PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [PRONEWS AWARD 2017]Vol.05 PRONEWS AWARD大賞 -2017年大晦日に思うこと-

News

[PRONEWS AWARD 2017]Vol.05 PRONEWS AWARD大賞 -2017年大晦日に思うこと-

2017-12-31 掲載

VARICAMを継承しながらコストパフォーマンスに優れたシネマカメラ「AU-EVA1」

毎年大晦日の恒例、いよいよPRONEWS AWARDの発表だ。再度受賞下プロダクトやノミネートされたプロダクトを再考する。2016年までの100万円以下のデジタルシネマカメラ市場にはソニーの「PXW-FS5」や「PXW-FS7」シリーズ、キヤノンの「EOS C100」などが存在していた。2017年はこの市場にブラックマジックデザインの「URSA Mini Pro」やキヤノンの「EOS C200」シリーズ、パナソニックから「AU-EVA1」が加わった。この混沌とした100万円以下のシネマカメラ市場の中から、AU-EVA1が2018年に活躍すると期待する。

さて、すべてのジャンルからPRONEWS AWARD大賞を選びたいと思う。PRONEWS独自の視点から、このAU-EVA1をPRONEWS AWARDの大賞とした。

大賞
シネマカメラ「AU-EVA1」
パナソニック

AU-EVA1の最大の特徴は、4Kで422LongGOP 150Mの4:2:2 10bitで記録可能なコーデックをサポートしているところだ。やはりカラーグレーディング、クロマキー、合成などの編集が容易になる4:2:2 10bitを内部記録できるのは大きなアドバンテージだ。外部レコーダーが不要なため、本体だけのコンパクトな​​撮影が可能。Adobe Premiere ProやFinal Cut X、Avid Media Composer、グラスバレーEDIUSなどの使い慣れた編集ソフトでそのまま読み込み、すぐに編集できるところも大きな魅力といえる。

さらに今後のアップグレードでALL-Intraにも対応。4096×2160(4K)の422 Intra(400M)、4:2:2、10bit、400Mbps(可変ビットレート)で、128GBに約40分記録できる。また、手軽に入手できるSDカードに記録ができるので、長時間の記録でもメディア代のランニングコストを抑えられるところもポイントだ。

AU-EVA1は強力なオートフォーカスを搭載したカメラとはいえないが、フォーカス合わせをサポートするフォーカスアシスト機能は充実している。ピーキング表示やフォーカススクエア表示によるフォーカスアシスト機能を搭載しており、フォーカス合わせをサポートしてくれる。フォーカスボックスアシストモードは、ピントを合わせたい被写体の領域に表示される四角の大きさが最も大きくなるようにフォーカスを調整すればよく、通常表示のほかに2倍、3倍、4倍の拡大表示にも対応。フォーカスアシスト機能は競合製品より使いやすいといえる。

ボディがコンパクトで軽量なところも見逃せないところだ。本体の重量は1.2Kgで、同じ時期に発売したCanon EOS C200の約1430gやEOS C200Bの約1335gよりも軽い。付属するハンドグリップも取り外しが可能で、ロケの機材をできるだけコンパクトにしたいというカメラマンにも注目だろう。

今年発売された100万円以下の3機種のシネマカメラを比較すると、RAWを内部記録したい場合はEOS C200やブラックマジックのURSA Mini Pro、オートフォーカスを中心とした撮影を行う場合はキヤノンのEOSシネマシリーズが候補となる。それでもAU-EVA1をPRONEWS AWARDに選出した理由は、4:2:2の10ビットをSDカードに内部記録できる品質と、すぐに編集できるコーデックの搭載、メディアのランニングコストなどのバランスが優れているところだ。AU-EVA1は、画質、速さ、ランニングコストのバランスで抜きん出ているカメラといっていいだろう。

2018年の展望

2017年の映像業界を振り返ってみてもっとも印象的だったのは、8K撮影と8Kノンリニア編集が現実的な領域に移行してきたことだ。これまで8Kの収録・編集といえばまだ試作段階で現実的ではないものとつい思い込んでいたところがあったが、シャープは8Kカムコーダー「8C-B60A」、ブラックマジックデザインは12G-SDIを搭載した「DeckLink 8K Pro」、Appleは8Kに対応した「Final Cut Pro X」をリリース。一部の発表会では実際に8K編集の様子を披露する機会もあり、2017年は「8K元年」と呼んでいいほど8Kの映像制作が本格的にスタートを切った節目の年であったのではないかと思う。

次に印象的だったのは、ドローンによる空中撮影の進化だ。特にDJIは、ハイスペックな業務用空撮ドローン「Inspire 2」対応のSuper35mm 6Kセンサーを搭載したシネマカメラ「Zenmuse X7」をリリース。映画やTV番組、映画やドラマの撮影に空撮が増えつつあるが、Zenmuse X7のリリースによってさらに撮影のあり方を変える存在となりそうだ。また、DJIからスタビライザーとして人気の「Ronin」シリーズもリリースしている。DJIは元々ドローンのメーカーだが、映画や放送業界でもなくてはならない主要なメーカーの地位を築きつつあるのも見逃せないところだ。

2018年は平昌オリンピックや、2018年12月1日に4K・8K実用放送の開始という大きな節目を迎えようとしている。特に4K/8K実用放送を控えて、放送局では新機材やそのシステム構成を決めてスタジオの新設に取り掛かろうという真っ最中だろう。現場では、8Kや4K、2Kの一体化制作やHDR/SDRのサイマルなど悩ましい問題も控えており、2018年は映像業界にとっても大きな転換を迎え始める時期となるのではないだろうか。

PRONEWS 編集部


Vol.04 [PRONEWS AWARD 2017] Vol.00

[ Category : ]
[ DATE : 2017-12-31 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[PRONEWS AWARD 2017]Vol.04 トレンド2017部門ノミネート製品~映像新領域

中国系のベンチャー企業がリリースする360°カメラが話題 今年からVRやIP、HDR、空撮などの新領域で最も話題になった製品に授与する「トレンド2017部門」を新設。VRに関... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2017]Vol.03 周辺機器/ポストプロダクション部門ノミネート製品〜映像業界を支える周辺機器

小型化多機能化が一層進んだビデオスイッチャー イベントやセミナーなどのライブ配信の需要の増加と共に、マルチカム運用によるスイッチャーへの注目度も増している。そんな期待に応えて... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2017]Vol.02 レンズ部門ノミネート製品〜近年レンズが最も輝いた年

名門レンズメーカーから新ズームレンズとプライムレンズのリニューアルが登場 左からズーム比3倍の標準ズームレンズ「Type EZ-1」、ズーム比2.7倍の広角ズームレンズ「... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2017]Vol.01 4K/8K時代の新領域カメラ部門

100万円以下の4K対応シネマカメラが各社から登場 2017年は、4K/10ビット4:2:2映像や、RAWの内部収録対応で100万円を切る4Kまたは4K以上のSuper35m... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2017]Vol.00 映像業界の2017年を振り返ろう

年の瀬に振り返る映像業界の今と未来 年末恒例のPRONEWS AWARDの季節である。いよいよAWARDも今年で8回目を迎えた。毎度この年の瀬の時期に思う事は、今年も映像業界... 続きを読む

特集記事

10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。
NAB2018 スペシャルレポート NAB2018
世界最大の放送機器展覧会「2018 NAB Show(NAB2018)」をレポート。
Your Choice?GH5 or GH5S Your Choice?GH5 or GH5S
映像業界で活躍中のカメラマンやディレクターに聞く「GH5」と「GH5S」の選び方。

トップ > 特集 > [PRONEWS AWARD 2017]Vol.05 PRONEWS AWARD大賞 -2017年大晦日に思うこと-