PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [BIRTV2019]Vol.01 ソニー、3板式4Kイメージセンサーを備えたグローバルシャッター搭載「PXW-Z750」を世界初公開

News

[BIRTV2019]Vol.01 ソニー、3板式4Kイメージセンサーを備えたグローバルシャッター搭載「PXW-Z750」を世界初公開

2019-08-27 掲載

txt・構成:編集部

中国開催の展示会「BIRTV 2019」

8月21日から24日までの5日間、中国・北京の中国国際展覧中心で「BIRTV 2019」が開催された。BIRTVは、中国国内や世界の映像器機メーカーが集まる中国のラジオやテレビ業界で最も権威ある展示会だ。5万平方メートル以上の規模を持つ展示会場に500以上の企業が出展し、今年は8Kや5G伝送の展示が目立っていた。

中国だけでなく、アジアや世界中の映像業界から注目を浴びるBIRTV。来場者数も5万人以上を集め、世界的にも見逃せない放送機器展示会となっている。今年も注目メーカーの展示をレポートしよう。

BIRTVで3板式4Kイメージセンサーやグローバルシャッター搭載のPXW-Z750を発表

8K関連の展示がひときわ注目を浴びていたソニーブース ショルダーカムかつ、グローバルシャッター付きCMOSカムコーダー「PXW-Z750」

ソニー(Sony Professional Solutions China)はBIRTVに合わせてショルダーマウントタイプの「PXW-Z750」を発表。BIRTVで世界初公開されたカメラだ。

4K対応の本格的ショルダーカムコーダーといえば国内ではPXW-Z450が有名だが、単板CMOSイメージセンサー搭載のモデルだった。しかし、新たしく発表されたPXW-Z750は、2/3インチで3板式4KイメージセンサーでグローバルシャッターCMOSを搭載。これまで、ショルダータイプでHDをずっと使っている人たちからすると、「ようやく3板式がきた」、それに加えて「グローバルシャッターもついてきた」という待望の新モデル登場といった感じだ。

CCDから乗り換えたくないというカメラマンが多いと聞くが、PXW-Z750はグローバルシャッター搭載で動体歪みやフラッシュバンド現象もない。ようやくCCDからCMOSに乗り換えを検討する人も多くなりそうだ。

PXW-Z750は2020年2月発売で、価格は未定。日本国内での発売はまだ発表されていない。

ニュース撮影用ショルダーマシンの「CNG」キット

また、FS7シリーズカメラを、ニュース撮影用ショルダーマシンに変更できる「CNG(C=Cinema)」キットも展示されていた。国内では、「CBK-FS7BK」と呼ばれているEFPスタイルビルドアップキットと同じモデルだ。CNGを使うことにより、シネマニュースギャザリングと呼ばれるシネマ風の取材が可能になる。

8K放送カメラ「UHC-8300」と8Kクライアントモニターとして98インチと85インチの2台の8Kテレビを展示

1.25型8K 3板式カメラシステム「UHC-8300」 8Kのほかに4K、HDの同時出力が可能。下はCCU

ブースの中ひときわ注目を浴びていたのは、中央正面に展示の8Kカメラだ。中国の展示会に来て感じることは8Kの勢いの強さだ。中国政府の力の入れ方が大きく変化し、大注目の展示となっていた。

カメラは、8K3板式カメラシステムの「UHC-8300」だ。NHKで稼働しているモデルで、ブースでも一番人気の展示となっていた。8K/4K/HD信号の同時出力対応を特徴としており、ビューファインダーやリモコンは従来のHD、あるいは4Kで使っていたものがそのまま使用可能だ。ファイバーケーブルも同じで、そこに8Kを通す形で使える。

CCUは、背面に8K、4K、HDのコネクターがたくさん並び、8Kは120Pまで対応。8本の12G-SDIを搭載しており、8K60Pの場合は4本のSDIで8K60P、中国の場合は8K50Pの出力が可能。ブラビアの8Kテレビは家庭用のモニターなので、8KのSDIからHDMIに変換して映像を映し出している。

UHC-8300の映像の表示に使われれいた8K対応ブラビアの85インチモデル「KD-85Z9G」 8K対応ブラビアの98インチモデル「KD-98Z9G」

8K対応モニター「KD-85Z9G」も注目で、放送局で使われるマスターモニターとは違うブラビアシリーズのテレビがクライアントモニターとして展示されていた。

ソニー初の8KテレビZ9Gシリーズは、CES 2019で発表された民生用のテレビだが、マスモニクラスの実力を持っていると話題のテレビだ。家庭用だけではなく、BtoB的な使い方の提案が行われていた。

3つの新しい4Kシステムカメラを展示

マルチフォーマットポータブルカメラ「HDC-3500」 4Kポータブルカメラ「HDC-5500」 マルチパーパスカメラ「HDC-P50」

NAB 2019に発表された製品だが、HDCシリーズが新しくなった。これまで2000シリーズだったのが3000シリーズになり、HDカメラ「HDC-3500」が登場。5000シリーズは4Kカメラ「HDC-5500」、4KのPOVカメラ「HDC-P50」も登場した。すべて、新しく開発したグローバルシャッターを使っている。

CCUには、「HKCU-REC55」が登場。カメラの画を同時に記録して、USBのハードディスクやSSD、NASに転送することもできる。記録して終了したら、そのまま素材を持ち帰り、NASのほうでノンリニア編集が可能。これもBIRTV初発表となった。

txt・構成:編集部
[BIRTV2019] Vol.02

[ Category : ]
[ DATE : 2019-08-27 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[BIRTV2019]Vol.09 DJI、Zhiyun Tech、FeiyuTech、MOZAの4大ジンバルメーカーに注目

txt・構成:編集部 FeiyuTech、未発表のジンバル「AK3000」を参考展示 BIRTVの展示会場で見逃せないのは、DJI、Zhiyun Tech、Feiy... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.08 Pilotfly、カメラをあらゆる方向に向けてもモニターの角度は保てるスマートトラッキングローラー「Pilotfly Cavalier」を展示

txt・構成:編集部 モニターやライトを一定方向に固定可能な「Pilotfly Cavalier」 Pilotflyは2013年設立の台湾を拠点とするブランド。主力... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.07 Aputure、LS C300dより20%明るくなった人気のLEDライト「LS C300d II」を展示

txt・構成:編集部 人気のLEDライトが更に明るくなって新登場 LEDライトメーカーのAputureは、ここ数年間で世界中のクリエイターが注目する急成長中のブラン... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.06 FalconEyes、さらなる大型化を実現したシート型LED新製品2機種を展示

txt・構成:編集部 もっとも大きなシート型LEDの新製品「RX-120TDX」が登場 FalconEyesは、香港に本社を置くスタジオ機器の老舗メーカーだ... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.05 Tilta、腕の負担を軽減するジンバルスタビライザのサポートシステム「Armor Man 3」を展示

txt・構成:編集部 さまざまなメーカーのジンバルシステムに対応し、重量を吸収して長時間撮影を実現 中国のアクセサリーメーカーの中でも、もっとも勢いがあるメーカーといえ... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.04 富士フイルム、AF機能を搭載した4K対応放送用レンズ「FUJINON UA107×8.4BESM AF」を初公開

txt・構成:編集部 8K放送用レンズの展示が人気 中国の中国工業情報化部は、2022年までの4Kテレビと8Kテレビの販売台数を盛り込んだ「超高精細映像産業発展行動計画... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.03 ニコン、Noct0.95大口径レンズやフルフレーム対応ミラーレス用ProRes RAWソリューション展示

txt・構成:編集部 0.95の浅い被写世界深度で被写体を強調できる「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」を展示 ニコン(NIKON IMAGING... 続きを読む

[4K・8K映像技術展Report]Vol.11 ビジュアルテクノロジーブース:8K60P映像編集向けターンキーのワークステーション「TRUX SUPER MAX」を展示

txt・構成:編集部 ビジュアルテクノロジーは、日本サムスンとITGマーケティングと合同のSamsung SSDブース内に出展し、8K60P映像編集向けターンキーのワークステ... 続きを読む

特集記事

新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。

トップ > 特集 > [BIRTV2019]Vol.01 ソニー、3板式4Kイメージセンサーを備えたグローバルシャッター搭載「PXW-Z750」を世界初公開