PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [4K・8K映像技術展Report]Vol.01 通信から放送まで網羅した「通信・放送Week」~今年は東京ビッグサイト青海展示棟で開催

News

[4K・8K映像技術展Report]Vol.01 通信から放送まで網羅した「通信・放送Week」~今年は東京ビッグサイト青海展示棟で開催

2019-07-25 掲載

txt・構成:編集部

昨年から100社増えて総出展社は380社、新展示会場の東京ビッグサイト青海展示棟で開催

リードエグジビションジャパンは2019年7月17日から19日の3日間、光通信や4K・8K映像技術、映像伝送などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」を東京ビッグサイト青海展示棟にて開催した。2001年開始の「光通信技術展」、2017年開始の「映像伝送EXPO」、2018年開始の「5G/IoT通信展」や「4K・8K映像技術展」で構成された総合展示会で、通信と放送の融合を打ち出しを特徴としている。4K・8K映像技術展や通信・放送Week2019全体について、展示会の特徴や最新状況、出展社ブースの見どころについて紹介しよう。

通信・放送Week 2019とは、もともと通信業界と放送業界を融合させることを目的として始まった展示会。7月、8月に行われる映像業界の展示会としては、「関西放送機器展」や「九州放送機器展」がお馴染みだが、通信・放送Week 2019は増えてきた映像のIP化や大容量データの送信するための無線や光ファイバーなどのカバーを特徴としており、動画配信事業なども網羅している。放送局やケーブルテレビの関係者のみならず、セキュリティのSI(システムインテグレーション)関係者注目の展示会となっている。

りんかい線 「東京テレポート」駅の目の前にある東京ビッグサイト青海展示棟。どの展示会会場よりも近くて便利 展示会場の様子。2020年11月までの仮説施設だが、通常の展示会場と変わることはない

今年の通信・放送Week 2019は、開催場所や出展社数など、あらゆる面でレベルアップしている。会場は、東京ビッグサイトの青海展示棟。青海展示棟の総展示面積は西ホール1~4に迫る広さをもつ23,200m2で、昨年256社だった出展社は1.5倍の380社に増えている。来場者は、昨年2万4,000名から33,571名の35%増となった。まだまだ歴史の浅い展示会だが伸びているといえるだろう。

通信・放送Weekの中でもPRONEWS的にも注目なのが、今年で第2回を迎えた4K・8K映像技術展だ。昨年の第1回は「4K・8K機材展」から名称が変更され、機材のみならず8Kの配信サービスなどもカバーする展示内容となっている。また、開催期間がNABと会期が重なる4月から7月に変更され、映像業界の出展社も増えているという。

主催社であるリードエグジビションジャパンの代表取締役社長、石積忠夫氏

通信・放送Week 2020は2020年10月、展示会の規模を拡大して開催

来年の通信・放送Week 2020は、東京オリンピックの関係で2020年10月28日~30日の3日間を予定。通信・放送Weekは350社から、500社の出展を予定。また、幕張メッセの国際展示場1-8ホール、国際展示場9~11ホールの全ホールを同時使用して、「Japan IT Week」「AI・ 人工知能EXPO」と同時開催が決定。1,600社が出展する巨大な展示会として大きく生まれ変わる予定だ。

気になる出展企業の詳細は次Vol以降でお伝えしたい。

txt・構成:編集部
[4K・8K映像技術展Report] Vol.02

[ Category : ]
[ DATE : 2019-07-25 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[BIRTV2019]Vol.06 FalconEyes、さらなる大型化を実現したシート型LED新製品2機種を展示

txt・構成:編集部 もっとも大きなシート型LEDの新製品「RX-120TDX」が登場 FalconEyesは、香港に本社を置くスタジオ機器の老舗メーカーだ... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.05 Tilta、腕の負担を軽減するジンバルスタビライザのサポートシステム「Armor Man 3」を展示

txt・構成:編集部 さまざまなメーカーのジンバルシステムに対応し、重量を吸収して長時間撮影を実現 中国のアクセサリーメーカーの中でも、もっとも勢いがあるメーカーといえ... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.04 富士フイルム、AF機能を搭載した4K対応放送用レンズ「FUJINON UA107×8.4BESM AF」を初公開

txt・構成:編集部 8K放送用レンズの展示が人気 中国の中国工業情報化部は、2022年までの4Kテレビと8Kテレビの販売台数を盛り込んだ「超高精細映像産業発展行動計画... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.03 ニコン、Noct0.95大口径レンズやフルフレーム対応ミラーレス用ProRes RAWソリューション展示

txt・構成:編集部 0.95の浅い被写世界深度で被写体を強調できる「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」を展示 ニコン(NIKON IMAGING... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.01 ソニー、3板式4Kイメージセンサーを備えたグローバルシャッター搭載「PXW-Z750」を世界初公開

txt・構成:編集部 中国開催の展示会「BIRTV 2019」 8月21日から24日までの5日間、中国・北京の中国国際展覧中心で「BIRTV 2019」が開催された。B... 続きを読む

[4K・8K映像技術展Report]Vol.11 ビジュアルテクノロジーブース:8K60P映像編集向けターンキーのワークステーション「TRUX SUPER MAX」を展示

txt・構成:編集部 ビジュアルテクノロジーは、日本サムスンとITGマーケティングと合同のSamsung SSDブース内に出展し、8K60P映像編集向けターンキーのワークステ... 続きを読む

[4K・8K映像技術展Report]Vol.10 ガンスイブース:リアルタイムにフレームごとのHDRからSDR変換を実現するLYNX Technikのコンバーター「HDR Evie」を展示

txt・構成:編集部 ガンスイは、今年も映像伝送EXPOに出展。ドイツLYNX Technikのスタンドアロンのプラグアンドプレイモジュール「yellobrik」シリーズと、... 続きを読む

[4K・8K映像技術展Report]Vol.09 三友ブース:小型の放送用カメラや8K対応光伝送装置を使ったケーブル1本の伝送デモを展示

txt・構成:編集部 Dream CHIP社SDI対応の小型放送カメラ「ATOM one」ファミリーを展示 三友は、長距離拠点の8K伝送を可能にする「THUNDER... 続きを読む

特集記事

新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。

トップ > 特集 > [4K・8K映像技術展Report]Vol.01 通信から放送まで網羅した「通信・放送Week」~今年は東京ビッグサイト青海展示棟で開催