16ビットパソコンとMS-DOSの環境では、利用できるメモリー範囲が640Kバイトしかなかった制約等から、PC上での3Dアニメーション・ツールの開発は、まだ難しかった時代でした。

その後5年間、幾度かのバージョンアップを経て「ジャガー」と呼ばれる社内開発コードネームの下に進められた32bit対応のウィンドウズがリリースされた時に「3D Studio MAX」という商品名になったのです。これは1995年のシーグラフで発表され、翌年4月から出荷されました。

-「Max」のネーミングには、何か由来があるのでしょうか?

意外と知られていない事なのですが、今日は特別にお話しましょう。Maxという名前は、我々のマーケティング部門の、女性社員の息子の名前から由来しているのです。丁度新しい商品名を検討していた時期、女性社員が「うちの息子のMaxが」と電話口で話しているのをたまたま聞いたゲリー・ヨストが、「Maxか。すごく良い名前だね」と。その結果、商品名がMaxになったというエピソードが残されているのです(笑)

-この頃から、Maxは数多くのユーザーに支持されていく訳ですが…

それとほぼ同時期に、もう1つ重要な出来事がありました。「チーター」と呼ばれる社内開発コードネームの下で、キャラクター・アニメーション・システムの強化が行われました。これはアンリアル・ピクチャーズと呼ばれる小規模チームによって開発され、シーグラフで発表しました。この時オートデスクのブースでは、ウィンドウズ環境上で動くアニメーション・ツールとしては非常に高速な表示を実現したMaxをお披露目し、多くのユーザーを驚かせました。なにしろ、まだDirectXやOpenGLが登場する前の時代です。そこでオートデスクではハイジ(Heidi Development Kit )と呼ばれる独自のウィンドウズ環境でのグラフィックス開発キットを供給しました。

しかも、Undo機能を他の3Dアプリケーションに先駆け、いち早く採用したのもこの時期でした。また、多くの人が大変驚いた事の1つに、Maxが大変低価格だった事があります。覚えておられるかもしれませんが、当時の3Dアプリケーションの価格帯は7,000~30,000ドルが相場でした。20年前のその時代に、販売価格がたったの3,495ドルだったのです。そして現在でも同じ価格をキープしています。高価なSGIやSUNのワークステーションには手の届かない、多くのPCユーザーがMaxを導入し、こうしてユーザーが飛躍的に伸びました。そして、その数年後にはネットワーク・レンダリングを実現し、誰もが社内にある沢山のPCでレンダリング出来るように仕様を変更しました。

autodeskbooth.jpg
シーグラフでのAutodeskブース

2000年、ご存知のようにオートデスクはディスクリートを買収しました。この時にリリースされたバージョン5は、初めてオートデスクの開発チームの手によってリリースされた、記念すべきバージョンでした。この時、商品名を3ds Maxに変更しました。この段階で、それまで長年開発に携わって来たヨスト・グループは、Maxの開発からは離れる事になりました。

その後、バージョンアップを重ねる毎に機能強化を行ってきました。バージョン8ではヘアー、ファー、ダイナミクス、クローズに加え、当時世界で最もポピュラーな人体リギング・システム「キャラクター・スタジオ」をリリースしました。「キャラクター・スタジオ」は多くのゲーム・タイトルで使用されました。さらに、バージョン9では64ビット対応を行いました。Maxはこのような歴史を経て、世界的に有名なCGアプリケーション・パッケージへと成長を遂げました。3ds Max 2011のリリースでは、1年間のダウンロード件数は30万件に達しました。

現在、全世界に推定約50万のMaxユーザーが、プロ&学生の垣根を越えて存在しています。さまざまな国のユーザーに対応する為、現在6ケ国語(日本語、韓国語、中国語、英語、フランス語、ドイツ語)のユーザー・インターフェイスをご用意しています。しかし、お蔭さまを持ちまして、Maxは日本市場において圧倒的な支持を頂く事が出来ました。日本では、多くの映画、CM、ゲームがMaxによって制作されているはご存知のとおりです。20年程前は、映画でVFXが使用される事はごく稀でしたが、現在ではVFXを使用していない映画を見つける事が難しい程になりました。コンピューターのテクノロジーと、デジタル・ツールの発展は日進月歩で成長を遂げましたが、Maxも同じように発展を遂げてきました。

1 2

[ Category : , ]
[ DATE : 2010-08-04 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[SIGGRAPH2018]Vol.05 応用例が広がるCG/VFXの世界

txt:安藤幸央 構成:編集部 SIGGRAPH 2018全体を振り返る 展示会会場で大人気だったNVIDIAのレイトレーシングブース リーマンショッ... 続きを読む

[SIGGRAPH2018]Vol.04 業界における最先端のノウハウが共有できるSIGGRAPHの醍醐味

txt:安藤幸央 構成:編集部 担当者が制作過程を惜しげもなく公開。現場の苦労が聞けるプロダクションセッション プロダクションセッションは、Computer Anima... 続きを読む

[SIGGRAPH2018]Vol.03 現場で使われた小道具と衣装が集合。プロダクションギャラリーの見所

txt:安藤幸央 構成:編集部 VFX制作の現場を知るプロダクションギャラリー プロダクションギャラリー内に併設されたシド・ミードの原画展 SIGGR... 続きを読む

[SIGGRAPH2018]Vol.02 昨年以上のVR三昧。ハリウッド資本の流入と、新デバイスの発展

txt:安藤幸央 構成:編集部 特別なVR体験と、身近なVR体験へ キャプション:バーチャルカメラでVR空間を描いた仮想セットのカメラアングルを検討するスピルバーグ... 続きを読む

[SIGGRAPH2018]Vol.01 CGの祭典SIGGRAPH2018開催!

会場となったカナダバンクーバーカンファレンスセンター txt:安藤幸央 構成:編集部 VRは当然、ハリウッド業界がVRコンテンツに本気になった年 SIGGRAPH(シ... 続きを読む

[SIGGRAPH2017]Vol.05 さまざまな分野に広がるCGの世界

txt:安藤幸央 構成:編集部 SIGGRAPH 2017を振り返る VRコンテンツを楽しむ、奇妙な風景 昨年以上にVR三昧だった今年のSIGGRAPH。... 続きを読む

[SIGGRAPH2017]Vol.04 CG/VFX映像の最先端のノウハウが共有できるSIGGRAPHの醍醐味

txt:安藤幸央 構成:編集部 制作過程を洗いざらい公開。メイキングの話題がいっぱいのプロダクションセッション プロダクションセッションは、最新のCG技術/VFX技術を... 続きを読む

[SIGGRAPH2017]Vol.03 応用分野はCGにとどまらず。SIGGRAPH2017の論文発表からみる映像技術の進化

txt:安藤幸央 構成:編集部 キリンとスケッチ スケッチのモデルとして会場に運ばれてきた子供のキリンTiny君と、スケッチ講座の様子 今年のSIGGRP... 続きを読む

[SIGGRAPH2017]Vol.02 例年以上のVR三昧。VRシアターで新たなエンターテインメント拡大へ

txt:安藤幸央 構成:編集部 特別なVR体験から、普通の体験へ移行してきたVRへ 常に長蛇の列であったVRシアター入口 最高峰の映画上映システムとして認知さ... 続きを読む

特集記事

Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。

トップ > 特集 > [SIGGRAPH2010]Vol.06 今年で20周年を迎える3ds Max関係者に独占インタビュー