PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [BIRTV2018]Vol.00 躍進凄まじい中国開催のBIRTVに注目せよ!
News

[BIRTV2018]Vol.00 躍進凄まじい中国開催のBIRTVに注目せよ!

#Report NOW! #BIRTV

2018-08-28 掲載

あなどれない中国スタンダードへの道

ダイナミックに躍進を続ける中国。PRONEWS編集部でもその中国で毎年開催されるBIRTVを詳細にお伝えするようになって2回目ではあるが、今年も驚くべき展示や出来事がおこった。しかしその勢いは止まらず、いい意味でも悪い意味でも中国の映像業界の凄さを感じる展示会である。海外メディアや西洋人の来場者も確実に増えている。

我々の中国製品のイメージというと、安かろう悪かろうというイメージが大きかったが、今やそれ以上にその進化は著しい。ダイナミックさに驚かされつつもクオリティに関しても成長の進化は追随している。

展示の方法を見ているとその隆盛ぶりがうかがえる。会場の混沌としている様はがそれは成長の証である。老舗企業もBIRTV出展に積極的だ。これは中国偏重というわけではなく、アジアでのプレゼンスが異なるために、日本と中国での動きが異なるということらしい。そのために日進月歩な状況を見るだけでも十分に北京のBIRTVまで来る理由になる。

ラージフォーマットセンサー搭載6Kシネマカメラ「MAVO LF」

Insta360などのVR 360°カメラで急成長するShenzhen Arashi Vision社や、独自の商品ラインナップを毎年繰り出すデジタルシネマカメラメーカーのKinefinityなど、新興勢力の勢いも止まらない。

中国は間違いなく「世界の工場」であり、ものつくりの場へと成長した。それをどう評価するかは人それぞれだ。しかしそれは間違いなく現実でもあるのだ。2018猛暑現在中国はいま世界で一番エキサイティングな場所なのだ。そこで開催されるBIRTVをさらに熱く見ていこうと思う!

大陸では何かある。それがBIRTV

txt:岡英史/編集部 構成:編集部

今年で2回目の参戦となるBIRTV。本当にここ中国での展示会は独特の空気感があって面白い。コピー品が多いし、中国製品で見る物は無いのでは?と言われる方もいるがそんな事はない。毎年NAB Showに参加しているとその年の方向性やロードマップは概ね見えてくる。

その中でBIRTVの存在は、飛び道具的な扱いだった。昨年の参戦理由はPanasonic AU-EVA1の実機稼働機が展示されるという噂を元に初参戦し、見事その予想が的中し、収穫があったことを思い出す。今年の参戦理由は何かと言えば、8月23日(北米時間)発表のDJI Mavic 2と同じく8月23日発表のNikonフルサイズミラーレスの展示を期待して北京の地に臨んだ。果たしてその結果はどうだったろうか?まずは、気になったブースを観ていこう。

Sony

やはり新製品の4Kハンドヘルドの人気は高い。今年は来場者数が若干低めの様に感じたがこのブースはそれを感じさせない程だ。もう一つ特徴的なのはこちらの展示時に小さい別ブースで少人数(またはワンマンOP)で運用できるスイッチャーシステムがある。昨年はMCX-500を中心としたものだったが、今年は更に一歩進んでリモコンカメラを制御させていた。もちろんシネマカメラのVENICEも展示。ただし中国圏では製品名がVENICEではなくCINE ALTA-Vという名称になっている。

富士フイルム

Cine Gear Expo 2018でも気になっていたマイクロフォーサーズ仕様のMKレンズを展示。現地スタッフに訊ねると、中国では限定発売で取り扱ってるとの回答をいただいたが、その後日本人スタッフによる説明ではパートナー的な扱いの協力展示だという。マイクロフォーサーズ仕様のMKレンズ、日本でもかなりニーズがあるのではないかと思うのだがいかがだろうか?

Libec

QBEEで発表展示していたミニペダの展示はなく、いつもの通常展示品。とはいえ日本では販売していない海外向けの製品も存在する。TH-Xより下のグレードはミラーレス機には最適である。三脚メーカは代理店が出展することが多い中、三脚メーカー自身が出展していることは珍しいという。

DJI

中国企業のDJIも当然のごとく参加。ドローンのイメージが大きいが、映像制作者には役立つ機材も多く出している。Cine Gear Expo 2018でも話題だったジンバルコントローラーのDJI Master Wheelsはこちらでも人気。若い世代が映画系の製品にに群がっているのもBIRTVの特徴かもしれない。

会期中ニューヨークで発表のあったMavic 2も途中から展示され、多くのファンが詰めかけた。

ProHCH

会場手前のエントランスすぐの野外にあるProHCH。ProHCHは、映像機器用バックメーカーである。バック自体は、バラエティーに富んだライナップで毎年注目のブースである。三脚等のOEMも受けている事でその製品の良さは感じ取れる。オリジナルのマルチウィールローラーバックは悪路や階段でも難なくこなせる優れものだ。

txt:岡英史/編集部 構成:編集部
[BIRTV 2018] Vol.01

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-08-28 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [BIRTV2018]Vol.00 躍進凄まじい中国開催のBIRTVに注目せよ!